『ZINGNIZE(ジンナイズ)』46話&47話感想 敵に拉致され強姦洗脳されちゃうヒロインお菊ちゃん

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

『ZINGNIZE(ジンナイズ)』(漫画:わらいなく) 8巻46話&47話 エロ場面特化感想&妄想記事です。

46話 蛇蝎

ケガサレ お菊 ケガシ 女刺客(敵くノ一)

p02(見開き):
屋敷内でいきなり襲撃にあってしまうお菊ちゃん
天井裏に無理やり引き上げられて押さえ付けられちゃいました。

そしての押さえ付け方が、お菊ちゃんの口に指を突っ込んでの指フェラ状態
やはり作者さんは、お菊ちゃんの指フェラにこだわっていそう。笑

p04:
「手練れって聞いてたのに 隙だらけじゃん」
「雑ッ魚」

刺客は女性でしたね。
この時点でキャラ名が判明しなかったので、女刺客と呼んでおくことにします。

お菊ちゃん「手練れ」と上司から聞いていたらしい。
意外と評価の高かったお菊ちゃんだ。
あくまでも、周りが強い敵すぎるので、いつも負けっぱなしで弱く見えるだけなのか。

p05:
「あなたは…?」
「馬ァ鹿」
「問われて答える忍びがいるかよ」
「頭も使えねぇのか この糞アマァ」

指フェラ状態のままですが、敵に質問するお菊ちゃん
お菊ちゃんが自分に名前を聞いてきたことに対し、馬鹿にする女刺客です。

ヒロインを糞アマ呼びだ。笑

誰なのか名乗ってくれないので、こっちも女刺客と呼ぶしかないのですがね。笑

p06~:
「おわッ!?」
「少々 痛めつけて吐いていただきます」

ここでお菊ちゃんが反撃開始。
天井裏を足で叩きつける反動で、女刺客を振り飛ばしました。

お菊ちゃんの貴重なカッコいい場面です。

p10:
「死ね オラァ」(ギリ ギリ)

実は相手もお菊ちゃん同様に義足持ちでした。
ナイフのような刃が付いた足先を天井裏に刺しながらの高速移動。

お菊ちゃんの背後に回って鉄鎖を首に巻きつけてきた女刺客
またもや優位に。

p12:
「ぐ…」(ギリ ギリ ギリ ギリ)
「こ…殺してやる…」(ギリ ギリ ギリ ギリ)

しかし、お菊ちゃんも反撃。
首を締められながらも、身体を起こして両脚を絡ませる格好へ。
逆に女刺客の腕と首を締め付けて、お互いに我慢比べ状態に。

なかなか健闘しているヒロインです。
相手が同じくノ一とあっては、無様に負けるわけにはいかないか。

p13:
「ぎゃあああぁす」
「えっ!?」

1対1の勝負かと思ったら、ここで背後から毛むくじゃらの巨大な化け物が登場しました。
突然の咆哮に驚くお菊ちゃん

「はっ!?」
お菊ちゃんが怯んだ隙に、女刺客お菊ちゃんの足固めから脱出。

(ずりゅうう)
化け物お菊ちゃんに乗りかかり、押さえ付け。

けっこう良い勝負だったのに、敵側の思わぬ加勢……。
いつものように結局は惨めな姿を晒してしまうヒロインお菊ちゃんだ。

p14:
「あ……」
(ずりゅ ずりゅ)
化け物の毛が巻き付いて、飲み込まれるように拘束されてしまうお菊ちゃん

このときも、お菊ちゃんの口には毛の束が突っ込まれていますね。
これも疑似指フェラのようなもんか。

そして化け物の正体は道牛でした。
お菊ちゃん道牛の毛に吸収されて捉えられてしまったのだけど、この毛むくじゃら部分は部位的に金玉袋だよね?笑

つまり道牛狸の妖怪ということなのか?
顔は細めなので、というよりはアナグマにも見えるし、まとめて「狢(ムジナ)」呼びしたほうがしっくり来るのかな?

菊 えろめも

服剥ぎ 半裸 乳晒し 押さえ付け 指フェラ / 首絞め(鎖)


47話 妙音鳥

46話で道牛に捉えられてしまったお菊ちゃん。最初の場面では、普通に長安の屋敷にいるので時間が飛んだようですね。実はすでに道牛に洗脳処置をされて戻ってきた後だったのが判明。


ケガサレ お菊 ケガシ 道牛(勘兵衛)

そして、その洗脳シーンが後半で、しっかりと描かれていました。

p22(見開き):
「なかなか邪な術だろう?」
(ズツ ズッ ズッ)

道牛にガッツリ犯されちゃっている最中のお菊ちゃん!!

笛を吹きながらズッズッと腰をピストンさせている道牛
お股部分ではお菊ちゃんのまん汁が飛び散ってますね。

お菊ちゃんは裸に白着物を羽織った状態。
お股を開いた格好にされて、縄縛されちゃっています。
口には布で猿轡。

ヒロピン回避:発動せず
間一髪で高坂甚内が助けに来て、めでたしめでたし~とかでは無かった。
やはりヒロインに容赦が無かったこの漫画でした。

21話風魔小太郎に捕まったときは、小太郎はチンコ消失済。
よって全裸拘束されていたお菊ちゃんですが、強姦ルートは無し。
しかし、今回は残念ながら避けらず。

p24:
「~~~~」(ズッ ズッ)

口の隙間からヨダレを垂らしながら、言葉にならない喘ぎ声が漏れています。
道牛のピストンに合わせて、お菊ちゃんの巨乳がはげしく揺れまくり。

p25:
「龍笛の旋律は法悦とともに」
「暗示となって心の襞に刻まれ」

お菊ちゃんを犯しながら、道牛がこの催眠術の仕組みを口にしてますね。
「旋律」「法悦」と暗示となって心に反応するみたいです。

ここ大事!
単に笛の音で洗脳されているわけではないのですよ。
「法悦」しながらという条件付きなのですよ。

「法悦」とは、ようは「エクスタシー」
つまり、お菊ちゃん道牛に犯されて、不本意ながらも身体中に快感が走りまくりってるってことです。

初めて受け入れたチンコが夫婦になる約束をした男以外のモノ。
それにより、しっかりとヨガってしまったわけです。

p26:
「お前は」
「決して甚内と結ばれない」

高坂甚内が好きすぎるだろ、道牛

p27:
洗脳完了したお菊ちゃんの全身像。縦割り2コマ並び。

右コマは白抜きされたお菊ちゃんのシルエットが描かれています。
丁度、子宮部分が黒い筋で埋まった陰になっていますね。

お菊ちゃんの子宮内に道牛の雄汁がたっぷりと注ぎ込まれてしまったのでしょう。

菊 えろめも

拘束(縄縛) 猿轡(布) 全裸 乳晒し まん晒し 強姦 結合♡(立位) 涙目 貫通♡ 喘ぎ♡

ぷち補足

ケガシキャラ評
道牛(勘兵衛): ヒロインを拉致拘束。洗脳処置において強姦を行う。


DMMブックス:

『ZINGNIZE』 シリーズ作品 DMMブックス

Amazon Kindle:


※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

その他作品
りびどるEX