『え~ぶいカントク』9巻92話 ヒロイン郁乃が強姦相手とシンクロ和姦で中出し展開!

『え~ぶいカントク』9巻収録92話(無人島編21話) エロ場面特化感想&妄想です。

92話 ロープでイクの!

ケガサレ 郁乃 ケガシ 零士

絶頂により零士とシンクロした郁乃ちゃん零士の悲しい過去が自分の頭のなかに流れ込んできました。なぜ零士がこんな行動をしてしまったのか丸わかり状態です。

郁乃が自分の境遇を理解していると信じた零士が抱きついてきます。

うん うん

反省したらしく「ごめんなさい」を連発する零士を優しく抱きしめる郁乃ちゃん

あっ 大きくなってる… ///

零士の最後の「ごめんなさい」郁乃に挿入したままのチ◯コが大きくなってしまったことに対してのようです。(笑)

わかってる

零士が最後にひとつお願いをしてきます。シンクロしたので何を望んでいるのか言われなくても理解が早い郁乃ちゃんナニすることを望んでいるんですがね。(笑)

ここからは私の意志

郁乃ちゃんが自らカラダを寝かせて、完全に受け入れの姿勢を取りました。

はい、強姦から和姦へチェンジです。郁乃ちゃん自身も胸をドキドキさせちゃってます。しかも股間までヒクヒクさせちゃってます。

仕方がなくお願いを聞き入れるのではなく、積極的な受け入れのようですね。

はんっ

カラダに正直な零士が乳繰りを開始。郁乃ちゃんのおっぱいを吸い始めます。感じて声が出ちゃう郁乃ちゃん

私の膣内でさっきよりも大きく熱くなってるよ

乳首が勃ってしまったようですね。それを指摘された郁乃ちゃんが、逆に零士のチ◯コも膣内で更に大きくなっているのを伝えてきました。

ほら…またっ あっ 大きく… ///

照れる零士ですが、それを言われて更に膨張したようです。(笑)

お願い…きて /// いっぱいして欲しいの…

シンクロにより深く繋がりすぎてしまったため、もう止められないようですね。心の中で今現在の恋人である辰男に謝ります。

私のえっちな穴にすべてを吐き出して

今は零士を救いたいために、全てを受け入れるつもりでした。まさかの中出し許可までしてしまう郁乃ちゃん

あっ あんっ

罪を認めた零士ですが、自分の欲望には躊躇しません。「郁、乃…」と名前まで呼んで改めて深く挿入。激しいピストンを開始です。

もっと 突いて…

膣内が…すり切れても いいから

辰男に嫌われることを覚悟してます。もっと激しく突くようにお願いしちゃってます。

出したり入れたり もっと 激しく

体位を変えるほどガッチリとイチャついて交わってますね。正常位で繋がったはずが、このコマでは後背位に変わっています。

ビクッビクンビクッビクッと激しく痙攣して郁乃ちゃんが絶頂させられているようです。

あ あっ あああん

零士の役に立てるならメチャクチャにされてもいいという覚悟の郁乃ちゃんパンパンと音が響くほどバックで突きまくられて更にイッてしまったようです。

子宮がうれしいって言ってるらしい。(笑)

慰めックスとはいえ、完全に牝堕ち状態ですね。

後背位で激しく突かれまくる郁乃ちゃん。零士もここぞとばかりにパンパンと音をだすほどのピストンです。

郁乃ちゃんも心身ともに喜んでいて股間からはまん汁がハネまくり。ズプッ、ヌプッとイヤラシイ音を立て続ける郁乃ちゃんのおま◯こです

この直後に零士が思いっきり大量精液を郁乃の膣内に射精してしまったのでした。

!!

零士のほうもついに限界が来ました。ヒロイン郁乃ちゃんの膣穴に勢いよくドピュっと精液を注ぎ込みます。

強姦スタートから和姦となり、最後はヒロイン膣内射精でした。

あっ あっ あっ あっ あ

びゅびゅびゅびゅびゅびゅびゅびゅ

ものすごい大量の精液が注ぎ込まれてしまったようですね。最初の恋人紫崎と生エッチしたとき(3巻29話)よりはるかに多く出されちゃってます。しかも今の恋人辰男とは何回かのセックスシーンではっきりとした中出し描写は確認できないんですよねえ。

つまり、辰男より先に零士郁乃ちゃんに中出しした可能性が大きいです。

「射てるっっ 憎しみも 悦びも… 私の膣内を…… ///

ああぁあぁん

「いっぱいに満たしている…♡♡」

郁乃ちゃんもとても満足そうだ。一緒に絶頂。恋人以外の精液を腟内に満たされているのに♡マーク付きであえいでしまいました。

郁乃 えろめも

全裸 乳晒し まん晒し 和姦♡ 性交♡ 乳吸い 乳首勃起 正常位(揚羽本手) おねだり♡ まん汁 後背位(鵯越え) 膣内射精♡ 絶頂♡


郁乃ちゃん零士と和姦の慰めックスをしている最中も、辰男は洞窟に拘束されていた栄子を助け出すのに懸命でした。

潮がいよいよ満ちてきたので、栄子を岩壁の上のほうに登らせて自分が先に犠牲になるほどの覚悟。

郁乃ちゃんを置いてきたことも気がかりで心配になっています。

まあ、彼氏が命を掛けているときに、彼女である郁乃ちゃんはシンクロしすぎたとはいえ、相手の男と和姦性交していたわけですがね。(笑)

零士くんが教えてくれたの

後からやってきた郁乃が洞窟の天井に掛けられていたシートを取って救出にやってきます。洞窟内は暗くてわかりませんが、天井は空いていたようですね。

なにげに「零士くん」呼びする郁乃に不自然さを感じてしまう辰男でした。そりゃそうだ。レイプしてきた相手と再び現れたとき、妙に親しげだったら不思議に思わずにはいられない。

この瞬間だけはネトラレ状態成立と言ってよいかも。(笑)

ぷち補足

結局零士が自首して今回の騒動は集結。あくまで栄子に対しての殺人未遂等が問題になるのでしょう。郁乃ちゃんを強姦してしまったのは、最後は和姦に発展してしまったので、今更追求するわけにもいかないのでしょう。

次の93話で撮影が終わり翌日に島に二人だけ残った郁乃辰男辰男はシンクロしてしまう郁乃をまるごと受け入れて好きになったと言い切ります。男らしいな。(笑)

この会話をしている最中も昨日出された零士の精子が郁乃ちゃんの子宮内に入り込んで泳いでいるわけです。ゾクゾクできます。(笑)

AV撮影で来ているぐらいですから、万が一を考えてアフターピルは装備しているのでしょうがね。

このとき郁乃も正直に零士とあったことを告白してます。

自分からおねだりして何度も何度もイッちゃったらしいです。

DMM電子書籍:

えーぶいカントクシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍

Amazon Kindle: