【アニメ視聴】『異種族レビュアーズ』6話 感想 ゴーレムモデルメイドリーちゃんたちがあえぐ

アニメ『異種族レビュアーズ』6話の感想。海外では過激すぎて放送が中止になるほどの本作品ですが、まあしょうがないよね。(笑) 

6話

今回のAパートは原作2巻13話にあたる人形回です。お店の名前は「性のマリオネット」

待ちに待っていた!ドール、パペット、ゴーレムと、店のアイテムを使って好きな人形をハンドメイドできるお店。そして作った人形に好きな性格を入れてプレイを楽しめるのです。

不器用な者が作るとブサイクな人形にしかならないのだけど、メンバーに器用なシーフのカンチャルがいたのが幸運。メイドリーちゃんをモデルに完成度ほぼ100%のメイドリードールをメンバー分作るという匠の技術。(笑)

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

メイドリーちゃんが実際に履いているパンティの色も同じピンクだと、あとからわかります。以前に覗いて色を知っていたということか?

エロメイドリー

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

それぞれが選択したメイドリー人形の性格は原作と一緒でした。

スタンクが入れた性格はエロメイドリー。いつも真面目でエロ話をする連中を軽蔑するメイドリーちゃんでは決して見せることのないキャラ設定です。

ああ、でも本当に愛しているパートナーとの夜の営みがあったなら、この可能性はあるかも。(笑)

本人も自覚できない心の奥底で悶々としているからなあ。

癒しメイドリー

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

ゼルの選択は癒しメイドリーちゃん。大きな胸に抱かれて満足そう。もしメイドリーちゃんとのエロ行為が「いちゃらぶ♡」ならばという願望ですかね。

ドMメイドリー

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

ドMな性格を入れたカンチャル。まあ、カンチャルがドSだからなあ。

プレイ中が完全にエロアニメのためか、無修正のAT-X以外だと速攻で音声のみの仕様。どちらにしろメイドリーちゃんが喘いでいる声なので、これはこれで良しでしょう。

レビュー評価10点満点をつけたカンチャル。カンチャルが満点を付けるSMプレイだったということか。どんだけメイドリー人形を痛めつけたのだろうか……。映っていないところでは、かなりのリョナプレイだったのか。

ウブメイドリー

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

クリムが選んだのは清純そうな性格のウブメイドリーちゃん

恥ずかしがっているメイドリーちゃんを優しく手ほどきするクリムくんです。

しかし、最終的に合体することになるので、クリムくんの巨根がウブメイドリーちゃんに無理やり突き刺さるというシチュエーションが待っていたのでしょう。

人形の股間部分に取り付けられているのは見た目はピンク色のオナホにしか見えない魔法生物「マジカルホール」。クリムくんの巨根の影がウブメイドリーちゃんの身体にかかるのだが、デカすぎる。

しかしクリムくんの評価は8点ですからね。相当、満足できたみたいです。

激おこメイドリー

ゴーレムの店の評価が予想に反して高かったことに残念だったメイドリーちゃん。レビューを見て、「ちぇ」っと舌打ちしていたのが可愛い。

どうも納得できなくて通りかかったクリムに聞いたところ、自分をモデルにしたお人形で楽しんだことを突き止め、4人へのおしおきタイムとなりました。

単に自分の身体をネタにされてオナニーとかいうレベルじゃないものねえ。そりゃあ激おこメイドリーちゃんですわ。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

うわメイドリーちゃんつよい。

有翼人だから足がまんま猛禽類の鋭い爪。それで容赦なく頭を締め付けたり、連続キックを食らわしたり。まあ、足爪に関係なく普通にグーパンでも、物凄いダメージを与えているんですけどね。

最後は「ヂユピィィィ!!!」と濁った声でおさまらない怒りの咆哮を響かせてました。

アイキャッチメイドリー

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

実質的にメイドリーちゃんネタなので、アイキャッチがメイドリー仕様

ぷち補足

漫画も良いけど、アニメ化では動きと声が追加されるというのが有り難いものですね。ゴーレム人形とはいえ快感でチュピってる声はメイドリー本人と同じ声。

つまり、メイドリーちゃん本人が喘いでいるのと同じ!

次回は待ちに待った産卵回です。とりあえずメイドリーファンとしては、産卵回さえ無事放送してくれれば、アニメ化の意義はあったというものです。(笑)

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

今回の特殊ED、エレクトシテル・パレードで有翼人エルドリーちゃんも映っていましたね。回が進むごとに巨大な敵を増やしている気がする。ホント、来週まで放送が存在してますように。(笑)