『サタノファニ』179話感想 信じればちんこが還り来るか?

『サタノファニ』(漫画:山田恵庸) 179話 堂島真希、エロ場面特化感想&妄想記事です。

179話 幸せ

メインエロ有りで引き続き真希ちゃんのシーンだったのですが、今回個人的には、モブ信者がインパクトあるセリフで陰の主役をかっさらったような気がします。笑

輪姦される真希ちゃん

ケガサレ 堂島真希 ケガシ 真聖教団幹部候補

エロ場面は前回の続きのシーンです。

178話にて真聖教団の儀式により幹部老人に処女を散らされてしまった真希ちゃん179話ではその続きで信者幹部候補たちからの陵辱描写。

男達に突かれまくって喘ぎまくる真希ちゃんです。

周囲には強烈な微香である“催淫香”が漂っているので、嫌がっていながらもカラダはものすごく感じちゃっていることでしょう。

その証拠とも言えるよだれ垂れまくりのアヘ気味の表情がきちんと描かれています。

虚ろ目になって横たわる真希ちゃん
カラダ中に男性信者たちにぶっかけられた精液を浴びまくり。

もちろん、膣内にも男たちが注ぎまくったことでしょう。

この儀式の最終目的は、零元しぐまのとりあえずの器として、真希ちゃんを使用すること。
精神的に限界が来るのは、むしろ真聖教団側が望んでいることか?

堂島真希 えろめも

全裸 乳晒し まん晒し 強姦 輪姦 性交♡ 後背位 ぶっかけ 顔射 喘ぎ♡ 膣内射精♡ 仰向け 虚ろ目


ちんこが還り来るかッ

重要な教団の儀式中なのですが、なかには自分の欲望を抑えきれない2人のモブ信者の姿も……。

とりあえず、ここでは見た目からシンプルにハゲモブ信者M字ハゲモブ信者と呼ぶことにしましょう。

絶対に復讐をする気迫を見せる美依那ちゃんに、ちょっかいを出しはじめるハゲモブ信者
手足を拘束されて四つん這い状態の美依那ちゃんのお股に手を突っ込んできました。

美依那ちゃんも周りに漂っている“催淫香”のせいで、発情状態なのは真希ちゃんと一緒。指を挿れられたおま◯こからは、まん汁ダダ漏れ状態です。

クチュクチュと指を突っ込まれて、甘い声が出てしまう美依那ちゃん
モブキャラ役得シーン。

もうひとりのモブ信者、M字ハゲのほうは楊紅花に手出し。

楊紅花の口枷をわざわざ外して、強引にフェラを実行です。
ちんこで楊紅花の口中を堪能するM字ハゲ信者

しかし、そのまま快楽だけを得られるというわけにはいきませんでした。
楊紅花の口の中に自らちんこを突っ込んだ時点で、最悪の選択だったよねえ。

楊紅花のチタン製の歯が、M字ハゲ信者のちんこを噛みちぎり!

全男性読者の股間が、ギュッとなりそうな展開だ。笑

「いずれ還り来る」と無責任な言葉で励ますハゲモブ信者に対して、

ちんこが還り来るかッ

出典:『サタノファニ』179話より

M字ハゲモブ信者が自分の信仰を否定してしまった瞬間ですね。

そりゃそうだろけど。笑

失った”ちんこ”は還り来ないのは明らかです。
自分の”ちんこ”ともなれば、なおさら深刻な問題でしょう。

しかし、それはあくまで真聖教団の外である我々の常識での話でした。

許されない!
真聖教団の信仰を真っ向から否定する発言は、絶対に許されようがない!!

静かに微笑んで断言するひよ里ちゃん
そうだね。還り来るのなら問題無いよね!

真聖教団を信じていれば、失われた”ちんこ”もカムバックだ!

モブおっさぁーーん!!

教団を否定してしまったモブには死が待っているだけでした。
ちんこどころか、本人さえ還り来なくなってしまいました。

モブキャラだけど、主要サブヒロキャラに対してエロ行為をしてしまったので、まあ、命の保証は無いのが運命でしょうが、早すぎ。

しかも味方の手によって始末されてしまうとは……。

いや、真聖教団的には、100%還り来るんだろうけど。笑

【追記】のちの184話にて、M字ハゲ信者は、横山坊と判明!!

美依那 えろめも

指マン まん汁 喘ぎ♡

楊紅花 えろめも

いらま♡ 顔面蹴り

ぷち補足

ケガシキャラ評
ハゲモブ信者:儀式の合間に独断でエロ行為。美依那に指マン刺激で見せ場をつくる。
M字モブ改め”横山坊”:儀式の合間に独断でエロ行為。楊紅花にイラマチオ。但し、ちんこを噛みちぎられてしまう。「ちんこが還り来るかッ」のセリフ爆誕。

ハゲモブ信者のほうも美依那にちょっかい出してオイシイ思いをしてしまったので、フラグが立ってしまい、生き残る確率がかなり低くなってしまったのでしょうね。


ヒロイン側勢力に位置しているフリーライターの斯波のおっさんも、いろいろセリフ言い回しで頑張って入るけど、このぐらい命を掛けないとインパクト与えられないんだろうなあ。笑


DMMブックス:

サタノファニシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)