『trash.』53話 感想 薬付けでヤられまくり精神的敗北のマインちゃん

『trash.』(原作:山本賢治 漫画:D.P) 7巻収録53話 エロ場面特化感想&妄想記事です。
遠藤に捕まってしまったマイン。52話にて下剤でキレイにされた後に、さらなる拷問。

53話 追想⑤

ケガサレ マイン ケガシ 遠藤

「・・・・・・」
大量の薬物を打たれて、意識も定かでないマインちゃん
普通の人間ならすぐに正気を失って錯乱するレベルの薬だと遠藤が説明。

「ん゛あ゛っ!! うああぁあぁ」
遠藤が手枷をされてベッドに寝かされているマインちゃんを犯しまくってます。

正常位で突きまくると、薬のせいで刺激が倍増されているようす。

「くあっ! うはっ あはっ」
快感のヨガりというよりは、叫びといったほうがよい声が出まくってますね。

「はぁ゛あ゛っ」
遠藤がマインちゃんのお尻を両手で持ち上げて、さらに深く突いてきます。
背中を反らして過剰な快感に耐えようとするマインちゃん

がっつりとマインちゃんの尻をつかんでピストンをしまくる遠藤遠藤に対してマインちゃんが小柄な体格なのがわかりますね。

白い陰になっているのが遠藤のナニなのでしょう。立派なモノをお持ちです。

それをマインちゃんが出し入れされちゃっています。

手枷で固定されたマインちゃんを犯しまくる描写からは詳しくわかりませんが、当然膣だけでなく尻穴も攻められたのでしょう。

入念に下剤でマインちゃんの腸内を洗浄していた遠藤ですからね。

最初にマインちゃんの膣内も洗浄していたので、自分のチ◯コが汚れることだけは異常に嫌っているのかもしれません。

ただし、洗浄したいと思っていたところから出てきたのを、飲むのはOKなんだ?(笑)

「・・・ (ガク ガク ガクン)」
目が死んでいるようですが、まだ生気に満ちているのを観察する遠藤。涙や鼻汁、ヨダレを流して、ガクガクと絶頂しまくっているマインちゃんですが、遠藤の評価は高そうです。

「あ… あう…」
マイン自身のことを話してほしいと優しく言葉をかけてくる遠藤

ここでマインちゃんは意識朦朧としながらも、自分の生い立ちを語り始めることに。


「・・・・・・」
その後、さらに遠藤の攻めは続いていたのでしょう。目を見開いて身体を細かく震えさせながら、痙攣することしかできないマインちゃんの姿がありました。

ヒロイン完全敗北の姿ですね。

遠藤に強烈な媚薬を投与された状態で、ヤられまくり、イかされまくり。アヘ顔を晒して横たわっているマインちゃんです。

良い表情だ。

敵に殺意があったら、ヒロインが確実に殺されている状況ですね。まあ、実際にヒロイン敗北であることは間違いないのですが。


遠藤と似たような戦闘服を着せられるマインちゃん。快感による洗脳に堕ちてしまった結果ですね。

ヘ、ヘンタイかな?こんな二人組が目の前に現れたら、いろんな意味で怖いよね。全力で逃げるしかない!(笑)

マイン えろめも

薬物注入 全裸 拘束 乳晒し まん晒し 性交♡ 正常位(網代本手 机がけ) アへ顔 絶頂♡ 失神♡ 洗脳

ぷち補足

マインるしあ同様に過去が悲惨すぎるからなあ。

そんな過去を持つ強いヒロインは物理的痛みには耐えるパターンが良く見られますが、逆に快感を与えられる方向から攻められると弱いのかも。


DMMブックス:

trash.シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle: