『超昴閃忍ハルカ』1巻4話 ヒロインエロ描写感想・考察

原作がアリスソフトの18禁ゲームです。作画はぽんこつわーくす氏。原作が18禁ゲームとはいえ、電撃コミックスでの出版の本作品は、多少ソフトな内容になっております。

同じ原作『超昴閃忍ハルカ』をコミックにしたのは、もうひとつあります。『ジグラット』作者のMISS BLACK氏によるものです。こちらのほうは、しっかり成人漫画指定。

電撃コミックス版もベースが18禁ゲームなので、ヒロインのエッチシーンはふんだんに盛り込まれています。しかし、『…ハルカ』はハーレム系でもあるんですね。 

ヒロインのハルカ達「閃忍」は「龍の者」である上弦衆頭領と「龍輪功」を行い「淫力」を得て、その力で敵と戦います。過去から現代に飛んできたハルカにとっての頭領が戦部タカマル。

要するに、タカマルとセックスしてパワーをゲットするという仕組み。まあ、18禁魔法少女モノとかは、たいてい似たような設定ですけれどね。(笑)

ハルカの他にも閃忍は出てきますが、基本的に淫力を得る方法は同じ。つまり、ヒロインやサブヒロインに対してタカマルひとりがHするという、まさにハーレム仕様です。

4話 ニチョニチョ動画

ケガサレ ハルカ ケガシ ノロイ党下忍 ハライ タカマル

18禁ゲームでも、このハーレム縛りがあると、ヒロインが敵から受けるエロ行為はすべて寸止めになるパターンも結構見られます。オイシイ思いをするのはパートナーの男性キャラだけ。実際にヒロイン・ハルカのエロシーンはタカマルとのセックスばかり。

しかし、4話にはヒロインが敵に陵辱されるシーンがありました。

敵はノロイ党。彼らも時代を越えて現代に飛んできたのですが、その途中でハルカの仲間スバルを捉えることに成功。仲間のスバルを洗脳し、ハルカと戦わせます。

相手がスバルであるため本気を出せないハルカ

ついに倒され捕らえられてしまいました。現場には戦いを嗅ぎつけたメディアのカメラがはいっていたため、ハルカの恥辱が生放送されてしまいます。

腕を固定されて、胸の衣装部分が破られたハルカ。おっぱいが丸出しになりました。

スバルがノロイ党の戦闘員を二人呼びつけます。オイシイ役を与えられたモブ戦闘員だ。特定のキャラではなくて、このようなモブキャラに辱めを受けるヒロインの図は、たまらないですね。

「いや…」「や…めて…」「いやぁぁぁぁ!!」ハルカへの陵辱開始されます。

「ん……っ」「う…うぅっ」「は……ぁっ」

顔を真っ赤にして耐えるハルカ。一人が後ろから胸を揉みまくり。もうひとりが前にまわって、ハルカのおま◯こをクンニしはじめます。

「蜜があふれていやらしい音がするじゃないか」ハルカに伝えるスバル。我慢せずに声を上げたらどうかと煽ります。

ハルカの乳首に指をあて、くぃっといじるスバル

「いや…あ…」「あ…ぁっ」びくんっ!!と反応してしまうハルカ

現代に来てタカマルとエッチするまでは処女だったようです。前の頭領に「淫力」をもらうときは、せいぜい手マンだったもよう。閃忍とはいえ、エロい攻撃に慣れていないハルカは耐えるだけでせいいっぱい。

そして、ついに敵の下忍ハルカ挿入を開始。タカマル以外の初めてのち◯こを受け入れたことになりますね。

ヌチュッ ヌチュッといやらしい音が響きます。ち◯こを近づけて挿入するシーンは残念ながら描かれませんでしたね。18禁漫画じゃないので仕方がないのか。

敵に犯されてカラダが感じてしまうことに戸惑うハルカ。認めれば楽になるぞと、スバルが言います。

ぞくっ、ぞくんッ!! 「あ…あぁぁッ!!」「ダメ…ぇ」「あ…ぁ」

こみ上げてくる快感にどうすることもできなくなるハルカ

「思いっきり絶頂してしまえ!」と、語りかけるスバル。ついに我慢ができなくなり、認めてしまうハルカが叫びました。

「私……感じてます…っ」「気持ちいいです…ぅっ!」
「あ♡あぁっ!! いいっ!」「イくっ♡」「イくぅッ♡♡」

ぞわわわっ♡ ぞくっ♡♡ ぞくっ♡♡

堕ちちゃったハルカちゃん。

涙を流して、口を大きく開け舌を突き出しヨダレを垂らしまくるハルカ。敵に与えられた快楽に堕ちてしまいました。中継されているので、全国に自分の快楽に溺れた姿を晒してしまいました。

セリフが♡マークでいっぱいです。愛のあるタカマルとのセックスなみに、敵と交わって気持ちよくなってしまったハルカちゃんです。

特に洗脳攻撃をされたとか、媚薬を仕込まれたというわけではないですからねえ。

単純にカラダがセックスに反応してしまったわけです。しかも憎むべき敵に犯されて。真面目そうだけど、相手が誰であろうとセックスでアヘるヒロインだと明らかになったわけですよ。

タカマル一筋のはずなのに、カラダが他の男のち◯こに反応してしまったハルカちゃんです。

「あ」「あぁッ」「あ…ぁぁ…!!」
ビクッ ビクンッ ビクン

大きく痙攣して絶頂を迎えました。描写はありませんが、当然、たっぷりと膣内出しされているのでしょうねえ。

場面が変わって助けられたハルカがベットに座っています。精神的にダメージを受けたのでしょうか。瞳のハイライトが消えています。いわゆるレイプ目状態のヒロイン。ゾクゾクしますね。

ハルカえろメモ

ヒロイン敗北 拘束 レイプ 3P クンニ 手マン 挿入 座位 アヘ顔 快楽堕ち♥ アクメ宣言♥

ぷちまとめ

ぽんこつわーくす氏の描く女性キャラは大変エロかわいいので、ハルカが普通にタカマルとエッチしているシーンも楽しめるかと。むしろ、そのシーンばかりだけれど……。まあ、それでもアンチハーレム派にとっては、このようにパートナー以外のヒロイン陵辱シーンがあるのは嬉しいものです。

ハルカ:KGR★★★★★ 敵モブと生セックス。快楽堕ち。

超昂閃忍ハルカシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍
超昂閃忍ハルカシリーズ作品 – 漫画 – FANZA電子書籍(旧DMM.R18)
超昂閃忍ハルカ(分冊版)シリーズ作品 – 美少女ノベル・官能小説 – FANZA電子書籍(旧DMM.R18)
アリスソフトPCゲーム超昂閃忍ハルカ

Amazon(Kindle):