『グラぱらっ!』27話感想 二人三脚ビーチバレーで寝バック密着されちゃうなぎちゃん

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

『グラぱらっ!』(原作:桂あいり 漫画:西木田景志) 27話 エロ場面特化感想&妄想記事です。

27話 丸見えビーチバレー

4チームによる二人三脚ビーチバレーの企画が実行。

葉山なぎ

最初の対戦はなぎジェイミー組 vs 麗美山内組。
乳控えめでショートヘアな麗美ちゃんは、今のところ参加女子のなかでモブ枠扱い。
よって、前半のエロ担当はなぎちゃんとなりますね。


p02:
「よっ」

ジェイミーが右方向へ飛んできたボールを受けるために、体を大きく斜めに伸ばしました。

それによりデカパンの隙間が生じ、なぎちゃんの股間部分があわや丸見えに。

「や…」
「ちょっ…離れないでよ」

顔を真赤にしながらなぎちゃんジェイミーに注意。

「無茶言うなよ」
こればかりはジェイミーの言い分が通りそう。
二人でひとつのデカパンを履いている状態ですからね。
ここは協力してなぎちゃんも同じ方向へ動くべきですね。
突っ立てるだけだったなぎちゃんの分が悪い。

p03:
「ほっ」(ぐいっ)

ジェイミーが顔に笑みを浮かべながら、真上に落ちてきたビーチボールをレシーブ。
この時に、一歩後ろへ下がる動作を行いました。

「えっ?」
「おお~ プリプリおしり」

今度は縦方向にデカパンの隙間が空いたため、なぎちゃんのお尻がジェイミーから丸見えに。

さすがジェイミー

この競技、立っているときは距離を近づけるより離れたほうがオイシイ思いができる。
それを最初のレシーブで気づいたんだろうな。笑

ちなみにこのときもなぎちゃんは棒立ちですね。

p04:
「ほら来たよ」
「あ…」

間近で生尻を見られたことに動揺するなぎちゃん
しかしボールが返球されてきたのをジェイミーに言われて、そちらに反応。

なぎちゃんがボールを返している瞬間、ジェイミーは隙間を確保して再びなぎちゃんの生尻観賞です。

「ちょっと今 のぞいたでしょ!」
「のぞいてないって」
「ホントに?」

その行為はなぎちゃんにも気づかれていたようですね。
ただし、あくまでも白を切るジェイミーでした。

まあ、ガン見してたんですけどね。笑

p05:
「あ やべ」
二人が揉めているあいだに、麗美山内の返球がネットの上端にあたって、こちら側へポロリ。

「ほっ」「!!」
ジェイミーが反応して飛びつきますが、方向的になぎちゃんに衝突。

「きゃ…」(ドサッ)
「いてて…」

一緒にデカパンを履いているなぎちゃんも、もつれるように倒れ込んでしまうことに!

p06:
ジェイミーなぎちゃんを下にして重なるように倒れ込んでしまいました。

しかし、企画者も読者も待ちに待っていた展開であることは確かだ。笑

完全に格好が寝バック状態のジェイミーなぎちゃんです。

(ぐぐ…)
デカパンの中ではしっかりと股間どうしが密着状態か?
外からだと隠れて見えませんけどね。

「あれ これって」
「動かしたらはいっちゃうんじゃない?」

ふたりはもちろんノーパン状態。
ジェイミーのナニがなぎちゃんのあそこを押し付けちゃっているのか。

もし、成年誌エロ漫画作品だったら、倒れた瞬間に挿入ちゃった展開でしたね。笑

p07:
「な…なに言ってんの」「いいから立って」
「もう勃ってるって」
「そういう意味じゃ…」

どの段階から勃っていたんだろう?

というか、やっぱりこれ、二人三脚じゃなくて、二人五脚が正しいじゃないか!笑

「へへ…」
「ん?」(ちく)

なぎちゃんとの密着状況に笑みが止まらないジェイミーですが、ここでまさかのアクシデントが発生。

「うわああああ」
「え?」「えっ?」「なにっ?」

腕にクラゲが絡まっていることに気づき大声をあげるジェイミーです。
突然のジェイミーの悲鳴に戸惑うなぎちゃん

クラゲは波で砂浜まで打ち上げられていたのか?
クラゲに刺されたジェイミーの治療&続行不可能判断により試合は終了。

ジェイミーさあ……。
お前はなんのために、オープンエロキャラとして送り込まれてるんだよ!
魔王まおプロデューサーに一番期待されてるんじゃなかったのかよ!
もうちょっと、気合入れろやーー!!

そして、クラゲー!!
空気読めや!!!

まあ、しょうがない。
ここはメインヒロイン級にエロピン回避能力を発動しているなぎちゃんを褒めておくとしましょう。笑

葉山なぎ えろめも

ノーパン 尻晒し エロハプ 転倒 密着♡(寝バック)


桃谷うらら

第二試合はさくら北河組 vs うららトッピー組。しかし、後半部分のエロ担当はうららちゃんですね。今回、ヒロインさくらちゃんの見せ場はお預けか。


p11:
「うらら こう見えてもバレー部だったんだ」
「スイッチ入っちゃうぞ!」

どちらかと言うと、のほほんキャラで通していたうららちゃん
しかしバレー部魂が沸き起こり勝利に向けてやる気まんまん状態。

ただのエロ担当だと思ったけど、実は隠れ体育会系だったのか。笑

p12:
「ほっ」
「あっ」

うららちゃんがボールに飛びついたのと同時に、おっぱいがトッピーの顔にダイレクトアタックです!

試合開始早々、速攻でラキスケ状況のトッピーくんだ。笑

(ぽよん)
(や… やわらか…)

水着越しとはいえ、うららおっぱいの弾力を顔いっぱいで味わうことに。

p13:
「へ…」
「あ」

落としたメガネを探すトッピーくんをよそに、試合は継続されていました。
自分の陣地に返ってきたボールに再度飛びつくうららちゃんです。

勢いよくジャンプしたうららちゃん
下半身がデカパンから抜けでて丸出しに!

うららちゃんのおま◯こを直近で拝むことになったトッピーくんです。

メガネが無いのでボヤけていたとはいえ、この近距離ではバッチリと目に焼き付いたことでしょう。笑

「!!」(ドシーン)
しかもせまってきたうららちゃんのお股は、トッピーくんに顔面衝突。

p14:
( …… ) ( こ ) ( これが ) ( あの… )

トッピーくんに連続でラキスケ発動ですね。
この時間はエロギャグ漫画の主人公レベルな神がかり状態だ。笑

( あ…あたかくて )
( やわらかくて… )
( ほのかに ) ( 刺激的な香り… )

陰描写になってるけど、うららちゃんの割れ目にトッピーくんの鼻が突っ込んでいてもおかしくない構図です。笑

p15:
「やーん 大丈夫?」
「…ありがとうございました」
「えー?」

自分の下敷きになってしまったトッピーくんを心配するうららちゃん
しかし、トッピーくんから返ってきたのは、感謝の言葉。

その後も勝負に拘るうららちゃんデカパン二人三脚状態をガン無視の激しい動きを連発。
そのたびに、うららちゃんのお股が見えたり、ぶつかったりと、ラキスケ出まくりなトッピーくんだったようす。

おそらくこっちも、二人五脚状態だったと思うぞ。笑

NTRれ枠被害担当で落ち込んでいたトッピーくんですが、今回でその不幸分は救済されたようなもんですね。
最初のアレを引きずらなければ、このイベントは楽しい思い出で終わらせそうだ。笑

桃谷うらら えろめも

乳ぱふ(布越し) / まん晒し 転倒 ラキスケ 顔面騎乗位 クンニ♡

ぷち補足

ケガシキャラ評
ジェイミー: 葉山なぎとチームになりビーチバレー開始。わざとデカパンを広げる動きでなぎのお尻を直近観賞。一緒に倒れ込んでなぎに寝バック状態で乗っかり、勃起股間押し付け密着達成。
ケガシ代償―倒れ込んだところに転がっていたクラゲに刺され、試合続行不可能に。


DMMブックス:

グラぱらっ! – DMMブックス –

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

その他作品
りびどるEX