『はぐれアイドル地獄変』5話 エロ目線ぷち感想 オオアリクイが頑張った

『はぐれアイドル地獄変』(作・高遠るい)5話め。ヒロイン海空(みそら)のTVでのお仕事は、輸送中に逃げ出したオオアリクイを捕まえるとの所属会社からの指令でした。

5話 「静かな夜に」

深夜の12時半、多摩川の河川敷にてビデオカメラをセットしてアリクイ待ちの海空ちゃん。指示された黒光りのキャットスーツを着ています。

VS エロAD

ケガサレ 海空 ケガシ 登呂

付添はADの登呂だけだったが、この男がくさん臭かった。

父が国会議員、兄がキャリア官僚という権力のコネをちらつかせて海空にエロ行為を迫ってきました。

空手ができて強い海空ですが、仕事ができなくなる可能性にビビってしまい何もできず。ブラジャーを外されて、巨乳がはじけてさらけ出されます。

抵抗できない海空の乳首をペロペロと登呂が舐め始めます。涙目で耐える海空。刺激されたことにより、意に反して乳首が勃ってしまっているようですね。

しかし登呂のエロ行為はここまででした。草原に潜んでいたオオアリクイさんの強力なシッポビンタを喰らい吹き飛んでそのままダウン。

海空えろめも

キャットスーツ 衣服剥ぎ 乳晒し 乳舐め 乳首いじり

VS オオアリクイ

ケガサレ 海空 ケガシ オオアリクイ

すぐそばで寝ていたらしいオオアリクイ。のそのそと移動しはじめます。当初の目的を思い出した海空はオオアリクイを捕獲しようと試みることに。

しかしオオアリクイも素早かった。海空が押さえに来たところを余裕でかわします。そして海空のその行動で敵認識したオオアリクイが逆に攻撃を開始。

ぬぅ~と立ち上がり、驚いている海空をめがけて鋭い爪のある前足を振り下ろしましたキャットスーツがパンツごと裂けて、股間まであらわに。

正面はまずいので横に回ろうとした海空ですが、番組用に側にセットしておいた蜂蜜で滑ってしまい転倒。蜂蜜の匂いに惹かれたオオアリクイは、海空に近づいてきます。

滑って尻もちついてM字開脚の海空。そのお股へ長い舌を伸ばしてきました。チロチロとまんペロ。焦って両手で塞ごうとした海空でしたが、細い舌が器用に指の隙間を通って挿入

海空ちゃん、初めてのま◯こへの舌挿入がオオアリクイ!

解説コマが載ってるよ。オオアリクイの舌のピストン速度は1分間に150回らしい。(笑) 1秒に2回以上で刺激されてるわけですね。

「おっ おかしくなっちゃう~」

ガクガクとカラダを震わせながら涙を流して、しっかり海空もオオアリクイさんの舌技に感じちゃってます。しかも相当気持ちいいようです。

「んッ」「おお~~ッ」仰向けに倒れ込んだ海空ちゃん。しっかりとイかされてしまいました。ビクンビクンと痙攣しちゃってますよ。

断面とはいかないまでも、海空に挿入されているオオアリクイの舌だけはきちんと描かれていますね。長さ的に子宮口までばっちり達しているのでしょう。

満足しておとなしくなったオオアリクイさん。

海空えろめも

服剥ぎ クンニ 舌挿入 ビクン♡ 絶頂♡

ぷちまとめ

沖縄から上京してアイドル活動をする海空ちゃん。

黒髪純情空手少女だったので、もちろん処女スタートヒロイン。 しかし事務所的にはAVにまで進出するセクシー路線・エロ路線なので、想像していた世界とは違う状況に。

まあ、だからこそヒロインのエロピンチの機会は増えるので、読者側としては嬉しいのですがね……。

5話にて初クンニの相手がオオアリクイという変化球は、意外性があって良かったです。しかも完全に膣内を舐め回されてしまいましたね。

海空:KGR ★★★ 海空の膣内とオオアリクイ舌の粘膜結合

はぐれアイドル地獄変シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍