『レッする!ジ・アンダーグラウンド』#04 ヒロインがクモの糸でアソコを擦られて感じまくる

スポンサーリンク

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

『レッする!ジ・アンダーグラウンド』2巻#04 のエロ場面特化感想です。
今回は巨大なクモ型の刺客に襲われるミキちゃん

#04 ACT:03(END) 裏社会から来た男

ケガサレ 東雲ミキ ケガシ ナタラージャ

ミキを強敵と認識したナタラージャが真の姿に変身しました。通常は可愛い少女ですが、巨大なクモの化け物に。

「うわわ ちょッ なッ…!?」
いきなり巨大なクモが現れて突進してきたので、さすがに驚くミキちゃん

今は学園祭の真っ最中。こんな化け物を他の人達の前に晒すわけにはいかないので、校舎の屋上へおびき寄せます。

逃げるミキのスカートをナタラージャの鋭い脚先が刺さりました。
せっかく菜々子が作ってくれたメイド衣装が台無しになり怒るミキちゃん

スピードは変身前より遅いので攻撃はかわせますが、固くて打撃が通じず。
デッキブラシを手にして殴りつけても、ブラシの柄が折れてしまいました。

「 うぐッ!? 」
隙きを突かれてミキの腹にクモ脚の打撃がヒット!!

倒れ込むミキに追撃の顔面打撃!

「 いやッ… ああ…!! くッ… あ…!! 」
そのままひるんだミキに脚を絡めて捕まえてしまいました。力が強すぎて脱出できないミキちゃん

食らってやると言ってきたナタラージャに、人を食べにきたのかと尋ねるミキ

ナタラージャの言うことには、目的はムエイの王女。
強き者の幾万もの遺伝子をムエイの秘術で掛け合わせ、ムエイの王女の胎内を借りて「真王」を創り出すことでした。

この時点でミキがムエイの王女とは気づいていないようす。

「 むぐッ… 」
脚の一本がミキの口の中に押し込まれます。
指フェラされて苦しがるミキちゃん

「 んんッ… んぐうッ… 」
さらにミキをマングリ返しで動けなくし、糸を吐き出し始めるナタラージャです。

校舎の二つの棟の間にクモ糸で床を作り出しました。そのまま床にミキを固定してしまいます。

「 く… 」
全く動けない状態で危険を感じるミキ

「 ひッ…!? 」
ナタラージャが糸をぐっと引きました。
丁度ミキの股間の割れ目に食い込んでいる糸なので、刺激が敏感な部分に伝わってきてビクンとなっちゃうミキちゃんです。

「 ヤッ… だめぇッ…! 」
ぐいぐい引っ張られる糸が完全に割れ目に食い込んじゃっています。
パンティの上からでもくっきりとわかるほどに。

「糸 引っ張っちゃ…」
「こすれて…あッ……」「ああッ…♡」

こすられる刺激で快感の甘い声が出てしまうミキちゃん。

ミキちゃんのマンすじに思いっきり食い込む糸です。ずりずりと擦られてエロい刺激が伝わっているようす。

その下のコマではアップになった股間が描かれていますね。このときの詳細がわかるという作者側のサービス!

糸とパンティの布越しであるにもかかわらず、真ん中あたりにぷくっとわずかな膨らみが確認できるのですよ。

糸の擦る刺激でしっかり感じて勃ってしまったミキちゃんのクリト◯スですね。

「あぁッ…♡」
ヒロインのお豆が刺激されて♡マークがついちゃうほどの快感でした。

「 このエログモっ!! 」
「絶対ブッとばしてやるんだからあ!!」
強気な発言をしますが、動けないのでどうにもならず。

「 あッ… やッ… そこダメぇ…♡ 」
服の中にサワサワと入り込んでくる数本の糸。
今度はミキちゃんの乳首に巻き付けてきました。

ミキちゃんは乳首も敏感なようです。

服の隙間から潜り込んでミキちゃんの双丘にたどり着いたクモ糸が、そのまま頂上を制覇しにかかります。

くりくりッと数回巻き付かれるミキちゃんの乳首。

「やッ…」「そこダメぇ…♡」
乳首も弱いのか甘えた声が出てビクンッと感じちゃうミキちゃんです。

この糸攻撃により、ミキちゃんは上のお豆と下のお豆の両方を同時に刺激されてしまったのでした。


そこに助けにきたケンジが登場。ミキに向かって走ってきます。

しかし足元は糸で作られたトランポリンのような不安定な床。ケンジが走る振動が、そのままミキちゃんの股間にも伝わって刺激されてしまう状態です。

「 ふあッ あはッ んあッ 」
ますます糸が割れ目に食い込んじゃうミキちゃんです。
ズンズンと刺激されて、お股がキュウウッとなっちゃってますね。

「 大ッ嫌いッ!! バカぁあああ~~ッ!! 」
ミキちゃんビクンビクンと絶頂!

糸の刺激に快感を得ながらも何とか耐えていたミキちゃんですが、最期はケンジが皮肉にもトドメを刺してしまいました。

アヘ顔晒しちゃうヒロインです。

ミキちゃん絶頂顔の次のコマは、力が抜けたケンジが振ってくるアクション描写。
つい見逃してしまいそうになりますが、絶頂余韻で感じているミキちゃんがしっかりと描かれていますね。

「ん…」「あッ」
よだれ垂らして喘ぎながら、乳首もビンビンに感じているのがわかります。

エロくて良いですね。

「 これで…… おしまいよッ!! 」
ケンジがコケてミキの上へ落下。

その拍子で負荷がかかった糸が切れ、そのまま地面へ向かって落下。
一瞬のチャンスを逃さなかったミキナタラージャにパイルドライバーのような技を決めて叩きつけました。

ナタラージャを粉砕してピンチ脱出。

しかし下にあった屋台のコンロの火が糸に引火して大爆発。ミキを抱えてなんとか逃げるケンジ

ミキ えろめも

腹パン 顔蹴り マングリ返し 指ふぇら 蜘蛛糸拘束 マンズリ♡ クリ勃起 乳首攻め 乳首勃起 絶頂♡ アヘ顔 まん汁

ぷち補足

巨大クモの糸でまん擦りされちゃうヒロインでした。力の強い女子高校生でしたが、秘宝を失ってからは力で押え付けられるとどうにもならないレベルになっています。

逃げるときのミキちゃんの左内股が濡れていますが、これはクモ女に杭が刺さったときに出た体液がかかったものでしょうね。


DMMブックス:

レッする!ジ・アンダーグラウンドシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMMブックス
https://amzn.to/48uSaWp