『ギルティサークル』123話感想 結構ビッチだったオタサー姫の沙織ちゃん

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

『ギルティサークル』(原作:門馬司 漫画:山本やみー) 123話 エロ場面特化感想&妄想記事です。

123話 怨念の誘い

123話はエロ無し回なので、本来なら記事取り上げ対象外。しかし、贔屓な沙織ちゃんのここ最近の恋愛遍歴が明らかになった回なのでスルーわけにはいきませんでした。笑


p01:
「はいどうも始まりましたー!!」
「漫研さおりんのオカルト検証チャンネルー!!」

某Y◯UTUBE的なピーチューブにオカルト系チャンネルを持っていた沙織ちゃん
まあ、登場キャラのなかでは一番、こういうの作ってそうなのは確か。

p02:
「現役アイドル “BLUE PALLET”の十文字文香ちゃんでーす!!」
「よろしくお願いしまーす!!」

その自分のチャンネルに文香ちゃんを出演させてバズるのが沙織ちゃんの狙いでした。
そのために沢屋を通して出演依頼。

そして文香ちゃんも出演OK。
今回、廃病院の探索ということで、オカルト好きな文香ちゃんがノリノリだった。

新たな体験を求めて青応大学に入学してきた文香ちゃんですからねえ。
そうは言っても、相変わらず軽率な行動するコだよなあ。

そもそも現役アイドルが軽いノリで個人のチャンネルに顔を晒して良いのだろうか?
芸能活動で事務所との契約的に、いろいろとまずい問題が生じるのでは?笑


p07:
「あ 自己紹介してなかったね」
「漫研の前部長で沙織さんのカメラマンをやってる西田です!!」

前漫研部長西田文香ちゃんに挨拶。

(西田……!! この人が例の……)
いや、沢屋も実際に初めて顔を合せたような態度取ってるけど、6話西田と会ってるよね?
大学で知り合った平井健の付き添いで漫研見学した時に、お互いに自己紹介してるよね?

挨拶して終わりどころか、西田と構内のベンチに座って、田中千鶴に関する情報を詳しく聞いていたよね?笑

p08:
「おーい来たぞー」
「何だー?あんま怖くねぇなぁ……」

(中津田!! このひとも確か……)

ちょっと遅れて漫研3年中津田と同じく2年山岸が現地到着。

平井の再登場は無かったか。
「沢っち」「健ちゃん」で呼び合う仲だったのにね。

沢屋と親しくなる男子キャラは出番が減る法則でも発動してるのか?笑
そういえば、その沢屋と親しい男子キャラのひとり、伊吹はどうなった?

いや、伊吹は別にどうでもいいのです。
伊吹が新歓で狙っていたゴスロリ増山樹里ちゃんはどうなった!?

彼女が女子キャラのなかでも、オカルトが絡む話に一番合ってそうな気がする。笑

もっと謎といえば、
62話で出てきて沢屋を襲ってきた “スケキヨ仮面”の人物だけどね。笑

p12:
沙織ちゃんが恋愛近況について沢屋に語ってくれましたね。

「去年の春頃に付き合ってたのが前部長の西田さんで
ん?沢屋が入学して出会った去年の4月の時点では、西田と付き合っていたということか!?

あのときは西田漫研部長3年沙織ちゃん2年
つまり、その前年で沙織ちゃん1年生のときに2年生西田とカップルだったわけだ。

西田はいかにも良い人そうな性格だなあ。
沙織ちゃんには何かと刺激が足りなすぎたか。

「その後 武田と…3ヶ月ぐらい付き合ったのかな」
その反動もあって、武田の強引さに負けてしまったのかもしれない。笑

でも3ヶ月しか持たなかったのか。

「あいつは色々めんどくさくてね」
SEXの最中に、イった時は自分に言うように要求する奴だからねえ。
本当にめんどくさくなったんだろうなあ。笑

沙織ちゃん武田が破局していた事実が判明して気になることと言えば……、
今年のユーフォリア新入生勧誘でエロさが増大していたマイちゃんだよなあ。

あの時点で、沙織ちゃんと別れた武田とは、肉体関係済の可能性が大きいよね?笑

「で…その後 中津田くんと先月まで付き合ってたの」
そして沙織ちゃん武田と別れたあとに付き合ったのが同じ学年の中津田でした。
でも、すでに先月破局状態だ。

現漫研部長中津田はノリが良くて面白い人だと、沙織ちゃんには好印象。
しかし投稿した漫画が賞をとってから天狗になってしまい嫌いになったようす。

p13:
「じゃあ今は…フリーなんですね?」
「うん!! なになに沢屋っち私のこと狙ってる?」
「ちっ…違いますよ!!」

そして現在フリー沙織ちゃん
フリーとはいえ、漫研内に元カレ2人が存在中。

沙織ちゃんは自身も自覚している “サークルの姫” なんだけど、思いっきりビッチ寄りの “姫”だった!笑

沙織 穴兄弟めも

西田(現4年) / 武田剛(現4年) / 中津田(現3年)

ぷち補足

p15:
(この時)
(俺はまだ知らなかった ここで起こる惨劇を……!!)

楓ちゃんのNTR実現で信憑性のある沢屋のプロローグだ!
いや、でもグロい展開はやめてええ!! どうせ実現するならエロい展開でお願します!


DMMブックス:

ギルティサークルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

その他作品
りびどるEX