『退魔士カグヤ』3話 電車内集団痴漢でイカされちゃうカグヤ・エロぷち妄想感想

クリムゾン漫画でヒロイン絶頂シーン構図は、だいたいパターン化しているんだけど、まあ気にしないことです。(笑)

3話 電車の中で操られた人間に押さえ付けられ…

ケガサレ カグヤ メル ケーシャ ケガシ (妖魔に操られた)モブ男性

退魔士仲間のメルケーシャと加羅石駅での妖魔討伐に向かうカグヤ

その前に、メルにカグヤが前回妖魔にイカされたことを突っ込まれてます。否定はするけれど、胸や股間を触られて今まで以上に感じてしまうカグヤ。

妖魔の淫水の影響はまだ抜けきっていないようです。

場面は電車内

若い女性が突然意識を失う事件が勃発。3人は妖魔の仕業と推測しました。適度に離れて様子をみるカグヤたちです。

さっそくサラリーマン風男性がカグヤの尻をタッチ。しかし、妖気が全く伝わってこず相手はただの人間でした。しかし、廻りの男達もいっせいにカグヤの手足を捕まえにきます。

集団痴漢かと思いましたが、どうやら全員が妖魔に操られているようす。動けない状態のカグヤに、カラダをまさぐりはじめます。

淫水効果が残っているカグヤには、服の上から少し触られただけでもかなり感じる模様。

他のメンバーを見ると、ふたりとも同じように襲われていました。カグヤは淫水の影響が残って力が入らないのはともかくとして、二人も黙って触られるままなんだな。(笑)

男たちが更にカグヤの服に手を掛けます。さらけ出したカグヤのおっぱいにしゃぶりつくモブ男性

それだけで耐えられず、快感が走るカグヤちゃん。頭が真っ白になり何も考えられなくなっていきました。

両方の乳首を左右から舐められ、股間には深く手を入れられてまさぐられます。

「ああああぁッ!!」ついにガマンできずに、大きく絶頂してしまうカグヤ。

グチュグチュと指でイジられたま○こからは、盛大に潮吹き。太ももに愛液をしたたり流れています。

調子にのったモブ男性たちが、カグヤの服を全部脱がしにかかりました。イッたばかりで集中力が途切れているカグヤ。

再びはげしく愛撫しはじめたモブ男性たちですが、ピタッと急に動きを止めます。どうやら妖魔からの指示があったようです。

寸止めでガマンさせて一気に精気を吸い取る作戦らしい。

他の二人の様子を再度窺うと、さきほどのように攻められっぱなし。メルちゃんなんか、全裸にされて尻穴を舐められています。

わざとヤラれているんじゃないのか、この娘?(笑)

力が入らず反撃できないカグヤ。

「あっ!!」「あぁッ!!」ビクッ ビクビクッ

男の一人が、カグヤのま○こに舌を突き入れてヌルヌルとクンニで攻め続けます。快感の高まりが止められないカグヤ。

ドクン しかし同時に研ぎ澄まされた感覚を得ました。離れた場所から操っている妖魔を発見、速攻で近づき必殺技の陽魂衝をお見舞い。

なんとか無事に勝利です。

カグヤえろメモ

痴漢 まさぐり 全裸 ぱいペロ ぱいチュウ 手マン まんペロ 絶頂 潮吹き まん汁垂れ

ぷち妄想まとめ

妖魔の淫水は長時間からだに残るタイプ。日頃の生活でも感じやすくなっているカグヤですね。

だけど、ある程度に性感高まると感覚も研ぎ澄まされそう。

今までは人型妖魔にエロいことをされていたのですが、今回は操られて人間たち。つまり、普通の男たちにパイ舐めや手マンをされてしまったのは初めてということになりますね。

カグヤ KGR★★★ モブ男性からクンニ。

退魔士カグヤ退魔士カグヤ
退魔士カグヤ総集編