『Ziggurat(ジグラット)』 6話(それは、しろがねの定番。) エロ考察

アンシエント財団がなにやら発掘している山岳ピラミッドに潜入中、ブラックハートと鉢合わせするトリニティ

6話

ケガサレ トリニティ ケガシ ブラックハート

バトルへと展開ですが、カウンター攻撃が得意のブラックハートに動きを読まれてピンチ。トリニティの腹に膝蹴り一発。

怯んだところを更に、銃で後頭部へ打撃。踏みつけられるトリニティ

財団メンバーに跳弾して遺跡を傷付ける危険行為を怒られて、トリニティへ足蹴の八つ当たり。5話冒頭の拘束されているシーンへと続きます。

あぐっ!ああっ!

熱くなった銃口先をトリニティの股間へ押し付けようとする振りに、ビビったトリニティはお漏らししてしまいます。

漏らしたことをバカにされて、開き直って強気発言するトリニティ。赤面、涙目ですが、そこが可愛い。だけど銃口先に滴るトリニティの尿を舌先で受けるブラックハート。ヘンタイ全開ですね。

キリッと強気に出たトリニティですが、いきなり自分の尿を目の前で味あう行動を見せつけられたら、そりゃ、驚いて目を丸くするしかないですね。(笑)

もう一度いいます。この敵、ヘンタイです。

ブラックハートのセクハラは続き、トリニティのほっぺをペロリ、おっぱい両手モミ、おしり両手モミとコマを進めたところで6話終了。

トリニティりょなメモ

ヒザ蹴り 踏みつけ 打撃 お漏らし セクハラ行為

ぷち補足

『Ziggurat』のエロ担当、ブラックハートのお色気シーンがありましたね。

山岳ピラミッドの採掘現場に潜り込んだサナキ。偶然にもブラックハートが待機していた個室に入ってしまったようです。

「…ん~~」「ふぁい…」「…ぁい」
携帯に命令の連絡があり、のそっと起きるブラックハート。

ふんん? (のそっ)

全裸で寝てました。健康的ですね。そして寝ぼけまなこで手に取った何かをポイッっと投げ捨てました。

電動バイブです。ぬるんと濡れてとテカっています。おそらく寝ている間、ブラックハートに入っていたのでしょう。

電話を取る前にヴィィィィとエリア内の響く大きな警告音とは別に、「ズンズンズン ズズズンズン ズズズ」と音がしていました。

スイッチONにして挿入したままだったまま、いつのまにか寝てしまったのでしょう。

・・・(ぎゅ―――)

おおきく背を伸ばしてあくび。

ハットとコートを着けただけで、サナキを発見します。

しかし寝ぼけているのか、財団のメンバーだと思って気づきませんでした。

「んーごめんん…」「お仕事すんだら、ちゃんと夜勤すゆから待っててぇ…」と言い残してでかけていきます。

つまり、ブラックハートは団員の夜のお相手もしていたということですね。

ブラックハート えろめも

全裸 乳晒し まん晒し 異物挿入(電動バイブ)

単行本1巻はここで区切りなので、続きは2巻へ。さすがにセクハラ担当キャラのブラックハート。いきいきしています。

DMM:

Zigguratシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍

Amazon Kindle: