『EROSサバイバル』18巻 明日香VSマチルダ ヒロインエロピン感想

『EROSサバイバル』(漫画:赤坂一夫) 18巻 ヒロイン明日香 エロ場面特化感想&妄想です。

18巻 明日香ヒロピン

主要メンバーのエロ担当のふたり、酒井ルリ伏見ユキがものすごく見せ場をつくってくれる分、それに反比例するかのようにメインヒロインの胡桃沢明日香のエロピン場面が減少する流れは止められないようで。😅

275話

ケガサレ 明日香 ケガシ マチルダ

B棟20階にてフロアボスとして立ちはだかったのはマチルダ明日香ちゃんとの直接対決となりました。

p04 ~:
(胸がぁっ 熱いぃいっ…)
マチルダを右手こぶしで殴りつけにいった明日香ちゃんですがかわされてしまい、逆に性感鍼を胸元に打ち込まれてしまうことに。

鍼の効果はすぐに効き、ハアハアと欲情しはじめる明日香ちゃんです。

でも、明日香ちゃんも裏性穴を習得しているので、すぐに対応して疼きを止めることに成功。

明日香ちゃんが裏性穴を使えることを知らなかったせいか、驚くマチルダです。

そうなるよねえ。笑
そして、ちょっとヒロインも強化されすぎだと思うんですよ。
それはすなわちエロピン回避率が高まるということですからねえ。

ここはマチルダにもう少し頑張ってもらいたい。笑


ただし策は考えていたようです。
ここで14階フロアボスチャピィが再登場。

[身縛ビンタァイ] & [構四這ゲローフォス] で、魔法を受けて20秒後に四つん這いにならなければいけなくなった明日香ちゃん

そうだった。これゲームだからルールがあったんだった。
単なる格闘オンリーじゃないのを忘れていた。


p07:
ルール上、命令に従い四つん這いになる明日香ちゃん
チャピィが無抵抗の明日香ちゃんのスカートをめくって、久しぶりのパンモロ状態です。

p08 ~:
「は」「う」「ぅあ」「ぅく」
お股付近に性感鍼を打たれてしまい明日香ちゃんが喘ぎ始めます。

マチルダの技は怒黒流性感鍼「悶」でした。
四つん這いをくずすことはルール違反で即失格になるので、今度は裏性穴を打って回避することはできませんね。

「ああああああ」
股間をヒクヒクとさせて大きな声で喘ぎ声を出してしまう明日香ちゃんです。
強烈な刺激のせいか腰を上に突き上げる格好になっていますね。エロい。

明日香 えろめも

性感♡(性感鍼) / 四つん這い パンモロ 性感♡(性感鍼[悶]) 喘ぎ♡ 腰高四つん這い


283話

ケガサレ 明日香 ケガシ マチルダ

p7から275話明日香VSマチルダの続きがありました。

p07 ~:
「あ」「っあうっ」「はあ」
性感鍼「悶」の刺激で性感が強くなり喘ぎまくる明日香ちゃん

「っん うううっ…」
悶えている明日香ちゃんのお股にチャピイがバトンを当て、さらなる刺激を追加です。

バトンと言ってますが、先端は電動マッサージ器です。笑

ただし、マチルダの性感鍼の技はしょせん付け焼き刃なので、レベルはそれほど高くは無いようでした。
金縛りの[身縛ビンタァイ]が終了するときを見計らって反撃のチャンスを待つ明日香ちゃん

でも相手はふたりいますからねえ。
そうそううまくいきますかねえ。

ぐへへ……。


p09 ~:
[身縛][構四這] が同時に終了するとともに、明日香ちゃんチャピィを蹴りつけ。
怯んだチャピィに、すかさず性穴を打ちこみます。
悲鳴をあげて倒れるチャピィ

あっさり反撃されちゃうのかーい!!
もっとがんばってえ!
アブラマハリクハマリタカブラってえ!!


「あああっ」
今度こそ一対一の格闘勝負を挑もうとした明日香ちゃんですが、急に倒れ込んでしまいました。

実はマチルダが念のために弛緩剤を打っておいたようですね。

ゲスい!
どこまでもゲスいマチルダさん

しかしここはあえて応援したくなります。
つい、「さん付け」して呼んでしまいます。

この名前で「さん付け」すると、モビルスーツに叩き潰されてしまったあのキャラの印象が強いですけど。

貴重なメインヒロインのピンチ場面を盛り上げるためには、やはりこういうゲスいキャラの存在は不可欠でしょう。

「いやあああ」
マチルダさんに内股を踏付けられて悲鳴をあげる明日香ちゃん

ヒロピン継続!

明日香 えろめも

性感♡(性感鍼) / 四つん這い パンモロ 性感♡(性感鍼[悶]) 喘ぎ♡ 腰高四つん這い

ぷち補足

18巻はここで終了なんですけどね。コミック派読者放置プレイ😅


DMMブックス:

EROSサバイバルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

EROSサバイバル(18) (モバMAN)
19階のフロアボスは、完全無敵のニーナ・ハ ント!回復系魔法が使えるエスとルリ̄...