『女子アナ七瀬』第5話 ヒロインエロシーン、ぷち感想

『女子アナ七瀬』(八月薫・作)の5話ぷち妄想入り感想です。主人公の香田七瀬は黒髪ショートの見た目は清楚系女子アナ。普通に恋人が居て、その彼とのイチャラブシーンは毎度のようにあります。

5話

ケガサレ 七瀬 ケガシ (夢登場の)清沢

パンチラ以外は恋人の敏明とのベッドシーンのみの七瀬。しかし、この回はそれ以外の相手との初めての絡みがあります。

まあ、ぶっちゃけると、夢オチなのですが……。

しかし単なる夢オチとして終わらせてしまうのはもったいない。夢オチと言っても誰が見た夢だったのかで、状況は変わってきます。

この回の夢は、ヒロイン七瀬の夢なのです。つまりエロい内容の夢なら、それはヒロインの願う欲望!

プロ野球選手の清沢に3日間の密着取材をすることになった七瀬ちゃん。ちなみに清沢選手は結婚しているけれど、すでに恋愛感情もほのかに持ち始める七瀬です。

恋人敏明からの電話にも出たくない気分。野球の取材だからスカート着用はやめると上司に話していた七瀬ですが、ちゃっかり新たに購入して、わざわざ履いてきての取材。

そんななか清沢選手が試合中にデッドボールを受けてしまいました。試合後、ホテルまで詰めかけて怪我の具合を心配する七瀬。

明日の試合に備えて怪我をした腕に保冷剤を当て続けて冷やなきゃならないようです。清沢にはしっかりと寝ていてもらい、自分が保冷剤の交換をすることを伝える七瀬ちゃん。

夢シーン突入。

ホテルの冷蔵庫を開けて替えの保冷剤を取り出そうとする七瀬。後ろから清沢が抱きついてきました。

振り向いた七瀬に強引にキス。清沢には奥さんがいるので照れながらも拒否しようとする七瀬ですが、今夜だけは妻のことは忘れると迫られて受け入れてしまいます。

手マンしながら乳にしゃぶりついてくる清沢。嫌がっているふりをしながら、されるがままの七瀬です。

パンティを脱がし、激しい音を立ててクンニをしてきました。「あう」「ああ~ん 上手ぅ」気持ち良さそうに喘ぐ七瀬。

今度は七瀬が積極的に動きます。清沢のナニを両手で掴んでフェラを開始。清沢も七瀬の頭を抑え込んで気持ちよさそうです。

そのまま二人が合体。覆いかぶさってきた清沢が七瀬と正常位で繋がります。

「ん…」「あっ」「ああっ」嬌声をあげる七瀬。

バックからねっとりと突いてくる清沢。たくましいイチモツを感じた七瀬は「壊れちゃう~っ!」と叫びました。

目が覚めた七瀬に腕が回復したとお礼を言う清沢。嫁にベタぼれ中の清沢には、七瀬に手を出す気持ちは全くなかったようです。

七瀬えろめも

キス ぱい揉み 手マン クンニ ふぇら♡ 正常位 後背位

ぷちまとめ

取材相手に惚れ込みすぎた七瀬ちゃん。相手を看病しているうちに、悶々とした気持ちが夢のなかで映像化してしまったようです。

100%ヒロインの願望ですね。

清純キャラそうですけれど、実際に付き合ってる男も居て、しかもその気持ちも一途というわけではないところが、ギャップがあってよろしいかと。

女子アナ七瀬シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍