『魔法少女にあこがれて』37話感想 ぬるぬる温泉で絡み合うマゼンタとサルファ

『魔法少女にあこがれて』(漫画:小野中彰大) エロ場面特化感想&妄想記事です。

37話

p04:
(パァン)
アズールにビンタを懇願されて容赦なく叩きつけるサルファ
横で見ていたマゼンタはびっくり顔ですが、叩かれたアズール本人は頬を染めて満足顔。

仲間の愛をしっかりと感じたらしい。
ヨダレを垂らしまくっているので、方向性は怪しいけど。

でも、敵の攻撃の痛みも快感を感じていたような……。笑

アズール(小夜) えろめも

ビンタ ヨダレ


愛を更に深く理解するために、一人で修行すると飛び去ってしまったアズールです。
残されたサルファマゼンとふたりっきりで気まずい状態に。

35話暴走マゼンダに凌辱を受けたことを引きずってしまっているようですね。

勝ち気な性格キャラが弱気になるのを見るのは良いものです。
マゼンダ本人は記憶にないので、サルファの気持ちは知るよしもないのですがね。


p14 ~:
二人の特訓を隠れて監視していたパンタノペスカ(シオちゃんず)がこっそりといたずら。
能力で地面をいじった結果、温泉が沸いてしまいます。

お湯溜まりが広い露天風呂となり、一緒に入ることになったサルファマゼンタ
変身は解いているので、薫子(サルファ)はるか(マゼン)状態ですね。

魔法少女トレスマジアでは、キュートキャラ担当のはるかちゃん
しかし今回は濡れ髪でもあって、いつも以上に色っぽさがあります。

おそらく意識している薫子ちゃん視点の、エフェクト増しの影響なんでしょうがね。笑

31話の銭湯入浴時は髪を結っていた二人です。
はるかちゃん薫子ちゃんに後ろから抱きついていてじゃれている微笑ましい場面があったのですが、今回それをやられたら薫子ちゃんはパニクってしまったことでしょう。

p20 ~:
いや、パニクってはいないが、捗っていたのが一人いました!
温泉をつくった原因のパンタノペスカです。

我慢できなかったようで、いつのまにやら姿を現して露天風呂に入ってきていました。
しかもはるかちゃん薫子ちゃんをオカズにオナニーしながら。

p22:
気づいて慌てる二人に対し、お湯を軽くゆらして攻撃。
はるかちゃん薫子ちゃんを無理やり69の姿勢に。

「はるかっ… アカンっ…ゆ…び…そこ…はあっ…」
起き上がろうとしていたはるかちゃんの右手の先が、薫子ちゃんのお股に当たってしまってますね。

温泉成分はアルカリ性だったのでしょう。
ヌルヌルでとても滑りやすい状態です。

擬音チェックをすると、はるかちゃんの指で薫子ちゃんのお股がクチュっとされちゃいましたね。

p23:
「まむ…っ むぐんむ むぅっ」
うまく起き上がれないはるかちゃんのお股が薫子ちゃんの口元にかぶさります。

「薫子ちゃん だめっ…だめだよぉっ!!」
ぬちゅとクンニ状態になり、びくんびくんっと刺激を受けてしまうはるかちゃん

パンタノペスカは二人の痴態をスマホに撮りまくり。
その間も、しっかりと左手はお股に当ててオナニー中です。

そして満足したのか帰ることに。
飛び去りながらも二人への連射撮影は止めないパンタノペスカでした。

薫子 えろめも

入浴 全裸 乳晒し まん晒し / 69 指マン 痙攣♡ よだれ 撮られ

はるか えろめも

入浴 全裸 乳晒し まん晒し / クンニ♡ 痙攣♡ よだれ 撮られ

パンタノペスカ えろめも

入浴 全裸 乳晒し まん晒し 自慰♡(乳揉み 手淫)

ぷち補足

裸になると薫子ちゃんの貧乳振りが目立ちますね。まあ、それがいい。
そして、はるかちゃんのほうは今までよりも大きめに描かれているような。
お風呂回になると全裸なので、股間は湯気ガードが発動するのは仕方がない。パンツ履いて責められているときのほうが、まんすじ描写発動されてある意味エロ増しという皮肉。笑


DMMブックス:

魔法少女にあこがれてシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle: