『異世界でも風俗嬢やってみた』62話感想 ラスボスへエッチなサービス開始のゆづきちゃん

『異世界でも風俗嬢やってみた』(漫画:森尾正博) 62話 エロ場面特化感想&妄想記事です。

62話

せっきゃく ゆづき やくとく マギュラ

今回の抽出エロは、ヒロインゆづきちゃん出張接客シーンです。

マギュラの巨神像のなかにはお風呂まで備え付けられていました。となれば、“ラスボス”相手にもゆづきちゃんがすることはひとつ。

さっそく、出張版”夜あそび猫の泉”を開店させ、マギュラにサービス開始。

ゆづきちゃんの手にあっさりと渡ってしまった聖剣ゴルカディオンを、隙きあらばもう一度奪い返そうとするマギュラ
ですが、いきなりローションプレイを経験してしまってはもう抵抗はできませんね。

いつものように池袋仕込みの技でお互いのカラダをこすり合わせてくるゆづきちゃん

マギュラが聖剣を手に入れたかった理由は、みんなの幸せを願って理想の世界にしたかったこと。
それをゆづきちゃんに気づいてもらえて、マギュラも心を開くことに。

正常位の格好でマギュラにマンズリされるゆづきちゃん

ローションまみれのマギュラ竿でおま◯こを擦られて、かなり快感が走っているみたいです。

ゆづきちゃんが濁音付きの「あ゛」の喘ぎ声を出すのは珍しい!

調子が出てきたマギュラが今度は背後からゆづきちゃんをマンズリ。

このコマでは、ゆづきちゃんが文字通りオホ声を出しちゃってます。

エッチな性格のヒロインとはいえ、普段は「あっ」ですが、今回は「おほっ」有り。それだけでビッチ度増して良い感じです。笑

“ラスボス”ポジションが与えられたマギュラだけあって、持っているイチモツが与えてくる快感も”ラスボス”級だったのか?

過去の接客で出したことのないような喘ぎをゆづきちゃんが発してますね。
濁り声になるほど気持ちいいのでしょう。

しかも、ゆづきちゃんが珍しく自分が先にイクことを宣言。

普段ならお客である相手の男性がイクのに合わせて自分もタイミングをあわせるというパターンです。この場合だと逆にマギュラに合わせてもらった感じか?

濁り音ありの喘ぎ声を出して、絶頂しちゃうゆづきちゃん

あのゆづきちゃんがノドの奥からヒキガエルのような低い声を出してイッてると思うと、それだけで興奮できますね。

このとき、マギュラもしっかりとゆづきちゃんの両腕を後ろから抱えてホールドしてます。できるかぎり絶頂の刺激が逃げないように、無意識にそれをしていたのなら、さすが“ラスボス”といったところです。笑

ゆづき えろめも

乳揉み / 接客 脱衣 全裸 乳晒し まん晒し 洗体 騎乗位 ローションプレイ 対面座位 キス マンズリ♡(正常位 後背位 背面騎乗位) 喘ぎ♡ 絶頂♡ 汚喘ぎ♡

ぷち補足

ゆづきちゃんの喘ぎ声がいつも以上に激しい回でした。“ラスボス”へも満足させたので、ゴルンの預言書の項目はコンプリートか。



DMMブックス:

異世界でも風俗嬢やってみたシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

異世界でも風俗嬢やってみた 8巻 (トレイルコミックス)
大司教から聖剣を取り戻そうと奮闘するゆづきたち。しかし、封印の力がゆづきに&...