『不徳のギルド』30話 感想:ハナバタ&ノマがカタツムリから陵辱!

『不徳のギルド』31話のエロ場面特化感想。今回のヒロインはハナバタノマ。もうノマは性別エルフとかでいいんじゃないかな?(笑)

30話 「花吹雪」

ケガサレ ノマ ハナバタ ケガシ マヒマヒ

メブキの森・深部。キクル、ハナバタ、ノマの3人組パーティでの狩りシーン。ノマハナバタの連携が素晴らしく、素直に感動するキクル

ヤマネッコやトドクマも難なく倒しました。退路を確認するために二人に休憩を指示し、その場を離れるキクル。

立ち話をしている二人の上から魔物のマヒマヒが複数落ちてきて襲撃。今回のエロ場面突入です。

マヒマヒはカタツムリ系魔物。目のツノの部分がシマ模様。例の寄生虫に乗っ取られた状態のデザインを取り入れてるよね。(笑)

ノマ VS マヒマヒ

いきなり肩に落ちてくるマヒマヒに驚くノマ。殻から生えている数本の触手の一本を掴んで引き離そうとしますが、遅かった。

うあっ

はむっと首筋を噛まれてしまいます。麻痺効果のある分泌液を注入されてしまいました。おまけに微弱な電気も流して自由を奪うらしい。

身体が痺れて這いつくばってしまったノマにさらなる攻撃をするマヒマヒ。呪文を唱えようとするノマの口に触手を突っ込みます。

んぎゅっ

ぐぼっと思いっきり口に触手を咥えさせられちゃいました。疑似フェラ状態ですね。

触手自体がぬるぬると粘液を出しているようです。

ふあっ あっ んっ うっ… 

1匹が背中に、2匹のマヒマヒが股ぐらでノマを拘束。あいかわらず、男とかどうでもよくなるほどエロい陵辱姿だ。(笑)

拘束体勢がエロすぎますね。腕は後ろにチキンウイング状態で伸ばされてます。膝を付いて中腰状態。後背位の変化系。いわゆるロールスロイスと名付けられているやつです。

腕を拘束しているマヒマヒノマの耳の穴にも細い触手を挿入しています。くちゅ、ちゅぷとエロい音が出てますね。見た目、完全に脳姦ですわ。

股間を前から攻めているマヒマヒは、くちゅくちゅノマのノマ棒を咥えていると予想できます。例の18禁マークで隠されていますけどね。(笑)

しかも太い触手をノマの首元に巻きつけていますね。

首絞め今までメイデナちゃんだけ見られたので、他のキャラでは新鮮です。そして細い触手を口に突っ込まれてます。よだれがダラダラ垂れるノマくん

お尻側を攻めているもう一匹。18禁マークで見えませんが、細い2本の触手が伸びてますね。

つまり、ノマくんの肛門に挿入されているということか。

ノマくんの前立腺が刺激されまくりとみた。ノマ棒とお尻の奥を攻められて、ビクッビクンッとイかされてしまってます。

ノマえろめも

麻痺 拘束 触手攻め 触手ふぇら 首絞め あなる攻め 絶頂

ハナバタ VS マヒマヒ

はうっ

落ちてきたと同時にハナバタの首元を噛むマヒマヒノマと同じく、身体を麻痺させられてしまいまいた。

この程度の攻撃に負けてられないと強気になるハナバタ。しかし、予想以上にマヒマヒの数が多くて気持ちが萎えてしまいます。

や…やめ… 来るなっ…

絶望顔が良いですねえ。

まとわりつくマヒマヒに抵抗できず、鎧を脱がされてしまうハナバタ。いつもの。

はむっ そんあ…いっせいに む…り やめっ…むぐぅっ

結局マヒマヒの群れに拘束されちゃったハナバタちゃん。大木を背中にして座らされ腕を後ろ手。ハナバタはM字開脚状態にされるパターンが目立つなあ。

口には当然、触手突っ込まれてますね。期待を裏切らない疑似ふぇらです。しかもハナバタのおっぱいの隙間を通っているので、パイズリの合わせ技。

二匹のマヒマヒが両側からハナバタのおっぱいを攻めています。どちらも口で乳首をしゃぶられているのでしょうね。ハナバタの陥没乳首も勃起状態なのでしょうか。

一匹が股間のまんまえに居座っています。しっかりと口をハナバタの股間にくっつけて、マナを吸い取っているようす。

んんんんんんんっ んぐううううううっ

はい、びくっびくんっと思いっきり絶頂させられてしまいました。

イかされてもマヒマヒの攻めは続きます。口には太触手をしゃぶらされたまま。乳首は細触手でいじられちゃってます。

涙目でノマを見るハナバタノマがなんとかハナバタに回復の魔法をかけてピンチ状況脱出。

見出し

麻痺 拘束 触手ふぇら 触手パイズリ 乳晒し 乳舐め M字開脚 クンニ 絶頂 乳首攻め 

ぷち補足

ハナバタ&ノマのエロ回でした。通常の狩りだと連携がうまくピンチなんてありえない組み合わせですが、休息中で気を緩めたところを狙われての陵辱。

ハナバタノマが男性だとは知らなかったんだ。トキシッコが話しているわけではなかったのか。むしろ内緒にしていたほうが面白いと思ったのだろうか。ありえる。

ノマくんは女性キャラたちと違って、しっかりと下半身は全て脱がされちゃっているなあ。(笑)

DMM:

不徳のギルドシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍

Amazon Kindle: