『DEEPS潜入捜査官・美姫』17話-19話 エロ描写ぷち感想

妹・真央が縛られている予知夢を見る美姫。裏サイトのターゲットにされた真央を救出に動く美姫。

17話

ハラワレ 美姫 ハライ 野島

章枝の能力で闇パーティ会場の場所をつきとめた美姫。潜入しようと単独で乗り込み様子を伺っていたが、見張り役に見つかってしまった。そこへ同じく変装して潜入しようとしていた野島と鉢合わせする。

新入りがパーティに参加するには、みやげとして女を連れてくることが条件だった。信用するためには目の前で田島が美姫をレイプしてみせろ、と見張り役の男が言い出します。

美姫を全裸にして犯すふりをする田島。しかし、いまいち演技がうまくいかない。なかなか勃たない田島に対し、本当にするしかないと思った美姫。無理やりやらされた振りをして、フェラをはじめました。

大きくなる田島。そして田島はバックから美姫に挿入。

ついに念願の田島とひとつになれたことを喜ぶ美姫。思いっきり田島のち○ぽを股で感じています。

ヒロインの本命とのエッチですが、他人の見ている前でのセックスでした。というかそんな状況でも喜んでしまうんだ、美姫ちゃん。

18話

ハラワレ 美姫 ハライ 野島

「あ」「ああ」

野島に突かれて、すごく気持ちよくなっている美姫ちゃん。他人の前で演技を忘れて喘ぎまくっています。根がスケベっ娘ですからねえ。でも、福原くんとヤっていたときも同じように喘いでいたのは秘密。

「あ・・・すごく・・・いい!」
「ダメ・・・も・・・・・・」イっちゃう――!!
「ひ」「あ」

口からよだれを垂れ流して、感じまくりの美姫。野島にこのまま中出しOKのサインを送ります。

ドクッ ドクッ ドクン 見事に中出し達成。美姫も同時に絶頂を向かえたようす。

好きな人の精液が美姫の膣内へはじめて注ぎ込まれました。まあ、福原センパイの精子がすでに泳いだことのある場所なんですがね。

「ああっ野島さぁんっ!!」つい、野島の本名を叫んでしまう美姫ちゃん。ふたりがグルであることがバレてしまいます。

しかし、その瞬間、田島のキックが見張りの2人組に炸裂。捜査官やってるだけに強かった田島。
倒れたふたりを陰に隠し、ついにパーティー会場へ進入することに成功。

美姫えろメモ

衆人環視 セックス 立ちバック よだれ アクメ 中出しおねだり♥ 膣内射精

闇パーティー会場内で

ケガサレ 美姫 ケガシ 大悟

パーティー会場に巨大な男が入ってきました。実は主犯の弟らしく、ランドセルを背負った○学生。名前は大悟

おまえのような○学生がいるか!!(笑) 身長は余裕で2mを超えてそうな巨漢です。そして捕まっていた真央が、レイプショーのいけにえに!

パーティー会場を覗いて中の様子を伺う美姫。今まさに自分の妹が縛られて、巨漢にレイプされそうになっているところでした。

とっさに飛び出して、巨漢の大悟に飛び掛る美姫。高くジャンプして大悟の首に両足を絡ませ、妹へのレイプを阻止しようとします。美姫ちゃんが唯一、反撃しようと動くシーンだなあ、ここ。

田島も入ってきて手帳をパーティーの参加者に見せ、その場を抑えようとしました。しかし、周りの連中は落ち着いたようす。参加者には各業界の大物も多く、ただのヒラ刑事ひとりなど、どうとでもなると開き直りです。

うおおおおおお

肩に乗っている美姫の両足をつかみ、一気に服を破ってずりおろす大悟。破れた服で美姫を後ろ手に固定し、パンティーも取り去って美姫の股間に自分のナニをあてがいました。丁度、後ろからの駅弁スタイルで美姫を抱えています。

巨漢大悟はアソコもデカかった。明らかに美姫の腕より太く、まるでダイコンのようです。美姫ちゃん、最大のピンチ!

ズウ・・・ン
「あ」「や・・・」 ググッ

大悟が屹立したち○ぽを美姫の股間に押し付けてきます。しかし大きすぎてすぐには入りそうになかった。

無理やり押し込んで膣口を圧迫してくる大悟の行動に呻く美姫。

「ひ・・・」「あ」「が・・・っ」

恐怖と痛みを伴いながら、涙目の絶望の表情で野島に助けを求める美姫ちゃん。最後の大ゴマ。シルエット的に先端が入っちゃってるよなあ、これ。

美姫えろメモ

衣服剥ぎ取り 腕拘束 背面駅弁 まんぶちゅ♡ まん汁垂れ ガマン汁溢れ

19話

ケガサレ 美姫 ケガシ 大悟

「い・・・」「やあ」

大悟のナニの先端が、美姫の膣口をこじ開けて押し入ろうとします。美姫の大ピンチに田島が走り寄って大悟の腰にキックをぶちかまします!

しかし、大悟はノーダメージでニッと笑みを浮かべます。田島が脚に受けた感触は、まるでゴムを蹴ったかのよう。

ビシッ・・・

左腕一発で、野島が殴り飛ばされてしまいました。ヒロインの前でみっともない姿をさらしてしまう野島。

主犯格の男が太いのを早くぶちこんでパーティーを盛り上げろと大悟に命令。「わかったよ兄ちゃん」邪魔者はいなくなった大悟が美姫への挿入を再開。

ぐぐっ
「ひ・・・っ」「あ は・・・」「がっ」

ついに入れられてしまうのか!というタイミングで八木課長と警察連中が会場へ流れ込んできました。このあと、ひと悶着ありましたが事件は解決。

成り行きでセックスしてしまったことを謝る田島に、美姫は今度きちんと抱いてくださいと懇願。
まあ、最終話で無事にイチャラブセックスをヒロインが成就するのですが、それはいいや。(笑)

美姫えろメモ

よだれ まんぶちゅ♡ 亀頭押付 膣穴拡張

妄想18禁ルート

自分の腕よりも太い大悟の肉棒に、美姫はただ恐怖するだけだった。憧れの田島が助けようと大悟に攻撃をした。しかし次の瞬間に見たのは、一発で飛ばされる情けない田島の姿だった。今、田島より強い男に犯されそうになってる。それはより強いオスを受け入れるということだ。美姫の体が急に疼き始める。強いオスを感じたがっているのだ。美姫の膣はまるで喜んで大悟の肉棒を受け入れるかのように、愛液を強く吐き出し始めた。押し広げられていく膣口。痛みの感覚がマヒしていく。ズブッ。ついに大悟の肉棒が関門を突破した。一気に突き上げる肉棒は美姫の子宮口へと余裕で到達。子宮そのものを押し上げた。アガアアアッ。吐き気と苦痛で声にならない叫びをあげる美姫。しかし、美姫の膣は歓迎するかのように盛大な潮吹きで肉棒を迎えた。収まりきらない肉棒がさらに太さを増す。美姫の気が遠くなる瞬間、肉棒の先から熱い精液が噴出し子宮口を直撃した。肉棒と膣のすきまからあふれ出る精液。すでに意識を失った美姫は、まるでラブドールのごとく無表情に大悟の精液を受け止め続けるのだった。

ぷちまとめ

自分のピンチは最後まで他人に頼るしかない美姫ちゃんでした。そして、その美姫のピンチを救うには力不足だった田島。最終的に自分の好きな男が敵をやっつけて終わり、とならないところが逆に良かったです。

最終的に付き合うことになる美姫と田島。清純で美少女JKの彼女をゲットです。ですが、出会ったときは処女なのに付き合うときはいろいろ汚されちゃってますね。

ディープキスも、手マンも、指マンも、乳首吸いも、フェラも、ナマ中出しも全部、他の男にほぼレイプ状態で先を越されちゃっています。美姫の初めてで田島が奪えるとしたら、初アナル体験ぐらいか?(笑)

美姫:KGR★★★ ヒロインま○んこに大吾のち○ぽを押し付けられる

潜入捜査官・美姫シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍