【アニメ視聴】『異種族レビュアーズ』7話 感想 メイドリーちゃん産卵回。日頃気持ちは悶々としていた!

アニメ『異種族レビュアーズ』7話メイドリーちゃんシーン特化感想。待ちに待ったメイドリーちゃん産卵回!

7話

原作だと2巻の14話&15話にあたります。

アバン

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

今日も元気に来店客に愛想よく対応して仕事をするメイドリーちゃん

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

その時、「チュピッ!」メイドリーちゃんに電撃走る!お腹をさすりながら状況把握。どうやら女の子の日が来てしまったようです。有翼人は無精卵を産むらしい。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

クリムくんに10分ほど席を外すと言って自分の部屋へ戻るメイドリーちゃんクリムくんは疑問に思いますが、スタンクとゼルに理由を説明されます。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

部屋の入る直前、周りに誰もいないことを確認するメイドリーちゃん。自分の産卵を覗かれるわけにはいかないのでしょうね。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

ベッドに前のめりに寄りかかって苦しそうな表情をします。卵をひねり出すわけですからね、簡単にポンッと産むわけではないようです。ちなみに今回のおパンツの色もピンク。

Aパート

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

OP終了後にメイドリーちゃんの様子がちょっと流れました。「んっ んっ んん」とお尻をピクピクと震わせながら唸っております。

一般修正画面でもメイドリーちゃんのパンスジが確認できる貴重なシーンだ。画像縮小すると消えるけど。(笑)

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

メイドリー産卵の話で盛り上がったスタンクゼルクリム。産卵を見に行くかと、今回のターゲットにしたお店は「産卵ショー店ナマタマゴ」。産卵店は初めてなので、常連で詳しいラミアのナルガミに連れて行ってもらうことに。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

店の説明のなかで、産んだ卵を客が即食べることに倫理的疑問を感じたクリムくん。しかし無精卵だし、自分も嬢に何万匹ものタネを飲ませてるだろとスタンクに論破されちゃいました。その会話シーンでのイメージで出てきたベビドリーちゃんが可愛い。

Bパート

やってきた嬢がリザード娘クロコダイル娘だったのでテンション下がるスタンク一行。原作通りに人間視聴者向けに場面が切り替わって、メイドリーちゃん産卵シーンへ

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

産卵のために悩ましげな表情でパンティーを下ろすメイドリーちゃん

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

ベッドに四つん這いになってお尻を高く上げます。ついに始まる産卵。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

シーツを掴むだけでなく、口に咥えてもいます。力が入っているのがわかりますね。一個目がひねり出される瞬間に、「んあっ」と大きめの声が出てしまうメイドリーちゃんです。突き出した舌がエロいです。

こんな声、さすがにドア越しに誰かに聞かれるわけにはいかないか。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

メイドリーちゃんのお股から産み落とされる無精卵。卵の向きが縦じゃなくて横になってない?ちょっとそれが気になった。そこはこだわって欲しかったなあ。(笑)

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

卵の後を追うように流れ落ちる液体。普通に描写されていますけれど、メイドリーちゃんのまん汁ですね。しっかり描写してくれたのは有り難い。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会
©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

一個目を産んで、はぁはぁと息を荒くしていますが、すぐに兆候がやってきて2個めを産卵するメイドリーちゃん

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

「んはっ」と産んだ2個めはひとまわり小さい気がする。殻は緑色なのですね。身近な野鳥でいえば、ムクドリの卵の色に近いだろうか。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

産んだ瞬間、余韻の刺激でピクッと跳ね上がるお尻の動きがエロくて良いです。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

産卵の刺激がまだ残っているので顔を伏せたまま、前方のテッシュに手を伸ばすメイドリーちゃん。濡れたアソコを拭き拭きしなければなりません。1枚めを持ったまま2枚めを取る指もエロさを醸し出しています。

場面は再びナマタマゴ会場に。

爬虫類系の産卵ばかりを見せられてテンションが下がっているスタンクゼル、そしてクリム。もう帰ると席を立ちました。まだ来たばかりなのにと不思議がるナルガミ

しかしアナウンスで次の娘が有翼人と知って、席に戻ることに。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

有翼人で彼らが想像するといえば、やはり身近にいるメイドリーちゃん。全裸でベッドに横たわるメイドリーちゃんのイメージ絵です。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

やってきたのはペンギン系有翼人のデリーちゃんでした。

この娘の産卵シーンにはゼルクリムも食いついた様子。しかも2個産んだデリーちゃん「もう一個産めそう」と言って、会場が大盛りあがり。

ナルガミの説明によると、有翼人が一度に産む数は1個か2個。一度に3個となると、相当精神的にも肉体的にも欲求が溜まっていないと出ないとのこと。

デリーちゃんは火照った肉体を持て余した日々を送っているという証拠。しかし悶々としていても、頻繁にオナニーで解消しちゃうような娘には辿り着けない境地らしい。(笑)

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

「ええ…、いやだ、うそ…。まだ一個、はいってる……」

実は今回の産卵でメイドリーちゃんも、もう一個がお腹に入っていました。つまり3個め。いつもスタンクたちのレビューを見ているせいなのか、精神的も肉体的にも心の中では性的モヤモヤが溜まっていたことになります。

だからと言って部屋でこっそりとオナニーしているわけではないことも判明。まあ、むっつりスケベヒロインであることは確かなのか。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

張り出したレビューを見て、今回スタンクたちが産卵ショーに行ったことを知って引き顔になるメイドリーちゃん

個人的には自分の産卵シーンなんて絶対に見られたくないタイプですからねえ。産卵ショー店に対しても需要が存在することが理解できないのでしょう。

スタンクたちをヘンタイと呼んで怒ります。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

ラミアたちのレビュー感想を聞いて鳥肌が立つメイドリーちゃん。無精卵とはいえ、自分たちの産んだ卵を丸呑みされるなんて想像しただけでも寒気が出るのでしょう。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

オムレツの材料にメイドリーの部屋へ卵を取りに2階へ上がろうとするスタンクとゼルメイドリーちゃんがテーブルを抱え投げてセクハラ行為にお仕置きとなりました。

スタンクたちは有翼人産卵に関わる新たな知識を得てしまったので、メイドリーちゃんが3個産んでいることは絶対にバレるわけにはいかないですね。

ぷち補足

原作を読んだときから期待していたメイドリーちゃん産卵回。無事放送されてなにより。(笑)

ヒロインの産卵シーンなんて、めったにお目にかかれないですからねえ。産んだ卵の大きさの分、確実にメイドリーちゃんのアソコは拡がっているのです。妄想が捗る。

せめて横からでも、ひねり出されるシーンがあれば良かったのですが、仕方がない。

長めのCパートはサキュ嬢アンケートランキング回。有翼人エルドリーちゃんは5位でした。

Amazon Kindle