『EROSサバイバル』171話 ルリちゃんが全身タイツ集団に囲まれて振動攻撃で喘ぐ

『EROSサバイバル』(漫画:赤坂一夫) 11巻収録 171話 エロ場面特化感想&妄想記事です。

“日輪の腕輪”入手できたチームルリリン。B棟にて次のチャレンジが続きます。エロ担当酒井ルリちゃんがいつものようにピンチに。

171話

ケガサレ 酒井ルリ ケガシ 全身タイツ集団

ルリちゃんが進んでいたフロアーに現れたのは全身タイツの男

きったないぞおまえらぁ! ルリリン一人に大勢で寄ってたかってぇっ‼

水鉄砲の中味をハバネロソースに入れ替えて攻撃力アップ。余裕で撃退したと思われましたが、全身タイツ集団は12人もいたのでした。

速攻で捕まってしまいます。

EROSサバイバルなんだから当然ヘンなマネするでしょ~♡

「ヘンなマネしたらただじゃおかないからなああっ」と意気がるルリちゃんですが、EROSサバイバルですからねえ。ヘンなことされるのが定番です。

バっ… バカぁ!やめろぉ おまえぇっ!!

全身タイツリーダーがルリちゃんの乳首をツンツン。

ここで全身タイツが何か両手に装備。「ハイパー振動エロハンドタイプD」とのこと。

あ ぅ ゃあっ ぅぁあ

装置により激しく震わせることができるようになった両手で、ルリちゃんの乳首を振動させてきました。

こんなの気持ちよくなんてないぉ!

ただし痛みではなく、あくまでも快感攻撃。それに感じ始めてしまうルリちゃん

ち、違うぉ これは…!

「気持ちよくない」と否定するルリちゃんですが、乳首が立っていることを指摘されちゃってます。

いやだぁあああ! やめろって言ってんだろおおおっ!!

更に別の全身タイツがルリちゃんのおっぱいを後ろからモミモミ。

更に全身タイツリーダーが、今度は「ハイパー振動エロハンド タイプC」を装着。見た感じ手の甲の部分に電動バイブが付いているタイプですね。

ひぃあ あ ああっ

そのバイブの先端をルリちゃんのお股に押し付けてきました。

ゃ…めっ!も… だっ…ぅ! お…ねが…ぁあ…ぃ…

激しい振動が布越しにおま◯こへ伝わってきます。刺激が強すぎて、ギブアップ寸前になっているルリちゃん

出典:EROSサバイバル 11巻171話より

「ハイパー振動エロハンド タイプD」

出典:EROSサバイバル 11巻171話より

「ハイパー振動エロハンド タイプC」

タイプDはともかく、タイプCはわざわざその部分に付ける意味があるのだろうか!?(笑)

当然、タイプAとタイプBもあるのでしょうね。ちょっと見てみたくなる……。

ハァ ハァ ヤダあああっ!!

そんなルリちゃんにさらなるエロ攻撃が。最期は「ハイパーエロチンコ」。ネーミングに捻りないなあ。(笑)

電動バイブを股に装着した全身タイツリーダーです。

パンティを降ろされた股間へ「ハイパーエロチンコ」が迫ってきて、ルリちゃん大ピンチ。

酒井ルリ えろめも

乳揉み 乳首勃起 まさぐり バイブ当て 乳晒し

ぷち補足

11巻最終話なので巻を挟んで続くエロピンチ展開。これがメインヒロインだったらギリギリで回避されるのがパターンなのですが、エロ担当のルリちゃんとしては、そうならないのがお約束。


DMMブックス :

EROSサバイバルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

EROSサバイバル(11) (モバMAN)
Amazonで赤坂一夫のEROSサバイバル(11) (モバMAN)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。