『霊能探偵ミコ』21話 感想 神像とまぐあい、霊力パワーアップのミコちゃん。

『霊能探偵ミコ』(漫画:井荻寿一) 3巻収録21話 エロ場面特化感想&妄想です。

21話 神の懐(ふところ)

ケガサレ 新宮寺ミコ ケガシ 

さらに悪霊に対抗するための霊力を付けようとしたミコちゃん百閒堂師匠の元へ再び修行に来たところ、“神とまぐわること”を提案されます。

こ…これが…神像…!

―――――

正確には木造の神像でした。この神像との儀式により多大な霊力と神字が授けられるようです。

!! こ……これを……!?

言われたとおり三日三晩、禊で身を清めた後、神像の股間に掛かっていた布を取りさり、いよいよメインの儀式へ。

こんな…大き過ぎますわ…

想像よりも神像のナニが大きかったようです。聖なる油をナニに塗り込み滑りをよくするも、動揺は隠せないミコちゃん

ハァッ ハァ ハァッ

神像は仰向けに横たわっている姿勢なので、その上から跨がろうとします。

騎乗位の体位を取るカタチですね。

んっ… あっ… ああ

自分の女陰を指で拡げながら亀頭部分を受け入れるミコちゃんしかし、太すぎたのかそれ以上に挿れるのが難しいようでした。

「あう……」
「だ…だめ…」
「きついの……」

苦しいので一度抜いてしまうミコちゃんです。

は……

しかし修行の一貫と割り切って再びチャレンジ。再びまたがった後、一気にナニを自分のアソコへ埋めていきました。

あふ…あ…奥に…当たる…う

子宮が押し付けられるほど大きい神像のイチモツでしたが、全て収めることができたようです。

う…… んん…

ここで幻覚が重なっていきます。木造であるはずの神像が両手でミコちゃんの肩を掴み、彼女を上下に揺らしてきました。

出典:霊能探偵ミコ 21話 より

実際に神像の手が動いたわけではないのでしょうが、感覚としては神像がしっかりと掴かまれていたのでしょう。

奥の社に鎮座している神像ですが、歴代の巫女がミコちゃん同様に、この儀式をしてきたということですかね?

ならば、彼女たちは竿姉妹ということになるのか……。(笑)

ふ…あ あ

快感が走っているのか、惚けた表情を見せるミコちゃん口が半開きでよだれが垂れている姿がエロいです。

“神とのまぐあい”の儀式はうまく発動したようですね。

!! あっ…ああ…

突然、何かがミコちゃんの膣内に流れ込んでくるのを感じます。神像は木造ですが、明らかに射精された感覚を受けました。

・・・・・・・・・

そしてひたいと胸には神の文字と言われるものが、刻印されて光だしました。無事に儀式が終了。

ミコ えろめも

儀式 全裸 乳晒し まん晒し 騎乗位 神像交合 性交♡ よだれ 膣内射精♡

ぷち補足

これにより必殺技“掌破天”をゲットしたミコちゃん。この技を発動すると敵に強烈なダメージを与えることができるのですが、副作用で発情してしまうというオマケ付き。

ヒロピン要素の追加といった感じですかね。お約束でほとんどが役得キャラ、カンロクがオイシイ思いをするのですがね。(笑)


Amazon Kindle: