『アカポリ~敏感捜査官・綾瀬詩子』1巻7話 感想 不倫捜査で発情しちゃうヒロイン

『アカポリ~敏感捜査官・綾瀬詩子』1巻7話 エロ場面特化感想&妄想です。対象者に接近遭遇しすぎた場面で、敏感状態になってしまいました。

7話 詩子とロリータと落書き

ケガサレ 綾瀬詩子 ケガシ 悪意(聡 光莉)

ドアに卑猥な落書きをされて困っていると、交番に相談にきた小林一花(いっか)

一花が言うには、光莉がその夫であると自分との仲を疑われ、その恨みで悪戯書きをされているとのこと。

詩子ちゃんが自ら調査に乗り出します。

ショッピングモールで買い物をする聡と光莉を尾行する詩子ちゃん。もちろん、同僚の牧野も調査に同行。

一人になったが誰かとスマホで電話中。話し相手をしている誰なのか確認するために近づいたのですが、転倒してしまいました。

はー… はー…

誰かの悪意がカラダを刺激して力が抜けたのが原因です。息が荒くなる詩子ちゃん

はぁ はぁ

目の前に女性がいきなり倒れ込んできたのに驚く。電話を切り、とりあえず詩子ちゃんの手を取って起き上がらせようとしました。

んあ♡

起こすついでに詩子ちゃんのお尻を、そっと掴みます。親切の振りしたどさくさ紛れのセクハラですね。しかし、つい甘く大きな声がでちゃう詩子ちゃん

聡にとってはいきなりラッキーな状況ですね。腰の抜けた詩子ちゃんが自分に抱きついてきた状況。しかも自分の愛撫に感じちゃっているので、好意的だと勘違いするのも当然。

布越しとはいえ、膣口をしっかりとこねくりまわされてしまった詩子ちゃんです。

ん っ ぐん ダメッ… ん はっ は

しっかり感じていると確信した。それならと、調子にのって更に下の方へ手を滑り込ませて指で愛撫を開始。

中指をパンツ越しにしっかりと当てて、詩子ちゃんのおま◯こを弄り始めました。

ゾワゾワと感じてしまう詩子ちゃん。悪意がこもっている分、刺激も強烈のようです。どんどん濡れてきたアソコからは、ポタポタと液が垂れ始めるほど。

!!! (びっくうぅ)

指で攻められた刺激に我慢できない詩子ちゃん思いっきりイかされてしまいました。

ふぁああ

ガクガクと震えて絶頂が収まらないでいるところに、さらなる強い悪意をカラダが感じます。その悪意の持ち主はどうやらの妻の光莉だったようです。

単に調子が悪そうだったから介抱していただけと誤魔化す夫の


牧野さんっ!!

光莉が近づいてきたことにより、お漏らししそうになるほど刺激が高まった詩子。既のところで牧野が声を掛けて詩子ちゃんを連れていきます。なんとかその場を離れることに成功。

詩子 えろめも

疼き♡ まん濡れ 涙目 尻揉み 指マン まん汁 汁ぽた 絶頂♡ アヘ顔

DMM電子書籍:

アカポリ〜敏感捜査官・綾瀬詩子〜シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍

Amazon Kindle: