『玉キック』第4話 嫁さらい村 ぷちエロ感想

『玉キック』第4話は、嫁攫(さら)い村への潜入調査。この村での村人の容姿が頭に布袋を被ってブリーフ一枚。『まじカライズ』に出てきた「嫁無し村」の状況にそっくりです。

4話 「嫁攫い村」

ケガサレ 綾音 ケガシ 嫁攫い村々民

嫁攫い村の住民である男性からの依頼。村の風習で年に一度の奇祭に留学から里帰りした娘も犠牲に。村ぐるみのことなんで警察には頼めず娘救出で綾音を頼ってきたとのこと。

200万円の札束を目の前で詰まれて、依頼を受ける綾音ちゃん。

現地について娘に接近できるのは同じ参加女性だけであり、綾音に参加者の振りして忍び込むよう頼まれます。土下座で!

あとで追加料金請求で了承する綾音。200万円プラスなら、引き受けてしまうのか。

忍び込むのに要求された格好がすごいです。

全裸(靴のみ)に目隠し。口にはボールギャグを咥えさせられました。後ろ手に手枷で縛られて、ひも付き首輪で引かれる状態です。

入り口の村人見張り役に嫁候補だと説明する依頼者。綾音は24歳と判明。

ボールギャグを噛ませられているので、よだれ垂れっぱなしですね、綾音ちゃん。

見張りの二人が左右から綾音にスキンシップで胸を揉みまくります。ビクッっとなる綾音。文句を言いたいけれど、口枷のせいで「んーっ」としか発音できない。

小屋に入れられた時点で目隠しは外されました。今回の嫁候補に連れてこられたのは綾音を含めて4人。依頼人の娘(瑠璃子)も確認。

娘たちを前にして袋を被った大勢の男たちが品定め。儀式の前の下見のようです。

一人ずつ股をチェックされるところを綾音が村人に蹴りを入れて人騒動に。暴れる綾音が麻酔を嗅がせられ意識を失います。

嫁選びは村人たちのイス取りゲーム形式。中央の柱に拘束された綾音ですが、ひそかに依頼者が綾音の枷を外しておきました。

村人たちに強烈なキックを叩きつけて、依頼者と娘の瑠璃子とともに脱出。実はこれは一年前の出来事で、このとき村の神を鎮めるために白姫も別件で招かれていました。

一年後に同じ祭りが行われるタイミングで警察が介入。

綾音えろめも

全裸 陰毛 手枷 目隠し 首輪 ボールギャグ ぱい揉み まん見え

ぷちまとめ

強気のヒロインが成り行きとはいえ、全裸で目隠し・口枷拘束。なかなかのエロ展開です。

一度、麻酔を嗅がされて意識不明になっていますが、当然綾音もま○この状態を村人たちにしっかりチェックされてしまったのでしょう。

綾音の前の順番の娘が、顔出しNGでま○こをスマホで撮影されまくっていました。誰かの嫁候補なので直接カラダがどうされるということはありませんが、同じように綾音も顔以外を撮影されまくったことでしょう。

そしてこの村には巨大で怪しげな影が全体にかかっているのを白姫もチェック済み。嫁攫い村再登場フラグですね。

玉キックシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍