『人狼機ウィンヴルガ』1話 真白ちゃんエロ描写・ぷち感想

その他作品(一般)

作家は綱島志朗氏。人機シリーズだと3番目、いや4番目?完全版だとか、まとめのやつとかシリーズの流れがちょっと把握できない。ロボットアクション漫画なんだけど、ぶっちゃけヒロインレイプ漫画でのほうが有名です。

その理由で評価が真っ二つに分かれますね。(笑) 

ヒロインを汚されたくない人達には許せない内容を描く作家ですからねえ。しかし、明らかにヒロイン保護(プロテクト)系とは真逆なんで、リョナラーには貴重な存在。そして新シリーズも期待大なのですよ。

当記事を投稿している時点で物語はすでに5巻ほど進んでいるのですが、やはりじっくり話数ごとに拾っていきたい『人狼機ウィンヴルガ』。

後追いとはいえ、追うのはあくまでヒロイン災難シーンのみ!順番的に過去作感想が先かもしれませんが、それはそれでいつか取り上げたい。

ストーリーについての感想ではないので、それは他の方々におまかせしましょう。(笑)

1話 「力」と「怒り」

ケガサレ 真白 ケガシ 根室大尉

今作メインで人機に乗って戦うのはヒロイン・真白。男性キャラに対してのメインヒロインとかではなく、まさにヒロインとしての主役そのもの。

戦う機会もそれだけ多いということは、いろいろ期待も多くなるというものです。ボーイミーツガール系やハーレム系じゃ個人的に面白みが薄れるので。(笑)

真白はカールのかかった銀の長髪。瞳は赤く、白い肌。過去作ヒロイン「赤緒」の赤、「青菜」の青に対して次は「白」だろうと思ったと、作者が語っています。あいかわらずビジュアルも可愛くてよし。

ボイド・ミューラー」という地区で平和に暮らしていたところ、「ドミネイター」が襲ってきました。

目の前で妹分のマイが連れ去られるのを助けようとした真白ですが、電撃を食らって倒れ込む真白。捕まったときに取り付けられた首輪が拘束器具のようです。

涙目でマイを返すよう訴える真白ちゃんですが、再度電撃を食らって気絶。

ドミネイターの根室大尉にスプレーを掛けられて起こされたときは、全裸で両手を縛られ吊るされている状態でした。

予想はしていたけれど、1話から肌色率が高い。そもそも住民の女性を捕らえて始めたことは、服を剥いでのバージンチェックだしなあ。まあ、「人機シリーズ」的にやりそうな展開だけど。

1話にしてヒロイン全裸拘束ですわ。

根室大尉の説明によると「白モグラ」を所有するのは大変ステータスがあるとのこと。「白い肌で赤い目の女を孕ませると幸運が約束される」という迷信です。

真白そのまんまですね。というか、なんちゅう迷信や。(笑)

既に真白に対しては身体検査済み。しっかりとバージン確定です。

ドミネーターの兵が住民をチェックしているシーンが描かれているのですが、全員裸にして並ばせ足を開かせます。膣口を拡げUSBメモリのような端末を挿してスキャンしている感じ。

後の記述されているのですが、処女確認済タグを埋め込まれているらしいです。

真白も気絶して全裸にされているとき、同じようにされたのでしょう。膣口をくぱっと開かれてスキャン装置を当てられたのだと想像できます。

そこへロックウェル少佐が現れました。手には無理やり犯されて無残な死体となったマイちゃんを持って……。噛んで抵抗したから、処分したと。

ショックの表情をあらわす真白。脳が傷ついてしまったか再生不可能でゴミですねという根室大尉の言葉にブチ切れました。

拘束されている鎖がはずれ、それを根室大尉の頭へと叩きつけます。怒りがさらに増し、咆哮する真白。それが近くにいた人機を蘇らせたようです。

銃を奪った真白が、怒りの形相のままロックウェル大尉を見つけます。大尉に銃先を向けて撃とうとする真白。

ダァーーン!銃声は別のドミネイター兵のものでした。真白の胸のど真ん中を貫通。悔しいと倒れ込む真白を遺跡が飲み込みます。

真白の怒りで遺跡同然だった人機が星型三番機ウィンヴルガとして真白を操主として人型へと形を変えました。

真白えろMEMO

電撃気絶 全裸拘束 処女チェック 胸部被弾

ぷちまとめ

狙われるヒロイン。理由が孕ましたものが幸福になれるという迷信。直球すぎる。

とにかくインパクトが大切な1話ですが、ヒロインが全裸拘束という展開です。インパクトして充分すぎですね。そして、やっぱりこの作者はヒロインを辱めたい系なのだなあと、改めて確信させられたのでした。

また人機は傷ついた体を修復させる能力があるということ。これは、ヒロインがダメージをくらってもOKという暗黙の了解を示唆していることでもあります。

不死系やゾンビ系だと普通なら死んでしまうようなハードリョナ展開でも自動的にOKになってしまうのと似た感じでしょうか。

真白:KGR★★ 全裸見られる。膣口開かれてバージンチェック。

人狼機ウィンヴルガ 1