『女主任・岸見栄子』 8話 童貞相手にちっぱいさらけ出し営業の見栄子さん・エロぷち感想

基本的に毎回、見栄子ちゃんのエロ接待だから、1巻の話は触れておきたいものばかりです。(笑)

8話 情熱・ブリッ子は全力で!!

ケガサレ 見栄子 ケガシ シェーン桂川

今回の接待相手は秋田商社企画部の統括マネージャー シェーン桂川さん。ビジュアルが大仏なので、見たまんまの感想を口走しろうとする見栄子ちゃん。椎名課長に口を塞がれましたけどね……。

はじめの商談

桂川氏は業務締結に関して裁量権を持っているようです。気合を入れて、いつものにようにハニトラ営業を開始する見栄子ちゃん。

シャツの胸を大きく開き、自慢のちっぱいをさらけ出します。

「ずいぶんと小さい」と桂川の素直な感想。

「あ♡」見られて興奮しはじめる見栄子ちゃん。ムキッっと乳首も勃ち始めちゃってます。

 ピン、ピンと、平然とした顔つきで、乳首を指で弾く桂川氏。感じる見栄子ちゃんは、その都度、「あ」「あ」と声が出ちゃってます。

桂川氏が見栄子の向きをくるっと変えました。お尻をむける格好になる見栄子ちゃん。

「出しなさい」との命令に、素直にスカートをたくし上げてパンティを見せる見栄子ちゃんです。座っている桂川氏の顔の前によく見えるように尻を突き出します。

淡々とエロ営業が進んでいくなあ。しかも、大仏顔の桂川氏は表情をまったく変えず。(笑)

桂川氏が見栄子のパンティーを躊躇なく引張り下ろしました。

にちゃあと糸を引いている様子。見られると興奮してしまう見栄子ちゃんですから、ま○こも既に濡れ濡れなんですよね。

見栄子ちゃんの膣口がキュンキュンヒクついています。冷静に時計でヒクつき度合いを測る桂川氏。秒速2回のようです。(笑)

さらに興奮す見栄子ちゃん。ま○こがヒクつくのに連動して、乳首もさらにピンピンと勃ちまくり。

「申し訳ありませんっ…ん♡ は 恥ずかしくて勝手に…」

しかし、そのセリフが桂川氏を不快にしてしまいました。秘部を見せる淫乱ビッチOLが恥ずかしいと芝居を打つことが許せなかったようです。

35歳で童貞だからと馬鹿にしているのかと、大激怒。

そこに驚く見栄子ちゃんが口走るのを、再び口をふさいで止める椎名課長です。魔法が使えるようにはなりませんでしたが、悟りを開いたわけですね、35歳童貞シェーン桂川氏は。

桂川氏は、大のブリッ子嫌いとのことで、今回の商談は失敗となってしまいました。ちなみに見栄子ちゃんはブリッ子知らない世代なんだ。

そして、見栄子はブリッ子ではなく、本気で恥ずかしがっている「素」。それは椎名課長も充分承知。次の機会を待つことになりました。

行動はビッチだけど、心はビッチじゃない!

うん、それ大事です。(笑)

見栄子えろメモ

乳首勃起 淫汁漏れ ぬちゃ♡ きゅん♡ けものスタイル♡

2度めのチャレンジ

再度アポを取り付けた椎名課長。仕事がデキる男だ。今回は相手先へ訪問。もちろん見栄子ちゃんも一緒です。

別の娘を連れてくると思った桂川氏ですが、再び連れが見栄子ちゃんだったので、ちょっと不機嫌。しかし、見栄子も負けじと服を脱ぎ始めます。

ブリッ子だと思っていた娘の脱ぎっぷりに何か違うものを感じた桂川氏。

見栄子ちゃんが桂川氏にちっぱいを押し付けて抱きしめます。

涙を見せ、自分が本気で恥ずかしがっていることをアピールです。さらに生おっぱいを顔に押し付けて心臓の音も聞かせました。

心拍120だと推測する桂川氏。(笑)

下のほうも確認してもらおうとパンティーを下ろし、桂川氏の顔面に見栄子ちゃんがま○こを押し付けます。

「ん♡」「ああ♡」「ん…」

嬌声をあげ、すでに股間はキュンキュンとヒクつき、濡れ濡れで愛液漏れまくっているようで、ぬっちゃ、ぬっちゃと音が。

見栄子の行動にこれこそ真のブリッ子だと認識を改めた桂川氏は涙を流して感動。無事、商談を成立させることに成功しました。

いや、いいんだ、それで?(笑)

見栄子エロめも

顔面騎乗位 クンニ ぬちゃ♡ きゅん♡

ぷち妄想まとめ

劇中に「ああいう接待は見飽きている」との桂川セリフがあります。ライバル企業含めて各社にハニトラ専門社員が所属しているんだろうか?(笑)

顔に見栄子ちゃんのま○こを押し付けられた時って、クンニどころか鼻も突っ込んだ状態にもなっていたんでしょうね、これ。(笑)

あと、見栄子ちゃんは興奮すると秒速2回でま○こがヒキつく。

女主任・岸見栄子シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍