『寄性獣医・鈴音』3巻 エロ描写考察・ぷち感想

春輝作『寄性獣医・鈴音』です。

3巻は更にエロさ増大するので、とてもお気に入り。まあ、いつものごとく当ブログでは、よほどのことでもないかぎりメインヒロインのエロピンチ以外は追わないので、該当箇所へ飛びますけれどね。(笑)

まあ、他のキャラがエロい目に遭うシーンも充分興奮はできるのですが……。

21話 獣の巣

ケガサレ 鈴音 相原 ケガシ 元レスラー

芸能プロダクションの事務所から脱出した鈴音と相原。街中の袋小路らしきところでは、以前出てきた元レスラーやらモブ男性集団やらが女の子を囲って野外プレイ中です。

ひそかに蟲の影響で住人皆が性衝動を抑えられないような事態になっている。

元レスラーが鈴音と相原に気づき、リストラされた恨みで追ってきました。なんとか、廃屋に逃げ込む二人。

廃屋は野犬が群がっていて臭いニオイが立ち込めている。相原はニオイに敏感すぎて苦しそう。
そして追いついた元レスラーもものすごくクサい。(笑)

いきなり元レスラーにキスをされた相原、あまりのクサさに一瞬にして気絶。

妄想18禁ルート

元レスラーを振り切って廃屋へと逃げ込むことに成功した鈴音。しかし、そこは野犬たちの住処。蟲の影響を受けた鈴音の出すフェロモンは、犬たちにも作用した。オス犬たちが鈴音を囲み勃起したペニスを擦りつける。限界が来て動けずに四つん這いになって倒れ込む鈴音。オス犬に襲われるのは時間の問題だった。ついに彼らの一匹が交尾の姿勢を鈴音にとる。すでに濡れまくっていた鈴音の膣口に、いともたやすく獣のペニスが入り込んだ。初めての性交相手が犬となってしまった鈴音。しかしカラダを貫く快感にどうでもよくなって喘ぎだす。今できることはこのオス達にメス犬として奉仕をすることだけだった。それから小一時間程経った。鈴音を探していた本田が目にしたのは、勃起コブで犬とガッチリと繋がったまま、アヘ顔を晒して悶える鈴音の姿だった。蟲の影響により活性化した犬の精子は、既に鈴音の卵子にたどり着き受精を済ませていた。だが、ヒトとイヌとでは受精卵が育だちきらずに崩壊することは不幸中の幸いだったといえよう。

元レスラーは鈴音にターゲットを変更。カラダが疼いて動くのも精一杯の鈴音はすぐに捕まってしまいます。

鈴音の巨乳にしゃぶりつく元レスラー。立っているのもつらい鈴音はその場にへたれ込むも、元レスラーに強制フェラをさせられました。

んぷ あぼ 鈴音の口へ即射精。涙目で耐える鈴音。あぱ んん 数秒間、鈴音の頭を押さえ付けて、たっぷりの量を流し込んだようす。ぷはっと口を開けて息をする鈴音ですが、ほとんどの精液を飲まされたようです。

元レスラーの攻めは更に続きます。鈴音を逆さに抱えて持ち上げ、クンニを開始。ニュチニチュと長い舌を鈴音の膣穴へ挿入。

軽くイかされた鈴音は、マングリ返しの状態にされます。当然、元レスラーの次の行動は鈴音の膣穴に自分の勃起ペニスを突っ込むこと。ググググと穴に押し当てて、挿入しようとする元レスラー。

何もできずに、目をつぶって震えるだけの鈴音ちゃんが、可愛らしい。

そこへ、本間の飼い犬のシェパードが飛びかかって鈴音を救出。鈴音、処女喪失ピンチを脱出です。

鈴音えろメモ

ぱい吸い ふぇら♡ 口内射精 ごっくん クンニ マングリ返し まんぶちゅ♡

妄想18禁ルート

元レスラーにマングリ返しにされた鈴音。こんな奴にされたくない……。恐怖しなんとか脱出しようとする鈴音だったがガッチリと押さえ付けられて動けない。相手が元レスラーでは、鈴音のチカラでは脱出することが不可能だった。ペニスの先が鈴音の膣口へと照準をあわせた。そのまま100キロ以上はあるだろう体重が一点に加わる。膣口が一気に押し開かれ、鈴音の初めては、数日前では予想もしなかった不幸なカタチで成就されたのだった。

23話 医者と患者

ケガサレ 鈴音 ケガシ 松葉杖入院患者

本間が動物病院で何者かに襲われました。本間の緊急手術に付き添いの鈴音相原も病院へ。

鈴音はいまだに体内で蟲の疼きに耐えており、採尿便所の部屋に入ってオナニーにご執心。そこへ松葉杖を片手に入院患者の男が後ろから声を掛けてきました。

サル顔とインスマス面をミックスしたような、ブサイク顔だなあ。(笑)

漏れそうなのでち◯んぽ出して用を足そうとしていたらしく、振り返って驚いた鈴音は、つい突き飛ばしてしまいました。床で漏らしてしまうサル顔患者。

どうやら病院から与えられた蟲関連サプリを常用しているようす。マジシャンらしくテッシュを浮かせておどけてみせるサル顔患者。突き飛ばして恥をかかせてしまい申し訳なく思った鈴音はサル顔患者に手コキをはじめます。

気持ちよくなったサル顔患者は鈴音に顔射。

蟲のニオイと先ほどからのカラダの疼きでぼうっとしている鈴音は、まだ勃起しているペニスを舐めまわすようにフェラを開始。鈴音の股間も興奮が増したのか、じゅんと濡れています。

相原にもう少し素直になったらと言われた言葉を思い出し、カラダの反応に素直になろうとする鈴音。更に過激な行動にうつり、自らパイズリを始めてしまいます。

恍惚の表情で顔を舐めまわされる鈴音。当然、舌を絡み合わせてキスもしているのでしょうねえ。

サル顔患者が鈴音を自分の膝上に乗せました。背面座位の格好です。パンティー越しに手マンをされて、鈴音が何度もイきまくっているようす。

既に頭のなかでは、この患者に犯されることでいっぱいのようです。膝立ちで四つん這いにされた鈴音。後ろからサル顔患者がペチンペチンとペニスを尻に叩きつけています。

あっ あ

叩かれるたびに感じてエロく反応する鈴音。床には鈴音の股からしたたり落ちた愛液が小さな水たまりを作っています。

声で後ろから相原が声をかけて、鈴音が我に返って冷静さを取り戻し事態終了。サル顔患者が相原も3P希望だと思って誘いますが、ムカついた相原に尻に松葉杖突っ込まれて倒されました。鈴音がエロ暴走で誘ってきたのに可哀想だ。(笑)

鈴音えろメモ

発情 オナニー 手コキ 顔射 ふぇら♡ パイズリ 指マン まん汁ぽたり 絶頂宣言♡ 連続絶頂 挿入待ち♡

妄想18禁ルート

顔はブサイクでも手品師のため手先は器用だったサル顔患者の男。蟲の影響も重なって鈴音は連続アクメで悶続ける。大胆かつ繊細な胸や膣口へのマッサージも鈴音の皮膚感覚を極限まで高めていった。わずかだが男は催眠技術も会得していた。蟲の影響を受けまくっていた鈴音には相乗効果となり、心地よい言葉の催眠が効くには充分すぎる条件が整っていた。この短時間で叩かれるだけでイってしまう体にされた鈴音。男がペニスで尻を叩くたびに絶頂が鈴音を襲った。四つん這いになった鈴音は無意識に尻を高々と上げる。朦朧とする意識のなかで望むことは、早くこの男に犯されたいということだけだった。「あああああっ」男のペニスが鈴音の膣を貫いた。叩かれるだけで絶頂する今の鈴音には、受け切れない快感が全身を走り一気に脳にまで達する。美少女は誰にも見せたことのないアヘ顔を晒しながら、床に倒れ込みしばらくビクビクと全身の痙攣がとまらずにいるのだった。

25話 淫内感染

ケガサレ 鈴音 ケガシ 女医 ナース 男性入院患者

本間の手術は無事終わったようす。本間が攻撃を受けたのは自分のせいだと、まともに顔をあわせられない鈴音は、病院内を探索へ。

蟲の影響なのか、病院の廊下で乱交状態な集団に遭遇。その様子を見て再度カラダが疼き出す鈴音。人のいない場所を探してオナニーを始めたところ、入った部屋の奥のベッドでは女医とナースレズプレイの最中でした。

鈴音がその場を去ろうとするも、捕まえられてレズ3P開始。ま◯こをいじられ、クリトリスをつねられた瞬間、即イキする鈴音。

女医が鈴音と貝合せをはじめます。ナースが鈴音にキス。鈴音はガマンできずに、またしても絶頂を向かえてました。ビュッビュッと、ものすごい量の潮吹きをしてしまう鈴音。

そこへ別の入院患者男性がふたり入ってきます。女医とナースとセックス開始。横で4人の行為を見せつけられている鈴音は、勝手に気持ちよくなっている彼らに嫉妬。

男たちが鈴音に手を出しはじめました。あぽ 鈴音に自分のナニを咥えさせます。お互いに舐めあい、こすり合い、性欲もさらに高まっていく鈴音。

はっあ 両手に精液出まくっているち◯ぽを握りしめ、恍惚の表情で自分のおっぱいになすりつける鈴音。このカタイものを自分の膣内に入れてしまえば楽になる……と、頭のなかは交わることでいっぱいでした。

鈴音えろメモ

おなにぃ♡ まん汁垂れ レズ3P 絶頂 潮吹き クンニ ふぇら♡ 両手コキ

26話 寄生虫のチカラ

ケガサレ 鈴音 ケガシ ブサイク医師 入院患者集団

全裸になっている鈴音。プレイは未だ続いていました。ハァハァと息を荒くして、胸射された精液を撫で回しています。

何度もイかされている鈴音だが、疼きが一向に収まらない。蟲が入ったから欲情している奴らに、最後までさせていいのか戸惑う鈴音。しかし、彼らとの行為が止められない。

ベッドにうつ伏せにされる鈴音。処女ま◯こをくぱぁと拡げられ、舌でねっとりとクンニされる。
もう一度、カンテツの舌のあの感覚を味わいたい鈴音。

そこへ、手伝いに駆けつけてた夜勤明けの医師がやってきました。自分も認めるほどのブサイク顔でデブ体型。蟲は入っておらず、偶然部屋での行為に気づいてやってきたようです。

鈴音を仰向けにして、取り出した勃起ち◯ぽをいきなり挿入しようとするブサイク医師。鈴音は目をつぶって下唇を軽く噛み、されるがままの体勢となりました。

カタイものが押し当てられているのを感じる。脈打つのが伝わってくるだけで、イきそうになります。
ビクビクと物欲しそうに痙攣する鈴音のま◯この入り口にペニスを入れようとしました。

大きいのに驚き、一瞬ひるむ鈴音。自分がブサイクだから嫌がったのかと、怒って強引に再度入れようとするブサイク医師。膣口が痛くなり鈴音が叫んだところ、周りの連中がブサイク医師を殴りつけ、ぼっこぼこにされました。

どうやら蟲に影響を受けている連中は、ベースとなる蟲に感染している自分の言うことを聞くことに気づき始める鈴音。

床で延びているブサイク医師はほっとかれたまま、集団の鈴音への愛撫が再開。男の一人が鈴音のアナルへ舌を挿れてきます。んんっ あっ しつようなアナルへの責めで、ついにアナル絶頂を経験してしまった鈴音。益々疼きが止まらなくなる鈴音でした。

鈴音えろメモ

全裸 胸射 ふぇら♡ くぱぁ♡ クンニ まんぶちゅ♡ 挿入待ち♡ あなる舌ずぶっ♡ あなる絶頂

ぷちまとめ

蟲の影響が病院中に伝わっている。というか、まともに機能しているのが不思議だ。(笑) 何度イッても、イきたりない鈴音がエロエロ状態で悶まくる巻です。

暴走した性欲をなんとかギリギリで耐えますが、相手が決してイケメンではなく、どちらかというとブサイク面相手にエロ行為に走っているのがグッドです。とことん、穢れる感じが出ていますね。

鈴音:KGR★★★ 何度もピンチを向かえながら、ギリギリ処女喪失回避をする。

寄性獣医・鈴音シリーズ作品 – 漫画 – FANZA電子書籍(旧DMM.R18)