『鬼狩獣』3巻 ヒロイン真菜が敵に捕まり陵辱されちゃう

『鬼狩獣』3巻収録のヒロイン真菜、エロ場面特化感想です。ちょっと最後は端折り気味に且つエログロ要素が入ってしまうのは、作者の矢野健太郎先生らしいかも。(笑)

ファイティング7 覚醒鬼

ケガサレ 真菜 ケガシ 鬼面党集団

前回、獣吾と結ばれた真菜。朝を迎えて同じベッドで横たわっている獣吾をやさしく見つめています。

今まで敵に儀式のため依坐として処女の体を狙われていました。そのと処女を喪失してしまっため依坐としてはもう狙われることもないのではと気づきます。

しかしそれは甘い考えでした。

真菜たちが隠れ潜んだロッジを既に鬼面党の集団が取り囲んでいました。お館様と呼ばれる葛城円行も直々に足を運んでいます。

襲ってくる鬼面党に立ち向かう獣吾。しかし角玉玦の力が獣吾を弾き飛ばします。円行がその角玉玦の力を使い真菜を呼び寄せようとしました。

助けて!獣吾!!

・・・・・・

抗おうとする真菜。しかし「来よ!」と念じる力に、体が反応してしまいます。目が虚ろになり、あっさりと鬼面党の円行の元へと歩き寄りました。

ロッジとともに燃やされたのですが、大神の力で無事だった獣吾。しかし真菜を連れ去られてしまったことを悔いるのでした。


いきなり次のページで衝撃展開です。

・・・・・・

真菜ちゃんが、あっさりと鬼面党の鬼たちに輪姦されちゃってました。

まあ、初めては獣吾に捧げていて既に処女では無いのですが、角玉玦が反応。円行たちが依坐として利用するには非処女でも問題ないことに気付いたためです。

古代にいた神聖娼婦という神殿の巫女を模して、真菜に性の快楽に溺れさすことにしたのでした。

・・・・・・

ついこの前まで処女で性的快楽に耐性の無かった真菜ちゃん

あっさり性的快楽に堕ちてしまってます。連日昼夜休ます、鬼たちに抱かれている状況です。しかし、やつれるどころか輝きを増すばかり。

角玉玦からエナジーを与えられているらしいです。

連れ去った円行が直接手を下すのではなく、二本角を生やした鬼たちが真菜の相手をしていました。

容赦なくヒロイン真菜がヤられまくったようです。

3人の鬼たちが真菜と交わります。腕を固定されたまま後背位で突かれる真菜。背後で飛び散る液体は、射精された精液なのでしょう。

がっちりと頭を持って鬼のナニを咥えさせられています。イラマチオですね。下半身の前と後ろの穴も攻められていますね。

真菜の3つの穴が同時に陵辱されまくられたわけです。

休むことなく突きまくられる真菜。ボカされていますが、右下には穴から漏れる液体。つまり膣内射精や肛内射精された精液が流れ出しているのでしょう。

・・・・・・

最初こそ苦しがっていた真菜ですが、最後のほうでは完全に堕ちて快楽の虜に。

円行の推察によると、頭の中ではもはや性交以外のことは考えられないように仕上がったとのことでした。

調教により淫乱化してしまったヒロイン真菜ちゃんです。

鬼面党幹部である未呼真菜の調教を取りまとめたようでした。

真菜 えろめも

拉致 調教♡ 涙目 虚ろ目 全裸 乳晒し まん晒し 性交♡ 後背位(鵯越え) 騎乗位(月見茶臼) 輪姦♡ 正常位(網代本手) 背面座位(本駒駆け) いらま♡ 膣内射精♡

ラスト・ファイティング

ケガサレ 真菜 ケガシ 葛城円行

獣吾が鬼面党の本部に乗り込んだとき、ちょうど儀式が行わるところでした。

全裸にされて腕を吊るされた真菜が同じく全裸の円行の前に座らされています。円行の右手は、しっかりと真菜の股間を愛撫。

この儀式は円行が鬼神になるためのもの。もう殆どの手順は終えて、完了に近づいているようです。

角玉玦を掲げて月の光を呼び込みます。

それにより角玉玦が光を放ちだし真菜のひたいがそれに反応。

エナジーを受けた円行の額に角が生へはじめ、見る間に筋骨隆々な体つきに。体格も何倍にも大きくなっていきました。

屹立したナニも巨大です。儀式の最終段階として、それを真菜のおま◯こへ突き刺します。

ぎゃあああああ

急な激痛に叫ぶ真菜。ドクンドクンと胎内に注ぎ込まれてもいるようです。

はァ あゥ・・

この状況に焦りながら真菜の名を呼ぶ獣吾が次の見たものは、恍惚とした真菜の表情でした。快感が全身に走っているのか涙を流しながらヨガっています。

ああああァ

そして盛大に絶頂。

!!

その余韻も束の間。真菜の絶頂と同時に巨大化した円行の超巨根が真菜の腹をドシュッと内部からぶち破っちゃうんですがね。

白目を剥いて、床に倒れる真菜ぐちゃぐちゃになった内蔵がむき出しで溢れ、即死のようでした。

真菜 えろめも

性儀式 全裸 乳晒し まん晒し 後背位(後櫓) 性交♡ 膣内射精♡ 絶頂♡ 惨殺

ぷち補足

敵に捕まったヒロインがページをめくると即レイプ。このスピード感。(笑)

この後、同じく倒された獣吾とお互いに流れた血が混じりあって復活。鬼神と化した円行を倒すのですがね。

しかし、自分が鬼神として目覚めた真菜と人間としての可能性にかけた獣吾がお互いの存在のために戦うというエンド。まあ、それはいいか。

Amazon Kindle: