『EROSサバイバル』284話感想 弛緩剤を打たれた下半身に巨根押し付けられる明日香ちゃん

『EROSサバイバル』(漫画:赤坂一夫) エロ場面特化感想&妄想記事です。

284話

直前の283話はコミックだと前巻(18巻)最終掲載です。
マチルダが卑怯な手をつかって明日香ちゃんに弛緩剤を注射。
動けない明日香ちゃんが両脚を開かれてピンチで次回に続くという、いわゆるクリフハンガー演出でした。

まあ、ここまで18巻分読んできて、この漫画のヒロイン補正が強烈なのは今更ですが……。笑


ケガサレ 胡桃沢明日香 ケガシ マチルダ

p02:
「ああっ」「やぁあっ…」

弛緩剤を打たれて動けない明日香ちゃんのお股を蹴りつけるマチルダ
相当、いままでの恨みが溜まっているようですね。

p03:
「ああ」「あ」「もうやめてぇっ!」

マチルダがつま先をグリグリと押し付けちゃってます。

明日香 えろめも

うつ伏せ パンモロ まんすじ まん踏み 喘ぎ♡


ケガサレ 胡桃沢明日香 ケガシ ゴンザブロー

P04~:
そして、凌辱担当キャラは別に呼ばれていたようです。
現れたのが、8階フロアボスゴンザブローだ!

デカチン選手権世界大会3連覇
もちろん最初から全裸での登場。笑

以前、8階でゴブザブローと対決したのは伏見ユキでした。
ユキさんゴンザブローの巨根を挿れることができたのですが、大きすぎて一度失神。

まあ、そんなデカいのが未経験の明日香ちゃんに挿入るわけはないよな。
そもそも、ゴンザブローの巨根が挿入ったコは、今まででユキさんが二人目じゃなかったっけ?

「やぁああ」(ずるるっ)
動けない明日香ちゃんのパンティを容赦なく引き下ろすゴンザブローです。

もちろんEROSゲームの様子は常に実況されているので、明日香ちゃんのおま◯こはアップで視聴者たちに晒されていることになりますね。

p06:
「っあ」「や…っだぁっ」

ゴンザブロー明日香ちゃんの右脚を抱えて、正常位のポーズに。
巨根を握って、その先を明日香ちゃんのおま◯こに押し付けていきます。

p07:
「やめてっ!ダメ!こんな……っ」
「いやああああっ!!」

ヒロイン明日香ちゃんの絶望的な悲鳴と表情。
ぐぬぬぅと巨根を押し付けるゴンザブロー

久しぶりのエロピンチであります。

p08:
だが、一ミリも入らなかったらしい。

ですよね。笑
ヒロイン補正が強烈に効いているので、予想できる展開です。
過剰な期待を抑えられる分、失望感も小さくできるので良しとしましょう。笑


8巻119話で似たような展開がありましたね。

相手はダニエルです。
妻のニーナからOKが出ての明日香ちゃんの処女いただきチャレンジ回でした。

しかし、同じように明日香ちゃんのおま◯こがキツく、押し込もうとしたチンコがまったく入らずに断念。

今思えば、これはドクロマンの命令でスパイをしていたジェシカの仕掛けだったのでしょうね。
明日香ちゃんを発情させる性穴を打ちながら、一方で密かに膣穴が締まる性穴も処置していたのかと。

ダニエルに対しては逆に早く明日香ちゃんに挿れろと煽ってたぐらいです。
自分の怒黒流性技が完璧だと確信していたのでしょう。

今回の明日香おま◯こ鉄壁ガード状態も、その影響がいまだに残っているからと見た!笑

一見、メスガキキャラ枠のジェシカですけど、明日香ちゃんサポートでは非常に有能だったわけだ。
ヒロイン凌辱待望派からしてみると、戦犯以外の何者でもありませんが。
いつか、どこかの場面で “わからせ凌辱”させられたらいいのに。笑

明日香 えろめも

服剥ぎ まん晒し 接触♡(正常位)

ぷち補足

ケガシキャラ評
ゴンザブロー: 8階フロアボス。マチルダの命令により再登場し、明日香凌辱開始。性器接触。ただし、鉄壁ヒロイン補正により、挿入できず。


DMMブックス:

EROSサバイバルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

EROSサバイバル(19) (モバMAN)
最終フロアのボス・マチルダと戦う明日香は、弛緩剤を打たれ、下半身に力が入ら&...