『性食鬼』82-84話 感想「水着の女」探しゲーム : 長谷さやか編

『性食鬼』(漫画:稲光伸二) 11巻収録82話~84話 長谷さやか特化感想です。

コミックで2冊にまたがるほどに間延び感を与えてしまったためか、いまいち評判が低いように感じられる「水着の女」探しゲーム編

しかしメインキャラのエロじゃないからこそ、こちらのブログでは取り上げたい!サブキャラも思いれが強くなるほど、よりいっそう彼女たちのエロ場面が楽しめると考えるのですよ!(笑)

82話 セーラー服を脱がさないで

ケガサレ 長谷さやか ケガシ カガラグル

投票のポイント順に自分の疑いを晴らすことになった9人の女子たち。3番手は長谷さやかちゃん

お願いします マイナスボタンを押してください

水着の女としての疑いが減るとマイナス評価が入り点数が下がります。さやかちゃんは既に下着姿になっていますが、46点で暫定1位のまま。

男子がなんだかんだ理由を付けてポイントを留めていたのが理由でした。この状況を利用して、更にさやかちゃんを脱がしたいらしい。

男子サイテー!

「水着の女」は乳輪が異常に大きいはずだったから、実際にブラをとって見せてくれればマイナスにすると男子たちが言ってきます。

うすうす感づいていたけど 私のってやっぱり大きすぎだったんだわ…

話題になっている「水着の女」の正体はもちろんヒロインいずみちゃんなのですが、乳輪が異常に大きいという声を聞いて、地味に凹んじゃってますね。(笑)

大丈夫!ヒロインのおっぱいは綺麗だから!乳輪のサイズは個性の差に過ぎないからっ!

・・・ (ズキーーン)

男子たち「ブ・ラ・ジャー!」コールが体育館に響きます。それを聞いて、なぜか胸がドキドキしはじめるさやかちゃん

・・・・・・

観念したのか、静かにブラジャーを取り去っておっぱいを晒しました。

乳輪は色が濃い目の小さめです。

ちょっと…! 約束が違うじゃないですか

しかし下がったとはいえポイントは38点でまだ暫定1位。男子審査員の全てが乳首を確認できたらマイナスを入れるという約束を守ったわけではありませんでした。

・・・・・・

さらに男子たちさやかちゃんの股間を見て「水着の女」ではないことを確認したいと無茶な注文!

つまり、さやかちゃんにおま◯こを晒すことを強いているのですね。

男子、サイテー!

長谷さやか えろめも

下着姿 乳晒し

83話 どこまでやるの!?

ケガサレ 長谷さやか ケガシ カガラグル

長谷さやかちゃんは頼まれたら嫌と言えない性格で、周りの評判も良い子。しかしそうなったのには複雑な理由があり、9年前の出来事が影響していました。

・・・・・・

今は高校3年なので9年前といえば小学3年生の頃ですね。可愛いです。

皆とゲームをしている最中に、罰ゲームを受けることになってしまったさやかちゃん

・・・・・・

罰ゲームの内容は同じくゲームに負けた佐々木くんとキスをすること。女子の会話内容からクラスで人気者のイケメンキャラのようです。

・・・・・・

しかし、ここでさやかちゃんが罰ゲームを受ける覚悟ができなくて脱走!


・・・・・・

翌日から地獄の日々が始まりました。教室で自分の机がめちゃくちゃに荒らされているのを目のあたりにします。

逃げたさやかちゃんに対しクラスの女子たちの陰険なイジメ。

子供は残酷だからなあ。いや、こういうドロドロは子供の世界だけに限らないか。

佐々木くんのこと 好きだったのに……

さやかちゃんが特に可愛いということもあって女子たちの嫉妬がさらにイジメを過激にしてしまったようです。

時には頭から牛乳を掛けられるほど酷い目にも……。その姿を見て、好きだった佐々木くんも一緒に笑ってきたことにショックを受けます。

ごめんなさい もう許してください

小3さやかの選択は人生始めての土下座!!
クラス女子の陰湿
極まるイジメに対し、完全屈服!!

あ―――

・・・ (ざわ… ざわ…)

しかし土下座程度では許してくれなかったクラス女子たち。同じクラスの「キモ川」くんとキスをさせることを強いるのでした。

イジメ、ダメ、絶対。

この後の描写は無いのですが、おそらくさやかちゃんは「キモ川」くんと皆が見ている前でキスをしてしまったのでしょう。

悲しいことに初キス経験であったのは間違いない。

そしてこの出来事が、相手の命令に従った時にマゾ的快感が生じ喜びを感じてしまう始まりだと思われます。

私が本物の「水着の女」です 今まで隠していてすみません

途中、見かねたいずみちゃんが自分が「水着の女」であることを告白するのですが、スルーされちゃいました。

「そういうのいいから」状態です。(笑)

そりゃあ、男子たちにとってはさやかちゃんの裸を見られるか否かと言った重大問題に比べたら、邪魔なだけですものね。

はあっ は…ッ

見せる覚悟を決めてパンティを下ろしていくさやかちゃん。なにやら息づかいが荒くなってきています。

・・・・・・

パンティを足元まで下ろして、ほぼ全裸状態の姿を皆に晒してしまいました。

ん…… はあっ

自分の裸を見られていることに興奮しだしているのか?なにやら疼き始めています。

…… (くら くら)

しかし男子達のほうは、さやかちゃんがお股を両手で隠しているのでまだ満足できていないようす。きちんと手を避けて見せるように要求しまくり。

・・・・・・

10秒だけと告げて、さやかちゃんが両手を後ろに回します。ついにおま◯こはっきりと皆に見られてしまうことになったさやかちゃんです。

んッ んう… (ビクッ ビクン)

皆の視線によって身体に衝撃が走りました。ビクンビクンと痙攣させて、軽くイッてしまったようす。

出典:性食鬼 11巻84話 より

着ぐるみのカガラグルは、エロスを視覚化して確認できます。次の84話で語られているのですが、この瞬間のさやかちゃんは大量にエロス上昇。

皆の命令に従い裸を見られたことに興奮し、絶頂してしまったということですね。

ここで男子生徒たちから歓声と拍手を浴びます。ポイントも一気に-84点に。

喜んでもらえて安堵までしちゃう長谷さやかちゃんでした。

長谷さやか えろめも

脱ぎかけ 乳晒し まん晒し 絶頂♡

84話 毎度おさわがせします

ケガサレ 長谷さやか ケガシ カガラグル

次は高幡美咲の番なのですが、ここで最後尾に移動するさやかちゃんにハプニングが!

はいっ すみませ…

皆に喜んでもらえたことにより恍惚状態でぼーっとしていたさやかちゃん。戻っていいと加賀先生(カガラグル)に声を掛けられて我に返ります。

きゃあ うん…

しかし、パンティを足元まで下ろしていたことをすっかり忘れていたのでした。つまづいてしまい豪快にステージの上で転倒です。

出典:性食鬼 11巻84話 より

ハプニングさやかちゃん。転倒しちゃってまさかのお股おっぴろげ至近距離公開。この漫画のモブ男子たちは、ホント役得すぎる。

四つん這いなので、お股の中心がちょうど正面に来ちゃっている状態。もっともおま◯こが見えやすい姿勢になってしまいました。

出典:性食鬼 11巻84話 より

しかもステージの上なので、男子たちの顔の高さとちょうど同じぐらいに!

たしかに同じ学校の可愛い女子のこれを見せられて勃起しない男子は、逆に心配されるだろうレベル。

左足にかかっているパンティがこの災難の原因ですね。

パンティを下ろしていることに気づかなかったさやかちゃん自身の不注意でもあります。

あっ すみません すぐ…

不幸にも男子達にお尻を向けて四つん這い状態になってしまったさやかちゃん何も履いていないので、ステージ近くにいた男子たちには、おま◯こが近距離で丸見え。

女子のひとりが、さやかちゃんに見えてることを注意しますが、すでに時遅し。

ステージ上に備え付けられていた巨大モニターにも、さやかちゃんのお股が映し出されている状態でした。

しかもよりによって、おま◯こがぱっくりと開き気味。

いっ いやあっ

現状を把握して、身体を手で覆い隠そうとするさやかちゃん

しかしただでさえさやかちゃんの全裸を見て限界が来ていた男子には、この大画面お股映像はトドメの一撃でした!

体育館のいたるところで、クリの花の匂いがしまくり。変な匂いに気づいて騒ぐ女子たち。

男子サイテー!(しかたがない)

長谷さやか えろめも

転倒 脱ぎかけ 四つん這い 乳晒し まん晒し

96話 一斉解除

ケガサレ 長谷さやか ケガシ いずみエロス

・・・ (ビクン ビクン)

自分の番が終わっても解放されるわけではなく、ステージの端に残っていなければならないさやかちゃん

脱いだ服は箱の中にボッシュート状態なので、靴と靴下以外は何も身につけていません。

そんなさやかちゃんですが、ステージ中央でエロい目にあっているいずみちゃんの番のときに、その強烈なエロスの気に当てられちゃっています。

耐えられなかったようで、誰にも気づかれずに一人で静かに絶頂中。

長谷さやか えろめも

発情♡ 絶頂♡

ぷち補足

3年C組長谷さやかちゃん回。まさかの全裸公開により、後に続く被疑者女子たちの判定にもかなり影響を与えるのでしょう。

メインヒロインいずみちゃんのヒロピン回避が発動しない『性食鬼』ですが、脇役キャラの女の子達も容赦なく脱がされて恥部を晒すはめになってしまいます。

あと「水着の女」疑惑候補に選ばれるだけあってエロス値が高く、どの娘も普通じゃなさそうですね。


DMMブックス:

性食鬼シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle: