『EROSサバイバル』168話~感想 超巨根を突っ込まれて失神ユキさん。

『EROSサバイバル』(漫画:赤坂一夫) 11巻収録168話~エロ場面特化感想&妄想です。

168話 / 36cm超巨根を根元まで挿れるも……

ケガサレ 伏見ユキ ケガシ ゴンザブロー

B棟8Fの番人役は巨根持ちのゴンザブロー。脱出のカギを貰える条件は、恋人ごっこ

恋人ごっこと言っても、EROSサバイバルですからねえ。プラトニックな恋人関係を求めているのではないことは確かです。

メインヒロイン明日香ちゃん守護まもられ度が強い分、過激エロ担当が回ってくるのは仕方がないね。

ゴンザブローが自分の巨根を晒してきました。さすがに驚きの表情を見せるユキさん
本人が言うには長さ36cm直径6cm。でかすぎ!!!

ユキさんには母の居場所を突き止めて救うという使命があります。どんな試練にも立ち向かう気充分。


立ちバックで疑似SEXのマンズリ状態だったのですが、ゴンザブローの望みを叶えてあげようとユキさん自ら挿入を申し出。

早速SEXが開始されます。メインヒロインだと絶対に無い展開ですね。笑

壁際の棚に座らされたユキさんが足を持ち上げられて広げられました。

そのお股の中心部へゴンザブローの巨根が入り込み。

半分ぐらい挿入したところで、すでに苦しそうな表情を晒すユキさん

これではゴンザブローも満足させるにはほど遠い状態。

しかしここでギブアップすることだけは絶対に譲らないユキさんでした。

伏見ユキえろめも

全裸 乳晒し まん晒し 結合♡(立位)


169話

ケガサレ 伏見ユキ ケガシ ゴンザブロー

36cm超巨根をすべて挿れるも限界失神!

目的のために諦めることはしないユキさん

少しずつですが、ゆっくりとユキ穴に再び沈み始めたゴンザブロー巨根です。ちなみにデカチン選手権世界大会三連覇らしい。

ユキさんが目を見開いて叫び声をあげます。
ゴンザブローの巨根が根元まで挿入された瞬間でした。

長さ36cmですからね。子宮や胃を押し上げるどころか、肺まで圧迫してそうだ。
チ◯コを挿れられた快感なんて皆無でしょう。

受け入れることができたユキさんは2人目らしい。

過去に一人いたんだ!

もしかしてそれがマイユキの姉妹たちの母親だったら、ある意味すごいな。汗

でも、ここからのピストン運動に耐えられた女性は存在しないということなので、別人かも。

駅弁スタイルで抱えられるユキさん

ゴンザブローが激しく上下運動をして揺らし怒涛のピストンを開始。

普段はクールを装っているユキさんですが、この状況ではそれも保つのは難しいようですね。

ゴンザブローの巨根攻撃に、苦痛で顔が歪みっぱなし。

メガネも外しているので普段は絶対に見せないような表情を公開。

ゴンザブローと繋がった状態で、だらんと腕を垂らし後方にのけぞってしまうユキさんです。

激痛だったのか耐えきれずに、そのまま気を失ってしまいました。

ゴンザブローは逆に自分のチ◯コのデカさに呆れてますね。デカすぎるゆえの悩みだ。


顎を外してお口で巨チンを丸呑み刺激

しかしユキさんは諦めていなかった。気を取り戻して決意あらたに再チャレンジ。

フェラをしだしたユキさんに対し、それでは満足しようがないと呆れるゴンザブロー。しかし見る間に巨根を全て飲み込んだことに驚きます。

怒黒流の技を使用したようです。
“蛇顎開口”という技の名前から、顎を外して飲み込んだということか。

ドクロマンの技名は、そのまんまだからわかりやすい。

振動を起こしてゴンザブローチ◯コに快感刺激を与える作戦のようですね。

今まで体験したことのない振動の気持ちよさに、目を見開いて驚愕状態のゴンザブロー

濁った音が出始めたぞ。ホーミーかっ!!

チ◯コから全身に流れる快感。ついに思いっきり射精してしまうゴンザブローでした。

満足させたユキさんはフロアーの脱出カギをゲットでお題クリア。

伏見ユキえろめも

全裸 乳晒し まん晒し 結合♡(立位 駅弁) アへ顔 失神♡ ふぇら♡ ディープスロート

ぷち補足

ヒロピン状況: 巨根とSEXするも気絶で失敗。
ヒロピン克服: 巨根を飲み込み超絶フェラで満足させる。

射精直前でゴンザブローチ◯コから口を外すユキさん。まあ、飲み込んだまま出されていたら、内蔵にものすごいダメージを受けそうだもなあ。笑


DMMブックス:

EROSサバイバル (11)
EROSサバイバルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

EROSサバイバル(11) (モバMAN)
第5回戦でシャルメ所有の「日輪の腕輪」を入手したい楽たちは彼女の操る十二支達...