『Ziggurat(ジグラット)』36話(それは、ただ沈黙し、) 漫画感想・エロ考察

サナキ達に助けられたトリニティちゃんが、何事もなかったように自信満々に竜族に反撃しようとする回です。

36話

ケガサレ トリニティ ケガシ ミヤ様

あいかわらず、その自信はどこから出てくるんだ?ついさっきまで散々な目に合わされていたのに。(笑)

処置を受けて、すっかり洗脳されたように思わせてミヤ様たちに近づき、破壊兵器「オロチ」の動力炉を因幡から借りた剣で破壊を試みるという重要な役目を実行。

中心部の石に近づいたところで、ミヤ様に頭を鷲づかみにされるトリニティちゃん。思いっきり壁に投げつけられてしまいました。

受身を取る余裕もありません。

「ひぎっ」ドカッ、ビキ

背中に激痛で涙流して顔を歪ますトリニティ!そのまま地面に落下。直前で足から着地するも、ダメージはひどく、うつぶせに倒れこんでしまいます。

「っ……ぁ……」

相当痛かったらしく、呼吸もままならない様子。ハアハア……。このときの体勢がまるで、寝バックで少しお尻を上げた感じなのですよ。そこにブラックハートが現れて、苦しい状態ながらも助けを求めます。

それに気づいたミヤ様がシッポでトリニティを強打!!

再び、背中にダメージを与えられてあえぐトリニティ。

ドスッ、ドスッ、ドシャ 「え゛あっ」「あ゛ぉ」「いぅ゛っ」「う゛」

ミヤ様、連打しすぎ。

一発で充分だろうに、めっちゃくちゃトリニティの背中にシッポ攻撃の連打しまくってますよ。
助けることを承諾したブラックハートに救出されますが、抱えられながらお尻を揉まれてました。

トリニティが必要以上に痛めつけられる回でしたね。
まあまあ、満足。

トリニティりょなメモ

頭部鷲掴み 叩きつけ 苦痛顔 背中強打 悲鳴

Zigguratシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍