『おとぎのまちのれな』21話 ヒロインれな、とまらない樹上オナニー。エロぷち妄想感想

『おとぎのまちのれな』(はっとりみつる作) 21話のぷち妄想入り感想です。

21話 「あんなこと だとさ」

ケガサレ れな ケガシ 緒方

ケガリチョタによって孕み木の樹上に連れてこられたれなちゃん。樹のウロを覗いてチョタの精を見てしまったことによる発情がとまりません。

法瓢寺で救助されていた緒方がれなを探しに木の近くまでやってきました。

れなの発情を満足させるために「オス」を探していたケガリチョタたち。ちょうどよいところに緒方を見つけて、樹上に連れ去ります。

孕み木の上で緒方が目にしたものは……。オナニーしているれなの姿でした。

着ているのはワンピース一枚です。パンティはケガリチョタが救出するまえにジローに脱がされていますからね。直に股間にあてた両手をはげしく動かして刺激しまくり中。

顔を真っ赤にして膝立ち座り。せつなそうな表情でオナるヒロインの図であります。

「私と・・しよ・・!!!」といきなり緒方に迫るれなちゃん。

「一人でイッてもイッもキリないのォ」「誰かとしなきゃ終わんないの」

一時間ずっとオナりっぱなしのれな。いきなりすごいセリフを言われたら、そりゃ緒方くんも思考停止だ。さらにれなが緒方に抱きついてきて、「しよっ しよっ」とおねだり連発です。

そのまま強引に口づけ。まわりでしっぽ振って喜んでいるチョタたち。

と、ここまでの流れだとナサれることがナサれたようなのですが、ボーダーラインは超えることはありませんでしたね。連載誌によっては限界があります。

コマの描写からみると、れなちゃんのフェラチオだったのでしょう。ナニかを握っているカタチのれなの右手から想像できます。

後で話で明らかになるのですが、チョタが仲間を増やすのに利用する女性で非処女アウトだし。増やす前提条件としては、あくまで発情が強化されるかどうかなのでしょう。

とはいえ、緒方くんはヒロインに思いっきりフェラをしてもらえたことは間違いなしですね。ヒロインとの初キスから初フェラのコンボ発動ですわ。なんか本人、気持ちがとろけている描写で3ページ使われているし。(笑)

れなエロめも

発情 おなにぃ♡ ノーパン キス ふぇら♡

ぷちまとめ

21話タイトルの「あんなこと」は、エッチではなかったと。とはいえ、れなにとっては確実にはじめてのフェラご奉仕体験。緒方にとってもはじめてのフェラ体験。

流し読みだと、「あれ?ヤッてしまったか?」と思えるぐらい。

ジローとサブローの兄弟にオイシイところを持っていかれっぱなしだった緒方くんも、今話では差を詰めることができました。

まあ、「誰がヒロインに対してオイシイ思いができるか競争」ですが。

おとぎのまちのれなシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍