『玉2ふぉーちゅーん』9話 ヒロインエロ描写感想・エロ考察

梅谷ケンヂ作・『玉2ふぉーちゅーん』の9話です。以前に6話を中心にNTR展開を紹介しました。

梅谷氏の作品は、ヒロインが結構乱れる展開が多いのですが、『みあき・ひたむき』のように、最初からちょっと暴走しすぎだと、どうも後でのNTR感が薄まったりするんですよね。

みあき・ひたむきシリーズ作品 – 漫画 – FANZA電子書籍(旧DMM.R18)

『玉2ふぉーちゅーん』が1巻完結でテンポが良いのでお気に入りなのですよ。(笑)

そして9話になかなかそそられるエロ描写があります。

9話

ケガサレ ハラワレ たまみ ケガシ AV男優ふたり ハライ 古谷

前話のラストから続くシーンなのですが、ヒロイン・たまみ愛液占いの摩未から攻撃を受けてしまいました。

幻影化するほど妬みや嫉(そね)みが加わる愛液を口から入れられて、たまみに触手が巻き付きます。触手はまぼろしなのですぐに消えますが、たまみの体が性欲を強く求めるようになってしまいました。

たまみの母が言うには、同族の愛液は強力な媚薬。受精するまで男の精を貪り続けるのをやめられないとのことです。

そして、母が連れてきたのが二人のAV男優。古谷だけでは今のたまみの性欲に対抗できないので、サポート役として。

さすがに最初は拒否する古谷でしたが、逆に古谷の命が危険になる可能性を言われます。「フェラや手コキは二人にまかせて、あなたは膣内出しに専念してればいい」とのたまみ母に、しぶしぶ認める古谷くん。

4Pプレイの開始です。

AV男優たちがたまみの乳首を吸い始めました。

「あーっ♡」「ハッハッ」「あーっ♡♡」 普通に感じているたまみちゃん。

古谷はたまみに正常位で挿入していますが、眼の前で他の男が恋人の乳を吸っている光景を見せられているわけですから、あまりおもしろくありませんね。(笑)

このモヤモヤはたまみの膣内にぶちまけてやると、開き直りました。

AV男優たちが絡むコマが続くのですが、乳首をしゃぶっているだけではありません。勃起ペニスをおっぱいに押し付けたり、たまみに咥えさせてしっかりフェラもさせているようす。

たまみに顔射もしています。

時間経過しての描写。

たまみの性欲が強すぎてAV男優ふたりがノックダウン状態。「あの役立たずどもが!」とひとり残った古谷が奮闘を続けます。

しかし、ここで床には使い捨てのコンドームの描写コマがあるんですね。しっかりと縛って袋の中に精液が溜まっているのがわかります。

古谷がコンドームを使うわけがありません。最初からたまみを受精させることが目的ですから。そしてAV男優ふたりは、最初にたまみに対して生ち◯ぽをフェラやパイズリさせて、ぶっかけているわけです。

つまり一連の行為の最中に、AV男優ふたりもたまみとセックスするに至ったと考えられます。さすがに生だと古谷ではない精子が受精してしまうので、コンドームを使用していたと……。

たまみの性欲があまりにも強かったのでしょう。強力しあっているうちになんとなくAV男優がたまみの膣攻めをするのを古谷が許可してしまった感じでしょうか。

これで古谷以外に友達の彼氏、AV男優ふたりの計3人のち◯ぽを、たまみは自分の膣内に受け入れてしまったことになりますね。

おそらく快復したたまみはAV男優たちとヤったことは記憶には残らないのでしょう。古谷や母も余計なことは言わないはずです。別の男のちんぽ2本を下の口で咥えちゃったことを知らないヒロイン本人。興奮しますわ。(笑)

たまみエロめも

触手拘束 発情 淫乱化 4P ふぇら♡ ぱいズリ ぱい吸い 顔射 連続絶頂♡ 孕ませ 受精♡

ぷちえぴろーぐ

この後、古谷の精子がたまみの卵子へと向かっていく描写があります。実はたまみが元に戻るには一度眠ればよいらしく、受精しなければならないというのはたまみ母の嘘でした。

ヒロイン、受精すれども着床せず。

たまみが快復したあとの話で妊娠したようすはないので、どうやら着床はしなかったようですね。しかし、ヒロインの受精シーンが描かれていた確かです。

たまみ:KGR★★★★ 4Pプレイ 恋人以外とは生挿入無しのため

玉2ふぉーちゅーん(単話)シリーズ作品 – 漫画 – FANZA電子書籍(旧DMM.R18)