『ふかふかダンジョン攻略記』27話感想 ナァルちゃん探索現場で初ご奉仕

スポンサーリンク

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

『ふかふかダンジョン攻略記』(漫画:KAKERU) 7巻27話エロ場面特化感想&妄想記事です。

27話 近場でも行ってなければ未知の場所

ジャンパーティの本格的ダンジョン探検開始。
パーティと組んでいつもはソロのクロスも参加。
ナァルちゃんの本来のZ級役割である現場ご奉仕回です。


エロ担当 ナァル 役得 ジャン 

p14:
「は…はじめてZ級として本格活動っすよ…」

草木で作った簡易キャンプの“離れ”としてヤリ部屋を設置。

ナァルちゃんとしてはクロスにもZ級として、尻穴ならご奉仕できる意志を伝えていますね。
ジャンはそれを耳にしてショックのようですけど。

クロスはパーティメンバーではなく、パーティと組んでいる立場なのを理由に遠慮してきました。
というより、自分の国には無いケツ穴処理文化に軽く引いてますね。

ジャンは今回の探索において、他の男とナァルちゃんの尻穴を共用しなくて良いことが判明したわけだ。笑

もしナァルちゃんが普通のZ級のようにおま◯こ使用OKなら、クロスもご相伴に預かっていた可能性があったというわけか。

p15:
「はっ♡」

後ろからジャンに抱きかかえられて、おっぱいを揉まれるナァルちゃん

「ん♡」「んっ♡」
ベロチュウをしながら、お股に指マンを同時進行です。

ヤリ部屋を別に設けているといっても、すぐ隣にあってナァルちゃんの喘ぎ声は丸聞こえ状態でしょう。

p16:
「あ♡」「はっ♡」「はっ♡」(ズプ)

抱きかかえられるように対面座位ぎみに突っ込まれるナァルちゃん。
もちろん尻穴ですけどね。

「あっ♡」「はっ♡」(ズプ ズブ)
ナァルちゃんも尻穴の開発が進んだようで、喘ぎまくり状態でした。

クロスがキャンプ地の周りに危険なモンスターの痕跡が無かったことは確認済み。
しかし、油断できないためナァルには声を出さずにヤれと事前に伝えています。

思いっきり声が出ちゃってますね。笑


p17:
「………」
(ううううう…ちくしょー…)
(ナギ姉さんが生ぬるい視線を送ってくる…っ)

メインテントではナギさんウォルちゃんも静かに待機中です。

ウォルちゃんジャンへの気持ちを知っているナギさんは、ウォルちゃんへ無言のプレッシャーを与え続けています。

ナギさんは自らジャンに股を開きに動いていますからね。
自分がジャンとヤっている最中に、ウォルちゃんがオナっていることにも気づいているのでしょう。

その視線を感じながら、自分が行動を起こせなくて情けなくなっているウォルちゃん
このヘタレ具合は、これはこれで可愛いです。笑

ナァル えろめも

全裸 乳晒し まん晒し 乳揉み 指マン べろちゅ♡ 喘ぎ♡ 結合♡(尻穴/対面座位)


DMMブックス:

ふかふかダンジョン攻略記 〜俺の異世界転生冒険譚〜シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)
https://amzn.to/3NBs0ax

※ Renta!:レンタル有り

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

その他作品