『DEEPS潜入捜査官・美姫』12話 13話 エロ描写ぷち感想

DEEPS潜入捜査官・美姫

12話

ケガサレ 美姫 ケガシ 福原

土曜日の早朝。パンティ姿に白シャツを羽織っただけの美姫ちゃん。どうやらこれが美姫の寝巻きスタイルのようです。

遅めの朝を迎えた美姫。ピンポーンとチャイムが鳴るので、妹が忘れ物をしたかと思い、ドアを不用心に開けます。

そこに立っていたのは福原センパイ。半裸姿を見せてしまい、慌てる美姫ちゃん。乳首が見えちゃっているよ。

用事があるのでと福原に帰ってもらおうとする美姫ですが、ビデオを観るために家にいるという会話を聞かれてしまっていました。「おまえはオレの女だ」「そうだろ?」

一度、落ち着いて話し合いをする必要を感じた美姫ちゃん。着替えてくるので少し待ってほしいと言いますが、福原はそのままでいいよと、強引に部屋へ入ってきました。

そこへ今度は本当に美姫の妹がドタバタと慌てて、忘れ物を取りに戻ってきます。ベッドに寝ている美姫を見て、まだ寝てると呆れる妹。

福原も美姫の後ろで布団に隠れている状態でした。妹がケータイを探している間に、美姫にいたずらをしはじめる福原くん。美姫の股を指で撫ではじめます。

「だめっ」美姫が小声で伝えるのですが、止まらず。

ツプ…

構わずに指を美姫のま◯こに入れてきました。

「ひぁう」「あ」「あ…」

感じて声が出るのを我慢する美姫ちゃん。福原は更にズププと奥へと指を突き刺します。

妹は福原には気づかずに、無事ケータイを見つけて再び外出。一難去って、「くふぅ…」と安堵する美姫。

妹が出ていったのを確認した福原は、ガバッと掛け布団を放り出し美姫の股間に顔を埋めて愛撫をし始めました。

「あ」びくんびくん

舌をま◯こに突き入れて、クンニを始める福原。そして我慢できるわけもなく、後ろから美姫にち◯こを挿入!

クンニをされているときの美姫は、肌けているとはいえシャツを着たまま。そして、いざ福原が挿入しようとしているとき、美姫はシャツは脱いで全裸です。一方、福原のほうもズボンとパンツを脱いで下半身は全裸。

美姫は福原とのセックスを拒否するところか、歓迎しているようなものです。

シーツを手でつかみ、バックの姿勢で腰を上げて福原がち◯ぽを挿入するのをおとなしく待っている美姫ちゃん。嫌がりながらも本当は挿れてほしいのが態度に表れています。

「あ」

入る瞬間に軽く声がでる美姫。

ズププ… 「あ」「あ」

バックの体位で激しく美姫を突きまくる福原。

ズプッ、ズズッ、ズプ「あ」「あ」「はァ」「あ」「は」つい甘い声で喘いでしまう美姫ちゃん。

ベッドがギシギシと揺れちゃってますね。美姫ちゃん、はじめての正当なギシアン体験♡相変わらず感じやすいのか、おま◯こ濡れまくりです。

ふつうにセックスを楽しむラブラブカップルにしか見えません。

犬のように四つん這いになっている美姫ちゃんを、休むヒマも与えず突きまくる福原くん。この前の学校ではフェラチオ止まりだったからでしょうか。相当、欲求不満で溜まっているようです。
美姫を本人のベッドの上で犯しているという状況も、さらなる興奮を高めるには充分な要素でしょう。

しばらくしてから今度は仰向けに美姫を寝かせました。美姫の膝を曲げて屈曲位気味に再びパコります。

「ひ」「センパイ激し…」「あ」「ハッ」ズッ、ヌプ、ズップ、ズプ 猿のように突きまくる福原くん。

口を大きくあけて恍惚の表情を浮かべる美姫ちゃん。乳首もピンピンに勃ててメス顔で感じています。結局、福原とのセックスを楽しんでしまい、まんざらでもないのが伝わてきますね。

今度はベッドに座って美姫を抱え、ピストン運動を始める福原くん。背面座位というやつですね。
ここぞとばかりに美姫といろんな体位を試そうとする福原くんです。自宅で入念なシミュレーションでもしてきたのでしょうか?(笑)

美姫ちゃんもスケベっ娘の本領発揮です。結局、流されるままにノリノリで福原とのセックスを楽しんじゃってますよ。嫌ならいつでも止められる機会があるというに……。

背面座位で美姫の太ももを両手で抱えている福原くん。このとき、美姫の右手はしっかりと自分のま◯こを愛撫しているのです。しかも福原くんのち◯こがピストンしやすいように、自分のま◯こをくぱあと指で拡げちゃってます。同時にクリトリスもイジっていることでしょう。

これで、自分は福原にされるがままだったなんて、言い訳できないレベルです。

ここエロ

自らま◯こを指で開くほど成り行きセックス楽しむ美姫ちゃん。当然、自分で積極的に腰を動かしている状況もあったことを想像できます。覚えたてセックスに没頭する美少女JK。

「う…た…高島っ」「出るっ…!」福原くんの中出し宣言に、さすがに我に返る美姫ちゃん。あわてて「外に…」とお願いしますが、膣内で発射された模様。

その時、ピンポーンとチャイムの音が。ドアの外で「野島です」との声。

バックで福島と繋がった状態で、突然の野島の訪問に慌てる美姫でした。

美姫えろMEMO

裸Yシャツ 手マン 指挿入 クンニ 淫汁垂れ 挿入待ち♥ 掴みピロー 掴みシーツ 四つん這い 性交 後背位 屈曲位 背面座位 膣内射精

13話

ケガサレ 美姫 ケガシ 福原

「野島です」の声につい、「の、野島さん!?」と応えてしまった美姫ちゃん。居留守を使うべきでしたが、慌ててしまいましたね。

そりゃあ男とつながっているときに、いきなり訪問されたら慌てますよ。しかも訪問者が大好きな男性。まあ、好きな男がいるの、別の男とセックスしまくり最中だったスケベっ娘ですがね。

野島からも前もって土曜日に話をしようとのメールをもらっていました。章枝たち親子の事件に巻き込まれた美姫を気遣っての誘いです。

つまり、そんなことはすっかり忘れていて、福原とのセックスに没頭してしまっていた美姫ちゃんです。罰があたったようなものですね。

「ちょっと近くまで来て」「お茶でもどうだい?」部屋の窓越しに話しかけてくる野島。

せっかくの好きな人のお茶の誘いです。だけど、別の男のち◯こが後ろから自分のま◯こに入ってる状態です。

「―その…今日は… ―えっと…」なんとかごまかすしかない美姫。美姫の話しかけている相手が、海の浜辺で会った刑事だと福原は気づきました。

「渡したくない」再び、美姫をバックから突きはじめます。

「あ」「ああ……!」

窓の外に野島がいるので、よがり声を出すわけにはいかない美姫。会話できるほどの距離なので大変危険な状況です。

窓に野島のシルエットが映っていますね。外のほうが明るいから、野島から美姫の部屋のなかは曇りガラスが反射して見えづらいのでしょうか?同じくらいに見えていたら、なかで美姫が誰かとセックスしているシルエットがくっきりとわかってしまいますからねえ。

「あ…」

福原の力強い突きに、おもわず声も漏らす美姫。「どうした?」野島は心配そうに聞きます。

「う…ううん」「なんでもな…」まともに返事をすることができません。

ズッ、ズプ、ズッ、ズッ、ズプッ 福原センパイのピストン運動は止まらない!

「お願い…やめて…!」との美姫の懇願に、「聞かせてあげようよ!」と更に激しく腰を動かす福原くん。

「ふ」「ぐう」 口をおさえて美姫が耐えようとします。

ズン より強く深い福原の突きが炸裂!「う」「あふっ」 なんとか耐えきった美姫ちゃん。

ここエロ

なんとか野島には誤魔化せた美姫ちゃん。でも窓越しに会話できるほど声が通るってことは、さっきまでのち◯ぽ突かれて「あんあん♥」出しまくっていたJKの喘ぎ声が、通路側に思いっきり響いていたってことだよね。

美姫の都合が悪そうだと察した野島が、また出直すよと去っていきました。福原くんが行為を続けているので、ベッドはギシギシ鳴りっぱなしだよなあ。聞こえなかったのだろうか?(笑)

ぶるっ「く…」「うっ」と福原が震えて声を出しました。中出しするのを感じた美姫は、「だめえ」と止めようとします。しかし、むなしくドッとたっぷりと美姫の膣内へ注ぎ込まれる精液。

まあ、生でさっきからヤリまくりですからねえ。福原くんの漏れ続けた精液なんて、とっくに美姫ちゃんの子宮口まわりにもまとわりついてるってもんですよ。

そして、福原だけではなく美姫ちゃんも同時に絶頂を迎えたようです。一緒にプルプルと震えて、しばし余韻に浸るふたり。皮肉にもセックスの相性はばっちり。

「あ…あ」

絶頂時にイキ顔で大きく開いた美姫の口からは、ヨダレがだらしなく流れ落ちています。ドクッドクッと脈打って精液を注ぎ込むち◯ぽに対し、美姫のま◯こはビクビクと歓喜しているようす。

「責任は取るから…」そう言い残して、福原くんは去っていきました。最後にもう一回だけ出てきて、美姫に振られるのですがね。(笑)ある意味、やり得な福原センパイ。

美姫えろMEMO

四つん這い 後背位 性交中誤魔化し 喘ぎ我慢 膣内射精 同時絶頂 よだれ 精液垂れ

ぷちまとめ

福原を相手に美姫の2度めのセックスシーンの回でした。いやあ、もう美姫がエロいエロい。
断れないどころか逆にしっかりと福原とのセックスを堪能してしまった美姫。しかも、大好きな野島を窓越しに会話しながら、別の男のち◯こに突かれてしまっているという、ものすごいシチュエーションです。ある意味、特殊プレイですね。

美姫:KGR★★★★★

潜入捜査官・美姫シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍