『ギルティサークル』32話感想 トイレ個室で武田のナニを強制おしゃぶりさせられる沙織ちゃん!

『ギルティサークル』(原作:門馬司 漫画:山本やみー) 32話 エロ場面特化感想&妄想です。

32話 欲望の暴走

ケガサレ 早川沙織 ケガシ 武田剛

カウンターでヒロイン楓ちゃん白石、トイレ個室で沙織ちゃん武田、そしてVIPルームで主人公沢屋美和子先輩を相手に、それぞれ情報を得ようと別行動中です。

楓ちゃん白石と会話進行。沢屋はいつものように役得エロ発生なので、個人的注目は前回に引き続き沙織ちゃん一択になります。笑


p1~: 🍄👅
今度は自分を楽しませろとチンコを突き出してきた武田
半ば強引に沙織ちゃんに咥えさせました。

フェラをさせられてしまった沙織ちゃんです。

すでにおま◯この方も指を2本突っ込まれて、Gスポット刺激でイかされちゃっていますからねえ。

沙織ちゃんの性的行為の相手を次々と初ゲットしやがる武田だ。

それでも一生懸命にしゃぶりはじめる沙織ちゃん

前回は気が付かなかったのだけれど、武田は便座の蓋はあげないで、直接座っていたのですね。
壊れるぞ!お店に迷惑だぞ!

武田沙織ちゃんの頭を押さえつけているだけかとおもったら、かなり乱暴に髪をつかんでいます。

そして沙織ちゃんのフェラは武田を満足させるレベルでお上手でした。
つまり、単に咥えるだけのカタチ的なフェラでなく、自ら積極的に武田のチンコに舌を絡ませていたということになりますね。

エロいぞ、沙織ちゃん


武田にどこで習ったかを聞かれて、
心のなかで適当にやってるだけと返す沙織ちゃんです。

つまり、フェラは初めての経験ということが確定しましたね。

まあ、フェラどころか、このトイレ個室で武田にされているエロ行為は、すべて初めてなのでしょうけれど。

お酒も入って気持ちが高まってしまっているせいか、武田のデカチンコが気になってしまっているようす。

p4:
沙織ちゃんのプリケツコマ!

お尻の汗が便座蓋に垂れ落ちて溜まっていますが、もちろんおま◯こ側から流れた液体もいっしょになっていると思われます。

メインヒロイン楓ちゃんと比べて、サブヒロの沙織ちゃんはヒロピン回避発動率は当然低いのでしょう。すでに好きでもない男に指マンでイかされたり、フェラチオさせられたりしてますからね。

果たしてどこまで守れるのか?

沙織 えろめも

乳晒し まん晒し / ふぇら♡ 髪掴み まん汁

ぷち補足

ケガシキャラ評
武田剛: トイレ個室内にて沙織にエロ行為継続中。自分のチンコを半ば強制的にしゃぶらせるフェラ達成。


ちなみにVIPルームでは、ノリノリの美和子先輩沢屋にシャンパン口移し。沢屋の膝に乗ってお股をスリスリし、おっぱいも丸出しにして、沢屋を誘惑。いつものように主人公役得発生中。


DMMブックス:

ギルティサークルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle: