『おとぎのまちのれな』9話 ヒロインエロ描写ぷち感想

コミック版はここから2巻ですが、1巻だけでも充分濃い内容だったなあ。ヒロインエロピンチ的に。(笑)

9話 「攻撃 だとさ・・」 前半

ケガサレ れな ケガシ 緒方

雨宿りでバス停にいたれなと緒方。トラックがスリップして突っ込んできましたが、れなの窮地を救ったのはケガリチョタでした。

通り雨だったため、一気に晴れて日が射します。ほっとしたけれど、れなが側にいないのに気づく緒方くん。自分の名前を呼ぶ聞こえる方向を見ると……。

電柱のてっぺんで吊るされているれなちゃんの姿が。

「助けてっ」「でも見ないでェ~~~」

発情モードに入っていたままだったので、おもいっきりオナっているれなです。股間に両手をあてて、ちゅくちゅくっしています。

さっきまでのどしゃぶりの雨で体全体が濡れている状況をもってくるのが上手いなあ!

太ももがあくまで雨で濡れているのですが、オナって股間から愛液が流れ出ている可能性もあるかのようにも見えるのですよねえ。

どうしたらよいか混乱する緒方くん。選択肢に「レスキュー隊を呼ぶ」や「電柱にのぼる」の他に、「ボクもオナる」

大好きな娘が股ぐらをこちらに向けて、盛大にオナっていたら、そりゃあ生オカズですからねえ。

指をパンティ越しに当てているれなちゃんの股間アップのコマが描かれています。ふっくらいい感じの健康的モリマン具合がわかります。(笑)

ケガリチョタが支えきれなくなって、れなが落下しました。地面に激突して大惨事というところで、別の数匹のケガリチョタが現れて、クッションとなりれなを守ります。

死んだと思ったケガリチョタたちを埋めますが、すぐに復活。不死身のようですね。

れなエロめも

ずぶ濡れ 発情 オナニー パンモロ

9話 後半

ケガサレ れな ケガシ サブロー

スポーツクラブへ向かうためバス停で並んでいるれな。近くには相変わらずケガリチョタが姿を見せています。しかし、助けてもらったこともあって、以前より嫌悪感は無くなりました。

乗り込んだバスの中でチカン行為をされるれな。誰かがスパッツ越しにお尻をさすってきました。スパッツにミニスカート姿のれなちゃんは、やっぱりエロくていいな。

しつこく触ってくるチカン。怖くなり次のバス停ですばやく降りるれな。チカンもれなを追って降車。走って逃げようとするれなですが、声を聞いてそのチカンの正体はサブローだったと気づきます。

発情したときに相手をしてもらっていたサブローですが、いまは調子のよいれな。サブローのエロ要求に応えるような気分ではまったくありません。

降りた先にあった廃屋に手を引っ張られて連れてこられたれなちゃん。畳敷きの部屋でサブローに組み敷かれようとしています。

サブローがものすごく強引モード。れなの黒スパッツをヒザまで下ろし、パンティにも手をかけはじめます。懸命にパンティ抑えるれなですが、すでに半脱ぎ状態です。

れなは私服だとノーブラですからね。上の半袖ポロシャツもみだれてめくれ上がり、右おっぱいも乳首が完全に見えちゃってます。

絵的にどうみてもレイプです。逮捕事案で完全にアウトなサブローくんです。

「下もいいだろ?」「見ないから、さわるだけ」と要求してくるサブローくん。必死に拒否するれなちゃん。

元々、れなから誘って何度もおっぱいを揉ませてあげてましたからねえ。ケガリチョタが原因の発情のせいなんて知る良しもないサブロー。年上の女の子が自分に好意で乳を揉ませてくれていると勘違いするのもしかたがないでしょうねえ。

むしろ、そう思わないほうがおかしい。せまい町だから噂にもなっているぐらいだし。

あまりにも強引に迫ってくるサブローに、どうしたのと聞くれなちゃん。実は本当に明日には町から去ってしまうことを伝えるサブロー。

その言葉を聞いて、一瞬うごきが止まってしまったれなちゃんです。

るっ‥と、サブローの指がれなのアソコに触れました。「あ‥」っとサブローもそれを認識。

「ぃっ・・・・イヤアアアア」と絶叫するれなを合図に周りいたケガリチョタがサブローに飛びかかります。一瞬で服を切り裂かれ丸裸になるサブロー。ち◯こ丸出しで気絶してしまいます。(笑)

「るっ」は作者のはっとりみつる氏がよく使う擬音語。「ぷるん」の微弱系なのですかねえ?なにか柔らかいものに触れたり軽く押されたりしたときに、使われているような気がします。

サブローの指がアップで描かれているコマ。「るっ」と音が出ている位置が右手中指。柔らかいものに当たる擬音語だとすると、中指が触ったのはれなちゃんのおま◯こですね。

れなの絶叫からも確実でしょう。初めて異性にじぶんのおま◯こを触られてしまったわけです。中指なので割れ目にヒットしたのでしょう。

ヒロインの初キスや初おっぱい舐めどころか、初おま◯こタッチも達成してしまったサブローくんです。ケガリチョタに攻撃されてしまいましたが、充分すぎる役得でしょうね。

れなエロめも

痴漢 黒スパッツ 暴行 衣服脱がされ 股間タッチ

ぷちまとめ

次話で病院のベッドで目覚めるサブローですが、よく思い出せないが、とにかく気持ちよかったことだけは覚えているようです。体はケガリチョタの攻撃で傷だらけ。マゾ気質も持っていたのか、サブロー?

れな:KGR★★ 指でおま◯こ触られる。(サブロー)

せいぜい股間を他人に見られるだけでヒロインプロテクトがかかり、KGR★2どまりかと思っていたのですが、股間タッチ描写ありましたね。

KGR★★★は性器どうし接触はなくても、最低限クンニ同等と自分で決めた設定を間違えてしまった……。

この描写は無いだろうと思っていた漫画で見られるのは格段に嬉しいものです。

おとぎのまちのれなシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍