『ギルティサークル』35話感想 おしりを向けてる沙織ちゃん

『ギルティサークル』(原作:門馬司 漫画:山本やみー) ちょいえろ場面特化感想&妄想記事です。

35話 危険人物

35話は新イベント発生回のようなものなので、えろ場面そのものは弱め。とりあえず気になった部分だけ言及。

沙織ちゃんパート

名前だけあがっていた新キャラ梶原が登場。
ケガシキャラ要員追加であります。

サークルOBなので武田が姿勢を正して挨拶していますね。
武田以上にゲスっぽいので、期待が持てます。

逆に武田くんは役割としての活躍場面が減少しそうなので、そこは踏ん張ってほしいところです。


しかし、当然、ここでの注目は沙織ちゃんのポーズ一択。

便座に手を付いて立ちバック状態になったままなのですよ。
つまり梶原連れの他2名におま◯こ丸見えでお尻を向けている状態です。

正面からは武田がいて邪魔になっています。しかし横からは少なくとも見えてそう。
前かがみ状態ですからね、沙織ちゃんは。

梶原武田に一緒に飲むのを誘う時も、沙織ちゃんはそのままのポーズ。

梶原沙織ちゃんも誘ってきました。もちろん同じままのポーズなのでしょう。

好奇心の強い沙織ちゃんは情報を得るために一緒に行くのは当然か?
武田へ挿入されるエロピンチは回避されましたが、新たなエロピン発動しそうですね。

まあ、武田チ◯コには自ら堕ちていたようなものですがね。笑

というわけで、35話沙織ちゃん描写は4コマでした。

【追記】悲報。36話展開だと今回の沙織ちゃんエロボーナスステージ終了。笑

沙織 えろめも

乳晒し まん晒し 立ちバック姿勢


美和子ちゃんパート

半裸で沢屋にまたがり状態の美和子先輩

沢屋のイチモツを握りしめて、挿れる気まんまんですね。

しかし、ここで目的を思い出した沢屋が、田中千鶴のことで聞いてきます。
DTのくせに、この状況で切り替えができるのがすごいな。笑

しかも楓ちゃんからLINEを受け取って、その内容に動揺。

美和子先輩から離れて楓ちゃんの座っているカウンターをVIP部屋の窓から伺う行動に。

この時点でLINEの内容は緊急を有するものじゃないしなあ。

おっぱいとおま◯んこ丸出しで自分の膝の上に跨ってチ◯コ握りしめ、しかもたった今、自分の精液飲んでくれた女の子よりも、そっち優先ってのはいかがなものかと。笑

美和子 えろめも

乳晒し まん晒し 対面座位 手コキ


楓ちゃんパート

いきなりナイフを斬りつけられそうになってピンチだった楓ちゃんです。
白石がカラダを張って止めましたね。
これは予想通りか。

切り傷の状態から、仕込みだったわけでは無さそう……。

怪我をした白石と一緒に病院へ向かうことになった楓ちゃん

新歓合宿で強引に楓ちゃんを襲う感じになって、やらかしてしまった白石

合宿の件を反省して楓ちゃんに謝罪。交際を申し込み。そして出血するほどの怪我をしての楓ちゃんをガード。

合宿の件で疑いを持ったままの楓ちゃんですが、白石は今回の件でかなり信用回復できたのかも。

そして二人で深夜の病院へ向かう展開です。ヒロピン期待ができそうですね。

まあ、その場合、白石が再度楓ちゃんが持ち始めた信頼を消失させてしまうのでしょうけどね。

ぷち補足

マスクの犯人を追っていったのは沢屋。マスクを取ることに成功したけど、見知らぬ女性。こっちも新キャラかな。


DMMブックス:

ギルティサークルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle: