『おとぎのまちのれな』6話7話 ヒロインエロ描写ぷち感想

ケガリチョタの件は一応落ち着いたかにみえて、土曜日にチアガール部の活動をするれな

6話 「また発情だとさ・・」

ケガサレ れな ケガシ サブロー

土曜だけど、ちゃっかり登校していて外から体育館を覗いている緒方くん。れなが詰め寄ると、図書委員の日直で、ついでに様子を見に来たとのこと。

ガッコウでは気安く話しかけないでときつく言うれなですが、心のなかでは心配してくれたことには感謝しているみたいです。決して嫌っているというわけではない関係ですね。

部活が終わって帰宅時、解決したとおもっていた発情がまた起こりだしました。

「最悪」と思い、校舎を出ようとしたところ、待ち構えていたサブローと会います。

この一ヶ月、極力サブローとの接触を避けていたれな。よりによって発情が始まりかけているタイミングです。さっさと帰宅しようとサブローをスルー。

ケガリチョタによる発情の件はもちろん知らないサブロー。前回、れなから誘ってきたくせに無視されるのは納得できず、ひたすら追いかけてきます。

原っぱへ落ちて転倒するれな。その後からサブローも突っ込んで転倒します。

草むらのなかで姿が見えなくなったサブローを呼ぶれな。しかし、サブローはいつのまにか近づいていました。背後かられなのおっぱい両揉み。そのままれなを押し倒します。

サブローの要求は、もうすぐ転校しちゃうかもしれないので生おっぱいもませて!

軽く引いているれなちゃんです。(笑)

すぐ横にはケガリチョタがれなを見ていました。しかし、緒方のときのように助ける気配はなし。れなが発情状態のときは、仲間を増やしたいため黙って見守るだけのようす。

ドクンドクンとカラダが熱くなり、発情しだすれなちゃん。

れなエロめも

チアガール 発情 パンチラ パイ揉み

7話 「あやしい だとさ・・」

ケガサレ れな ケガシ サブロー

日暮れ時、チョタ探索をしていた妹みこと。ちょうど帰り道で自転車で帰ってくる姉れなに合流。何をしていたか聞く妹に、ぶすっとした表情ではぐらかすれな

ちょうど30分前のできごとが頭のなかに浮かびます。

結局、原っぱで発情してしまったれなは、我慢できなくてサブローの要求に応えてしまったようです。

れなの生おっぱいを揉みながら顔をうずめるサブローくん。1話に続いて2度目のヒロイン生おっぱいです。もちろん乳首も吸っていることでしょう。初キスもれなですからねえ。おいしい役どころ。

その日の晩御飯。またしても発情が再開。家族にコンビニ行って来ると言い訳して外出。

コンビニではポテトチップスを買ったのかな?竹やぶで口の開いた袋がれなの横に。れなは昼間のことを思い出しながら発情オナニー中です。

3日に一度、おっぱいでいいからお願いと言ってきたようす。

両手を股ぐらに突っ込んで絶頂のれなちゃん。

一週間後、ケガリチョタを探しているがまだ見つからない妹みこと。その途中でサブローを見かけます。からかってやろうかと近づこうとしたところ、なんとれなと待ち合わせしていたようす。

怪しいとあとをつけようとします。

れなエロめも

生乳揉み 生乳吸い 発情 オナニー

8話 前半

みことは二人のあとを追いますが、途中でずっと探していたケガリチョタらしきものを発見。目標を変更、チョタを追いかけていきました。

ちなみにれなは発情処理のお相手としてサブローのお願いを聞いていたようですね。二人で並んで歩いていますが、れなが発情モードで「はあ、はあ」と息を荒くして顔を真っ赤にしています。

対するサブローもこれかられなの生おっぱいを堪能できるせいか、気がせって心ここにあらずといった表情。そりゃ浮つきますわ。

れなエロめも

発情

ぷちまとめ

この1週間で2回は会ってそうですね。つまり、少なくとも計4回はヒロインの生おっぱいにしゃぶりついたってことか。うらやまし中1だ。(笑)

れな:KGR★★ 生おっぱい揉まれる、しゃぶられる(サブロー)

おとぎのまちのれなシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍