Ziggurat

『Ziggurat(ジグラット)』 3話(それは、ありきたりの脅威。) 漫画感想・エロ考察

時系列関係なく書きたいところから書くとは言ったが、やはり3話を記述しておかないことには。理由はひとつ。 特殊手配犯7号こと「ブラックハート」初登場回だから。 3つのトリニティ災難パターン アンシエント財団所属の殺人もこな...
Ziggurat

『Ziggurat(ジグラット)』 33話(それは、よみがえる化石の神話。) 漫画感想・エロ考察

ラミアであるミヤ様を主とする爬虫人類に捕まったトリニティがとてもピンチな回です。 10ページに渡ってトリニティがひどいことされちゃう描写がありました。軽めの洗脳状態でのトリニティの働きを受けカラダを調べて確実に道具として使えるよう、...
その他作品(一般)

『ばくおん!!』第12話「おんせん!」漫画感想・エロ的考察

どうせバレバレだから最初に言っておくとアニメ4話の温泉回を見て、これは原作でこの部分読みたいーーとリビドったからです。 アニメによくあるテコ入れ回で登場キャラ達の温泉シーンなどは定番でして、普段なら「お、サービスシーンだねえ。うん、...
Ziggurat

『Ziggurat(ジグラット)』34話(それは、奇妙な化石の二枚貝。)・漫画感想・エロ考察

本来なら最初の方から順番に書いていくべきだろうけど、いつテンション下がってブログの更新また来年~とかになってしまうかもしれないので、順番バラバラだろうが気になったところから書いていくことにします。 考察といってもエロ部分考察なので、...
嗜好エロ考察

ソフトなリョナ?ソフトなサディズム?

ソフトといったところでリョナの語源が猟奇的オナニーから来ているとすれば、どうしても「猟奇」の部分が付いてきて残虐性イメージがついてまわります。 サディズムという言葉を使えば、具体性が強まるどころか更に範囲が広まるでしょう。 そ...
その他作品(一般)

『くまみこ』の雨宿まちちゃん良いよね。

漫画家には2種類のタイプがある。 自分の漫画のヒロインを保護して愛でる者と自分の漫画のヒロインをいじめて愛でる者だ!!! そして、出会った作品の作者さんが後者であると確信したとき、我々ソフトリョナラーは静かに歓喜するのである。...
寄性獣医・鈴音

『寄性獣医・鈴音』 KGR★★★★★ 月刊キスカで再開とは

前述した個人的理想のエロ一般誌漫画展開がヒロイン主人公で、寸止めピンチ、寸止めピンチ、寸止めピンチ、遂に恋人以外にヤラれちゃった~なのですが、典型的にそのパターンをやってくれたのが、『寄性獣医・鈴音』(春輝・作)なのでありました。 ...
Ziggurat

個人的ソフトリョナ基準はZiggurat(ジグラット)

いくらソフトリョナと言っても趣味の基準は人それぞれだから、リョナラーの数だけ基準はあり、それは仕方がないことです。 ソフトの中でも「いやあ、エロもダメでしょ」から「血しぶきで手足もがれるのも範疇だよね?」まで、ホント人それぞれ。 ...
雑記

ソフトリョナ系漫画考察とか

すごい。 毎年5月になると更新というか記事をアップしたくなるけど、結局そのまま放置している。 さて今年はどうなることやら。 一応、いままで読んできた漫画などのうち、我がリビドーを刺激するもの特化で考察というか感想を書こうと...
雑記

世の中のエロ漫画家、エロ小説家にこれだけは言いたい!

いや、別に面白い作品を作ってくれってことではありません。 もうね、各自の趣味嗜好なんてそれぞれなんだから、ある人には受け入れられても、ある人には受け入れられないのが当たり前。 何を望むかというと、ペンネームはオリジナル性がある...