『不徳のギルド』59話感想 触手凌辱コインちゃん

『不徳のギルド』(漫画:河添太一) 59話 エロ場面特化感想&妄想記事です。
物語展開は新たな局面を迎えるようですが、いつものようにエロ場面注視で。😃

59話「空は続いていく」

エロ担当 コイン

コイン虐回ですね。

おしおきコインちゃん

p06:
コダマの街で受け入れられつつあるセイテンを、そのうち人形も発売されると褒めるサンちゃん

そんなサンちゃんを、「背が低いからミニチュア人形ではなく、最初から等身大でエッチな商品が作られそう」と、ちゃかすコインちゃんです。l

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ」
その直後にコインちゃんの悲鳴が森に響き渡りました。

もちろん、サン姐さんからのオシオキですね。

p07:
「びえええええっ」
手足をムチで拘束されて、まるでマングリ返しのような格好にされてしまうコインちゃんです。

コインちゃん衣装デザインのベルト鍵穴が、あいかわらず絶妙な位置に来ますね。笑

コイン えろめも

悲鳴 縄縛 マングリ返し 涙目


なめられコインちゃん

p14:
「怖っ!!」「放して!!」
“盗み見”のスキルで安全確認し、自信満々で先頭を進んでいたコインちゃん
しかし魔物に気づかず、捕まってしまうことに。

コインちゃんの索敵能力が“視る”なので相手が擬態や隠れていた場合は対応できず。
ひたむきちゃん“嗅ぐ”能力との違いがわかるシーン。

それはそうと初登場の魔物さんです。

名称は「ゴレント」
見た目は巨大な樹木ですね。

p15:
「ひぃっ」「いやぁ」
ツタ触手で拘束されてしまうコインちゃん
さらに服を破られてしまいます。

おっぱいがぽろり。
そして下半身では縦縞パンティが露わになってしまいした。

46話では、必殺スキル“バックスタブ”自爆により下着を晒してしまったときは、トレーニング中だったせいかスポーツショーツ系でした。

普段はオックリちゃん並におしゃれ下着着用だ。笑

p16:
ゴレントは植物系魔物のようです。
みんな大好きミクリープさんのように、先が開いてマナを吸うのに特化したツタ系触手は当然持っているようですね。

そして、さらに幹部分にある大きな口が開くと、中にはイソギンチャクのような細かい触手がぎっしり!

「きゃあああああっ」「やだっ」
「キモっ」「放せぇ!!」

ゴレントコインちゃんのお股を大きな口で咥えておしゃぶり開始。

ズチュッ、レロ、ヌ゛チっと、あいかわらず危険な擬音が出始めましたね。

そして、コインちゃん「キモっ」と口にすると、よりいっそうワクワク感が高まります。
他キャラ以上にメスガキ度が高いからか?笑

p17:
「どこ吸っ…」「やめっ…ふあっ」「あぁっ」
ゴレントに吸われて、びくっびくっと痙攣しちゃうコインちゃん

魔物が吸うのはあくまでの人間のマナ。
結果的にエロ行為に見えるだけです。

まあ、魔物にとっては、結果的に若い娘の体液がもっともマナが濃い大好物になってしまうのでしょうが。笑

コインちゃんの下半身に注目すると、ヌチャプッ、ムチュ、ズッチュという音が。

連載時で大量発生しているマモノリくんが消滅させられてしまうコミック化時点でも、おそらくパンティ越しの触手凌辱描写なのでしょう。

しかし、それはあくまでも瞬間が描かれたにすぎないということ。

できるかぎり濃いマナを得ようと、布の隙間から入り込んだ細かい触手がコインちゃんの体液を直に舐め取ろうとしているのは確実に違いない!

p18:
「ハァ…ハァ…」「んあっ」「あんっ」
マナを吸いまくられてつつ、快感に喘ぎが止まらないコインちゃん

ゴキュ、ゴクッっと激しくおっぱいを吸われちゃってます。

そしてお股のほうも、過激な音が鳴りまくり。

グチュ、ジュプッですからね。
しかし、いろいろな意味で過激な凌辱をされようと「触手はセーフ」が、暗黙のルール。笑

コイン えろめも

触手拘束 服剥ぎ 悲鳴 下着晒し 乳晒し 触手凌辱(乳吸い マンズリ♡) 喘ぎ♡ 痙攣♡ 涙目

ぷち補足

ケガシキャラ評
ゴレント: コダマ山の魔物。マナ吸収のため、ツタ触手と繊毛触手でコインのおっぱいとお股を責めて凌辱。


コインちゃんキクルパーティでやっていくことを決めているので、今後はサンちゃんとの絡み場面が少なくなりそうですね。
コインちゃんの煽りに対しサンちゃんが容赦なく返してくるので、ボケとツッコミの関係では、この二人の組み合わせは強烈です。

キクルだと男性キャラである手前もあってソフトにならざるをえないだろうし。

あとは同じく煽りキャラ系のトキシッコちゃんがポジションキープの頑張りどころ。笑


DMMブックス:

不徳のギルドシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)