『裸のるーくん』7話 感想 天然娘ゆず姉、貞操の危機

『裸のるーくん』7話のエロ場面感想です。変態エロ小学生のるー君の暴走が止まらない。雛姉と昨日からゆずちゃんの家にお泊りのるー君

7話 Pink Flamingos

ケガサレ ゆず ケガシ るーくん

早朝、ゆず姉の向かいの家にいたずらをするるー君。宅急便と偽って玄関ドアを開けさせます。黒いビニール袋をかぶり全裸に上着だけ。ち◯こにあらびきウインナーを引っ掛けて、おっぴろげ。

悲鳴をあげる向かい宅の娘、ゆかりちゃん。びっくりして母を呼んだところを、逃走するるー君るー君的には朝の運動らしいです。(笑)

「もう少しで朝ごはんだから待ってて」ゆずちゃんるー君に優しく語りかけてきます。

エロ小学生ゆー君は、ゆずのおっぱいをガン見。夕方に自分が帰るまでに、ゆず姉とステキなひとときを過ごすと意気込んでいます。

「肩をもんであげる」ゆずにくっつくゆー君しかし、それがエロいことをする目的だと判っている雛ちゃんが、引き剥がして両手でるー君のこめこみグリグリ。

「オ゛ッオ゛ッ♡」「オ゛オ゛ッ♡」痛がってるけど、どう見てもマゾ喜びのるー君。(笑)

とにかく、計画実行のためには雛姉は邪魔だと考えているようですね。

ゆずの部屋でゲームをして盛り上がっている3人。

トイレに行くため立ちあがったに飼い犬ペルがとびついます。雛ちゃんの股間をくんくん嗅ぐペルお尻のポケットから財布を取って逃げていきました。

ペルの行動を「よし…ナイス」と称賛。昨夜はバター犬として友好を深めたるー君だからなあ。もはや以心伝心なのか?

「ゆ~ず~姉っ」甘えた声でエロ小学生が行動を起こします。「あそぼー」と後ろから抱きつき。グイグイと体を擦り付けてきます。

ゆず的には友達に新しくできた弟がふつうに甘えてじゃれてきたと思っているのでしょうねえ。エロい目的のスキンシップしかないですから、その小学生!

突然、「重くなった?」と聞くるー君。最近胸がまた大きくなったことをゆず姉が言い出したのに対し、けしかけてきます。

「それ 死に至る病だよ」

「え ええっ?」ちょっとおバカなゆずちゃんはびっくり。TV番組で見たと、具体的内容を喋りだして説明するゆー君です。まあ、でまかせなんでしょうけど。

ゆず姉より胸が大きい人が周りにいないのは、その病で外出できないせいと言うるー君ゆずちゃんが母が自分より大きいことを伝えると、「授乳しているから助かってる」と説明してきました。

自分の胸が大きくなりつづけているのは病気だと、涙目で怖がって震えているゆずちゃんすぐに授乳しなければならないと脅すゆー君自分を赤ちゃんと思い、授乳してみようと提案します。

おバカなゆずちゃんは、疑うこともなく速攻で服をたくしあげ。ゆー君のまえに、おっぱいを晒してきます。

色・ツヤ・形、すべてパーフェクト!(るー君談)

しかし男を惑わせる悪いおっぱいだと、吸い付きました。

「そんないきなりっ!! あっ あっ!! 」チューチューと乳首を吸われるゆずちゃん

脚をゆずの体に巻き付かせ、母猿のおっぱいに吸い付く小猿状態。さすがに痛がるゆずちゃんですが、ゆー君はまったく聞こえていないようで呼吸するのも忘れてひたすら吸いまくっています。

そのまま気を失うるー君。目を覚ますと心配そうに覗き込んでいるゆずちゃんの顔がありました。

「ムゴ ムゴゴ」そして、再度おっぱいに吸い付くるー君その後、さすがに我にかえりました。

自分のために頑張ってくれたと感謝の言葉を伝えてくるゆずちゃんです。おバカだけど純情すぎですね。るー君のほうは単にゆず姉のおっぱいの感触を覚えそこねて残念なだけでした。自分がゆずちゃんのおっぱい吸いたいだけの行動ですからねえ。

疲れたのか眠くなるゆずちゃん

昨夜も遅くまで雛ちゃんとお話していたようです。が熱を出して寝込んだときるー君が懸命に看病した話を聞いて、感動したようです。まあ、いたずらされているんですけどね。にはバレていないということですね。

ちょっとだけ横になると、その場で眠り込んでしまいました。

ようやくペルから財布を取り返して部屋に戻ってくる雛ちゃんです。

室内ではゆずが横になって眠っています。るー君が掛けただろう上着を覆って。るー君自信はゆずちゃんの側で漫画を読んでいました。

寝ているゆずを起こしちゃいけないから、下へ行こうと提案する雛ちゃん。本を片付けてから行くと応えるるー君です。

が部屋をでたことを確認したゆー君は、寝ているゆずに忍び寄ります。上着をそっと取ると、下半身はズボンを脱がされて、パンティが膝下まで降ろされている状態でした。

いたずらレベルじゃないことをやる気満々だったエロ小学生!

ゆずちゃんのま◯こ、見えちゃってますよねえ。まあ、パンティを脱がした時点で、るー君はしっかりと観察済みでしょうがね。

ただ見るだけでは済まないるー君が不審に思って戻ってくるのを3分と想定。その間にゆず姉と合体することを目指し、服を脱ぎ始めます。

しかしドアが開いたそこには、ペルにズボンを引っ張られて戻ってきた雛姉の姿が。ペルは最後の最後で裏切ったようですね。(笑)

無表情で全裸になったるー君。ペットボトルの水を自分に掛けたあと、ゆずちゃんのお股を拡げます。そこに背中から寄りかかって赤ちゃんポーズ。新生児擬態ごまかしネタでした。

「オ゛ホォッ♡」「オ゛ッ♡♡」雛姉からこめかみえぐられて制裁食らうるー君でした。まあ、半分嬉しそうなわめき声ですけどね。

ゆずえろめも

抱きつき 乳晒し 乳吸い まん晒し レイプ未遂

ぷち補足

エロ小学生のるー君ですが、「スカートめくりしてパンツ見えた」みたいな小学生エロレベルと次元が違いすぎますね。普通に犯罪行為をカマしてきます。

しかも余計に知識があるので、性的目的もエグいですね。ふつうにゆずちゃんの貞操奪おうとしてますよ。自分の童貞を捨てるのに姉の友達を利用しちゃおうとするエロガキでした!それを最初から目的に、姉に無理やりついてきたお泊り会ですしね。

最終目的は達成できなかったるー君ですが、ゆずちゃんのおっぱいやおま◯こを見ることはできました。ちなみに前日に脱衣場でゆず母のおっぱいにも遭遇済み(笑)

DMM:

裸のるーくん 1巻

Amazon(Kindle):