『不徳のギルド』25話 魔術組3人のエロピンチ回 ぷち感想

この記事を書いている時点で『不徳のギルド』最新話の私の閲覧手段はニコニコ静画であります。どうしても『月刊少年ガンガン』より遅れるけれど仕方がない。

今回は話数の順番に記事を作成するのも待てませんでした。25話がすこぶる良かったので優先投稿です。(笑)

25話 「しわ寄せは走ってくる」

ケガサレ ノマ トキシッコ メイデナ ケガシ ミクリープ

前半はどうでもいい争いでトキシッコメイデナが揉めています。お互いにほっぺたをつねり合う様子が可愛い。

新たなメンバーである赤魔術士エマが男性だと初めて知ってメイデナはショック。

遠くから魔物の群れが近づいてくるのを感知して、狩りのためにその場を一旦離れるキクルさん。残った3人は呑気に立ち話をしていましたが、すぐ近くに潜んでいたミクリープに気づかず。最初にノマが襲われてしまいます。

新登場のミクリープは植物に擬態しながら忍び寄ってくる魔物。先がパカッと開きマナを吸う太めの触手と獲物固定用の細い触手を持っています。やったぜ!

ノマのエロ災難

ノマは若い男性妖精族で初見には女の子だと思われるほど中性的容姿。いわゆる「男の娘」ポジションで、個人的には守備範囲外。ですが、このマンガだとハーレム系とともになんだか受け入れちゃうんだよなあ。(笑)

このマンガの魔物たちは男に対しては容赦なく殺しにかかるのですが、ノマに対しては違いました。

下半身の服を剥ぎ取って触手を当てにきました。(笑)

つい、「アリかよ」とツッコむトキシッコ。

つまり拘束して動けなくしたノマくんのおち◯ぽを触手で咥えてしまったわけです。ジュルルルルチュポッヂュポッと物凄い音をさせて吸い取り始めるミクリープ。即座にビクッビクッと体を痙攣させてしまったノマくんです。

パーティメンバーの美少女ふたりが見ている目の前で、絶頂ですね。出ちゃったものが勢いよく吸われているようす。

このマンガでは女性陣のパンティとか脱がされるまではいかないのに、男の下着は良いんだ!?(笑)

ノマえろめも

触手拘束 触手ふぇら 射精吸引 絶頂♡ 敗北♡

トキシッコのエロ災難

さて、残こりの二人のエロピンチもしっかりと描写してくれました。

ノマを救おうにもどうすることもできず、トキシッコとメイデナの結論が「キクルを待つ」でした。しかし、結構大声で話していたために、別のミクリープたちを呼び寄せる結果に。

脱がされた上着のコマとともに、場面展開です。

トキシッコは腕を後ろ手にされ、一匹のミクリープに触手で固定されて立ちバック姿勢に。髪留めがひとつ外されてツインテールが片方だけになっていますね。

胸は完全にさらけ出されて両方の乳房に触手が吸い付いています。股間にもパンティの布越しに開いた触手が張り付いていますね。やはり女性キャラのパンティは脱がされない。(笑)

「あうっ」「んむっ」「ふあっ」

開いた口の舌に細い触手が絡みついています。涙目なトキシッコ。おっぱいと股間の刺激に耐えられなかったのが、ビクッビクッと痙攣。

イッてしまったせいなのか、腰がくだけてへたり込みました。エロ蹲踞に近いポーズを取らされてしまったトキシッコちゃん。ミクリープ、グッジョブ!!

本番禁止の作品では、ヒロインたちがいかにエロいポーズを取ってくれるかは、重要な要素となります。妄想するには大切な素材なのですよ。

地面には、しっかりとお汁が。魔物の粘液とともに、トキシッコのエロ汁が垂れていると想像できます。

「ハァッ」「あっ」「ハァッ」

激しいおっぱいの触手攻めに再度、軽めにイッてしまい、喘ぎ声を発してしまうトキシッコちゃん。

トキシッコえろめも

衣服剥ぎ 触手拘束 ぱい吸い クンニ 触手ふぇら 涙目 よだれ 絶頂♡ まん汁 立ちバック姿勢 エロ蹲踞 敗北♡

メイデナのエロ災難

狩りでのメイデナは遠くからオドオドしながら立ちすくむパターンが多いのでしょうが、今回はしっかりと犠牲メンバーの仲間入り。

周りをミクリープに囲まれたことに気づくメイデナちゃん。震える涙目の表情がとてもキュートです。

トキシッコと同じく上着を剥かれたメイデナちゃんもミクリープに触手拘束されちゃいました。

空中に抱え上げられ、両足は180度開脚状態。体が柔らかいな。8話の訓練回のストレッチのときも、トキシッコに比べて開脚が大きくてカラダが柔軟であることが描写されています。

その開いたお股に、先が4つにくぱっと別れた触手がしっかりと吸い付いていますね。

パンティ越しなので直接ではないのですが、それでも薄い布一枚を通してるだけですからね。メイデナちゃんのま◯こを刺激するには充分でしょう。

触手が張り付いて股間アップのコマでの擬音が「キュポ」「ジュポッ」ですよ。さらに「ちゅぽっ」「ちゅぽぽぽ」と追加されています。

使われてる擬音がものすごく危険すぎる。特に後半のは、メイデナちゃんのクリ的なナニかを吸いこんでるような音に聞こえなくもない。

だって、ノマくんのアレを吸ってるのと同じ擬音を使っちゃっているわけですから。

状況的にはアウトですね。パンティの布なんてあってないようなものでしょう。触手が股で擦れちゃうどころか、しっかりと吸われています。今まで体験したことのない刺激をま◯こに受けているわけです。

トローと股間部分から触手粘液が流れ落ちていますが、それとは別に明らかにメイデナちゃん由来の液も流れちゃってますね。

がくっ、びくっとイッてしまってます。こちらもヨダレ垂らしながら涙目の表情がエロい!

その後、2本の細触手をより合わせながら、メイデナちゃんのお口にぶっこんできました。疑似ふぇら描写ですね。

首にも触手が巻き付いていますね。軽い首絞め状態ですよ。美少女白魔術師キャラに対して、ほんのりリョナ描写がたまりません。

12話でモノトリーに襲われたときも、メイデナちゃんは首を締められていました。すっかり首絞めいたぶりキャラとして定着でしょうかね?(笑)

作者は絶対に故意的に狙っているとみた!

「んぐ!?」「んぐ」「んん――っ」

ぐぽっ、ぐぽっと口を犯されちゃってます。おっぱいや股間の触手攻めも激しく続いたまま。再度、がくんっびくんっとイかされてしまいました。

股間の擬音がチュポッチュポッに加えて、クチュヌチュですよ。布越しのま◯こを激しくいじくりまわされてしまったメイデナちゃんです。

メイデナえろめも

衣服剥ぎ 触手拘束 開脚 ぱい吸い クンニ 涙目 よだれ 首締め まん汁 触手ふぇら 絶頂♡ 敗北♡

ぷち妄想まとめ

キクルが狩りから戻ってきてピンチ脱出。トキシッコもメイデナも拘束時にはパンストが破れてエロさを増してましたね。

トキシッコはともかく他のメンバーより年下のメイデナはエロ描写控えめの場面が多いのですが、今話ではしっかりとエロ担当として犠牲になってくれたのがありがたい。

ミクリープの触手が開いた状態はヒトデの裏側のような感じでしょうかね。開いた真ん中にマナを吸い取る口がついているようです。舌のような器官はついていないようです。

トキシッコやメイデナの股間に張り付いたときに、舌が穴の奥に入り込むような危険な事態には陥らなかったようですね。よかった、よかった。(笑)

とはいえ、しっかりと感じさせて絶頂痙攣やまん汁垂れ流しも見せてくれました。素晴らしいはたらきをしてくれた魔物です!

不徳のギルドシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍