『女主任・岸見栄子』 10話 社内でエロいOL写真撮影の見栄子さん・エロぷち感想

今回は取引先相手に写真モデル接待の見栄子ちゃん。

10話 露出アップ!社内がスタジオ!?

冒頭、見栄子に相手に写真談義をする木屋野部長

ぐっとせまったときに、驚いた見栄子ちゃんが座っていたパイプ椅子ごと後ろに倒れ込んでしまいました

見開き転倒見栄子ちゃん。めくれてしまったスカートからは、パンティがばっちり見えちゃてます。むんむんと湿気を帯びていて張り付いたパンティが、かすかにスジを作っている状態です。

「魅力的な被写体がみつかると良いですね♡」との見栄子。木屋野部長は目の前の微笑む見栄子に被写体として興味を示しました。

「ビーナス体型」と褒めますが、デカ尻をつねに気にしている見栄子には「ナスビ体型」と言われたと勘違い。

「業界読みしない」とツッコむ木屋野部長ですが、ナスビ体型には納得。お尻だけに特化したら、ナスビ型は言い得て妙かな。

入室してきた椎名課長が、見栄子をエロ写真モデル希望ですかと直球。例によって商談契約の取引条件に利用される見栄子ちゃんでした。

総務3課オフィス内。

「モデルか」とつぶやいた見栄子ちゃんの言葉を聞き逃さなかった本田くん。ぷりんちゃんも会話に入ってきて、作品を楽しみにしていると言ってきます。

3課のメンバーには特別な業務であることを言ってません。

約束の見栄子モデル写真撮影となりました。

写真スタジオで撮られると思っていた見栄子ちゃんですが、場所はふつうに会社内。「会社にいてこそOL」と木屋野部長です。確かに。

とりあえずテーマに「セクシー」「OL」を付けて見栄子を撮り出します。

ブラチラ電話応対見栄子や脚組み換えパンチラ見栄子。そして、片乳見せ見栄子。

次の木屋野部長の要求が、ソファーにもたれかかって「パンツの中に手を入れちゃうエロいOL」。

「嫌です」とムッとなる見栄子ちゃん。椎名課長の業務命令なら良いようですが。はっきり拒否する見栄子ちゃんも珍しいですね。

「手を入れるポーズだけ」とお願いする木屋野部長に、しぶしぶ応える見栄子ちゃん。

手が股間に入った瞬間、ぬちゃっと音立ててますからね。なんだかんだで興奮して濡れちゃっているのがわかります。

息も荒く、恥ずかしがって頬を染める見栄子ちゃん。股間もきゅんきゅん状態です。

腕の角度が違うので、ちょっと動かしてくれとの要求。腕を動かすということは手先も動くので、刺激が見栄子ちゃんのま○こに伝わっちゃいます。

「はあ いや」びくんと感じる見栄子ちゃんでした。

妄想エロ

一度スイッチが入るとさらに流されて過激なポーズを撮らされたのでしょう。お股晒してセクシーOLのオナニーまん汁垂流し見栄子の写真もあったのかと……。

オフィスで辞職願を書く見栄子ちゃんに美術展カタログが送られてきます。封を開けるぷりんちゃん。エロ写真だと思ってあせる見栄子ちゃんですが、掲載されていた写真は窓際で座るセクシー見栄子ちゃん。

皆からキレイと言われ、満足の見栄子ちゃんです。

見栄子えろメモ

まん蒸れ 写真撮影 ブラチラ パンチラ 乳晒し おなにぃ♡ ビクッ♡ きゅん♡

ぷちまとめ

純粋に写真撮影なんで、テーマがエロいOLとは言え、見栄子ちゃんが取引先相手に触られる回ではなかったですね。

撮られてエロい気持ちになり、自分で触って興奮するのは、見栄子ちゃん自身の問題でした。

女主任・岸見栄子シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍