『Ziggurat(ジグラット)』 25話(それは、化石のように佇む足跡。) 漫画感想・エロ考察

Ziggurat

トリニティのリョナられシーンは短いですが一箇所のみあります。

25話

ケガサレ トリニティ ケガシ ブラックハート 爬虫人類

正体を表した爬虫人類とブラックハートの戦闘開始。正面から突っ込んできた爬虫人類は足の親指部分が大きなするどい鉤爪になっていて、それを振りかざしてブラックハートに迫ります。

ブラックハートはすぐ近くに倒れこんでいるトリニティを掴み上げ、なんと盾代わりにして爬虫人類の攻撃を防御。

盾として使われちゃうヒロイン。ブラックハートに胸元を掴まれた瞬間、「ふぇ」っと何が起こったのか戸惑ったようすです。

爬虫人類の鉤爪が盾にされたトリニティの背中に「ガリッ」と炸裂。背中の腰あたりにギジッっと刺さりました。

「あ゛」っと悲鳴をあげるトリニティ。みぢっっと音がしています。あいかわらずスーツは頑丈なので穴さえ開かないのですが、ダメージはトリニティに伝わっています。

ブラックハートが爬虫人類の腕を切り落とし、ひとまず退却させることに成功。

その後、他の警備連中が向かってくるので逃げるのですが、あんな傷を追ってよくトリニティは動けるなあ。

まあ、腰に痛みがあるので、無理やり動いているようでしたが。結局、盾にされただけのヒロイン

場面転換でいつものようにトリニティから姿を戻した鼎が学園の保険医から治療処置がおこなわれます。

保健室にて鼎の治療

ケガサレ  ケガシ 保険医

痛みの感覚を快感にズラしての治療ですが、その時の会話内容で、肋骨が根元から4本折れていることが説明されています。

治療は鼎バージョンのサービスシーンですね。枕にぎゅっと顔をうずめて、足をばたつかせる鼎ちゃん。もちろん痛みに耐えているのではなく、快感に耐えています。

「はっ♥ はっ♥」とエロい声がでています。「どうせ学校は休みで誰もいないのだから、諦めて気持ちよくなりなさい」と話す保険医。

痛みというか怪我の程度に比例して快感も増しているのでしょうね。

「んううぅううぅぅっ」っと、うつ伏せ状態のが尻を高々と上げてビクビクと絶頂を迎えました。

保険医が何回でもと、ぼそっと言っているので、治療が終了するまで絶頂しまくったということですね。

鼎えろメモ

マンスジ 喘ぎ声 アヘ顔 掴みピロー 絶頂

ぷちまとめ

脊髄損傷の可能性があったほどの刺し傷。いやいや、ダメージひどすぎて普通動けんでしょう。(笑)

リョナシーン提供の為、カラダ張り過ぎのトリニティちゃん。

そして、戦闘シーンでは相変わらず良いとこ見せられないトリニティちゃん。だが、そこが良い。

Zigguratシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍