『Ziggurat(ジグラット)』 24話(それは、化石のように眠る足音。) 漫画感想・エロ考察

第24話です。爬虫人類編の第一話といったところでしょうか。

24話

ケガサレ トリニティ ケガシ ブラックハート ハライ オジサマ(サナキ)

いつものように盗みの現場でブラックハートと争うシーンですが、サナキを庇って動けない状態を背中から撃たれます。

「いいのぉ?避けちゃってェ?」っと、顔が陰になり口だけがシルエットでニヤッとしているところが、彼女のサド性をよく現しています。

トリニティの答えなど待つこともなく、撃ち込むブラックハートです。バチッっとものすごい音がしてトリニティに放たれました。

んぎっ!!

歯を食いしばってガクガク震えるトリニティちゃん。

ブラックハートが顔を真っ赤にして、興奮気味に更に構えます。

う゛!!

ドバンッ!と衝撃。 叫ぶトリニティ。撃ち続けるブラックハート。

ぎ…っひ いぎ ひ… いぎ…っぁ

うあああぁあぁあ!!

背中を撃たれ続ける銃弾による激痛で叫ぶしかないトリニティ

涙とヨダレを垂らしまくって、口を大きく開けて叫びながら、苦痛の表情のトリニティ。愛くるしくもあります。

ブラックハートはサド気全開で、「はー、はー」と息を荒げ恍惚の表情を浮かべながら連射します。

こういうの 作ってもらったんだ♪

新しい銃は2つを組み合わせるとハサミになる仕様でした。財団に作ってもらったらしい。

武器を見せびらかすブラックハートがものすごく興奮しているのがわかります。股間の部分が、にちっ楽しすぎて濡れちゃっているわけですね。

「やっぱ皮は切れないだろうけど 中身はどうなるかなぁ?」

劇中でガンガン人を殺してしまうキャラだから、容赦する気がない。さすがにトリニティのカラダが千切れるのは見たくないぞ。

ハードリョナ、ダメ、ゼッタイ。

ブラックハートが先ほど撃ち殺したはずの警備員の様子の異変に気づいて次回へ続く。

トリニティりょなメモ

銃撃 激痛 叫び声 涙目 よだれ

ぷちまとめ

単行本だとこれが4巻最後ですね。

ヒロインの叫び声が、「ぎひぃ!!」ですよ。思いっきり痛めつけられるトリニティちゃんの回でした。普通なら強化スーツで全く平気というパターンがありがちですが、トリニティの着用しているものは、スーツ自体が頑丈でもダメージをゼロにするわけではありません。

攻撃による痛みはトリニティのそのまま伝わってしまうのですね。

ひたすら泣いて耐えるだけのトリニティでした。

DMM:

Zigguratシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍

Amazon Kindle: