『寄性獣医・鈴音』98話 感想 登場時脇役だった忠直がヒロイン鈴音と治療セックスしまくりに。相性もバッチリ。

『寄性獣医・鈴音』(漫画:春輝) 13巻収録98話 エロ場面特化感想&妄想です。
レギュラーキャラの忠直役得回。

98話 不貞

ケガサレ 有薗鈴音 ケガシ 忠直

疼きが止められずに忠直とヤッてしまった鈴音ママの玲奈さん。それを見た夫の有薗教授が激怒状態でしたが、結局は久しぶりの再開を祝って愛情確認のハグです。

その妻の今の膣内は忠直の精液まみれだけど、それでいいのか、有薗教授?(笑)


それは別として忠直のチ◯コは、鈴音ちゃんのおま◯こにしっかりと挿入されている状態ですね。

鈴音ちゃんが言うには、あくまで治療ということですが……。

しかし忠直のチ◯コとの相性はものすごく良いようでした。

治療という名目で、現在おそらく3桁に達するだろうチ◯コを下のお口で咥えた経験を持ってしまった鈴音ちゃん

ものすごい数の経験ですが、そのなかでも抜群の相性だったということか。

もちろん忠直もノリノリです。すでにインサート状態なので、とことん楽しむつもり。

鈴音ちゃんの体は正直に反応してしまってますね。しっかりと忠直のチ◯コを締め付けて忠直に最初の射精を促すことに。

鈴音ちゃんの膣内に忠直の精液が撒き散らされます。

母に続いて娘にも中出し達成。


夫に許してもらって自分の問題は解決したので、気軽な玲奈さん。娘に忠直とのセックス治療を続けるように促します。

真祖の匂いで高哉を呼び寄せる試み。

今度はマングリ返しの正常位にされて突かれる鈴音ちゃんです。

治療とはいえ、忠直の外見は普通の人間状態にまで戻っているので、見た目は普通に忠直とセックスしているだけですね。

相性はかなり良いらしいです。“蟲のせい”だと言い張る鈴音ちゃんですが、そうも言い切れないことが本人にもわかっているようす。

鈴音ちゃんも何度目かの絶頂。

さらに二人のセックスは続きます。後背位になってバックから鈴音ちゃんを突きまくる忠直

高哉から忠直に乗り換えちゃえばとまで言い出す玲奈さん。そもそも、鈴音高哉の婚約は親が勝手に決めたことですからね。

最初から勝手なこと言ってますよ。(笑)

忠直の何度目かになる射精。言動からすでにアナルセックスで尻穴にも出しているようです。

そんなお楽しみ中の鈴音ちゃんですが、頭のなかに何者かの声が響いて驚きました。

声の主は巴絵に寄生したカンテツ

鈴音 えろめも

結合♡(騎乗位 後背位) まん汁 乳晒し 膣内射精♡ ふぇら♡ / マングリ返し 結合♡(正常位) くぱぁ♡ 絶頂♡ 結合♡(尻穴) 肛内射精 絶頂♡ 乳揉み

ぷち補足

ヒロピン状況: 自ら率先の治療セックスにより、ヒロピンには当たらず。

忠直は母に続いてメインヒロインである娘ともセックス達成。真の役得キャラは忠直だったか。

本心では鈴音が好きな高哉でしたが、鈴音との最初のチャンスを拒否したばかりに、子分の忠直のほうが鈴音のおま◯こを堪能してしまったという悲しさよ。


Amazon Kindle:

寄性獣医・鈴音 13 (バンブーコミックス DOKI SELECT)
覚醒したチカラで、許嫁ごとゼンブ、食べてあげる・・・・・・。 “木偶”に侵食...