『マルセイ!!』3話 感想 旅館捜査で浴衣剥ぎ取られピンチの心ちゃん

『マルセイ!!』(漫画:鯨川リョウ)3話 エロ場面特化感想&妄想です。

3話 温泉に棲む悪魔

ケガサレ 但木心 ケガシ セクハラ団体客

彩玉県警性犯罪特殊対策チーム 捜査3.5課、通称マルセイに配属された心ちゃんですが、気が乗らず異動願い。捜査の内容的にエロいめに遭ってしまう可能性大のためです。

仕方がないと思ったマルセイ課長が、最後にセクハラ行為が発生している旅館へ単独捜査を命令。

――ふぅ… いいお湯…

冒頭、旅館の露天風呂でとりあえずくつろぐ心ちゃんです。

お湯から上がって岩場に腰掛け涼んでいる状況なので、但木流格闘術の使い手の締まったカラダを晒しています。

心 えろめも

入浴 全裸 乳晒し まん晒し

風呂を出たところで中居さんたちに声を掛けられました。「鎮宝の間」の団体客のセクハラがひどすぎて、早くなんとかしてほしいとのこと。

―――っ!!!?

いきなり入室すると後ろから着物をずり下げられてしまいました。仲居さんの格好をしているので、心ちゃんは浴衣ではなく着物。

紫のブラジャーが丸見え。縁のギャザーがついてオシャレ仕様です。(ノーブラじゃないんだ……)

な…っ、なな…ッ!!

いきなりのセクハラ攻撃に戸惑い、声を失って驚く心ちゃん。下着姿を男たちに晒すことになってしまい、カーっと顔を赤くして恥ずかしがります。

男たちは次に入ってくる中居さんの下着の色当てゲームをやっていたようでした。課長が見事に当てたらしいです。正解者は「乳首ちゅっちゅ権」獲得。(笑)

団体客は5人の男たち。役職で呼び合っているのでどこかの会社の一行のようす。

つぎはパンツ当てクイズを続行です!

キャアアアアァァア!!?

両手両足を捕まえられて動けなくされる心ちゃんそのまま裾を持たれて、するするとめくりあげられていきます。

やぁぁぁぁっ!!!!

そして、おもいっきり膝を曲げさせられて心ちゃんの股間部分がご開帳。ブラとおそろいの紫パンティーでした。

わざわざ顔を心ちゃんのお股まで近づけて臭いを嗅ぐと直前まで温泉に入っていたことがわかり、男たちが大興奮。

ここの旅館の温泉成分は何なのでしょうねえ?もし、硫黄系なら今の心ちゃんからは硫黄(硫化水素)くさい匂いが漂っていることになりますね。

!!

心ちゃんがそのまま四つん這い状態にされちゃいました。皆がお尻に視線を集中させて鑑賞。風呂上がりなだけに、いろいろと濡れ濡れですよ。

はッ はアッ ひぐッ う゛ッ あ゛ッ ぇあッ

調子に乗った男たちがセクハラ行為をさらに強化です。足の指を舐めたり甘噛みしたり、ふとももやらを舐めまくり。

男たちの舌攻撃でアヘ顔晒しちゃう心ちゃんです。相当感じてしまっているのか、変な声も出まくりのヒロイン。ビクビクとカラダが痙攣しちゃってます。

さらにエスカレートして心ちゃんのパンティーを脱がしにかかろうとする男たち。

ワカメ酒やあわびの踊り食いを所望のようす。

や…ちょっ!ほ…本気で怒りますよ!!?

平社員Aが心ちゃんのパンティーに手をかけて、スススと下げはじめました。

しかし、いきなり蹴りが顔面にヒットして後方にぶっ飛びます。さすがにキレた心ちゃんが怒りの反撃。

セクハラ団体客のなかの課長が喧龍寺道場の使い手でした。その術を持って心ちゃんに立ち向かいます。

しかし但木流格闘術の心ちゃんの相手にならず。強いヒロイン!相手の攻撃は心ちゃんの鍛えられた腹筋に通じず。皆を現行犯逮捕で事件解決です。

涙を流して感謝してきた中居さんたちを見て、マルセイを続けてみようと決めた心ちゃんでした。

心 えろめも

服剥ぎ 押え付け 拘束 舐め回し アヘ顔 よだれ (乳晒し まん晒し)

ぷち補足

心ちゃんのワカメ酒は見たかった。(笑)
別名義(ぐじら)でエロ漫画も描いている作者だけあって、アヘ顔は気合をいれてヒロインを辱めてくれますね。

但木流格闘術を取得しているので、物理攻撃には強いヒロインです。

DMM 電子書籍:

マルセイ!!シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍

Amazon Kindle: