『trash.』第67回 感想・エロ考察 美能子辱め回

『trash.』(原作:山本賢治 漫画:D.P) 9巻67話 エロ場面特化感想&妄想記事です。
第57回のときに述べたとおり、この漫画における一押しエリョナなれキャラは、JK組長の許斐美能子(このみみのこ)であります。

メインヒロインの二人組、るしあマインに劣らず強気な性格のキャラ。

まあ、JKで組長やっているぐらいですからねえ。だからと言って性にだらしがないわけではない。逆にうぶ。好きな男性と素直に付き合えない奥手な性格。強気な性格とのギャップがたまらないですわ。

第67回 Smile Song① 

ケガサレ 美能子 ケガシ 村上組長

そんな美能子ちゃん。事実上、配下に下ってしまっている村上組組長に呼ばれます。

用事があるから呼ばれるのですが、単に話を聞くだけというわけにはいかない立場がつらい。一応解決したものの受けた依頼が半端だったり、仕方がなかったとはいえ、村上組の組員を殺(バラ)してしまったもんだから、何事もなく収まりそうにありません。

村上美能子へケジメを要求します。

当然、エロ行為だああ!

以前の初対面で、ケジメを付けるのにすでに美能子は村上にヤれちゃってるわけですが、そのときの詳しい描写はありませんでした。その後のキャラたちのセリフから、どうやら美能子が自分のカラダでケリをつけたということぐらい。

今回の要求から、実際に美能子は自分の初めてを前回のときに村上に差し出してしまったことが確定です。


最初の要求はフェラ

村上がナニをしゃぶって勃たせろと言ってきました。まあ、フェラですわ。下半身が不随で車椅子頼りの村上ですが、アソコは普通に機能します。

一瞬、戸惑った美能子ですが、開いている村上の股の間に膝立ちして、ナニを咥えました。カプ・・

チュパチュパと、音を立てて奉仕を続ける美能子

「フェラうまくなったねえ」と、満足そうな村上の表情が変態チックです。(笑)

顔を赤くしながらも、内面穏やかではない美能子ちゃん
( クセェチンポをさっさとおっ勃てやがれ )と、心の声。

懸命にフェラしている美能子の左おっぱいに、村上の手が伸びました。

「んっ!! …………んんっ」
乳首を中心に愛撫してきたのですが、美能子ちゃんは胸も感じやすいんですよねえ。平気なふりをしていても動揺を隠せないところが可愛い。

負けずに村上のナニをさらに強くシゴく美能子
「勃った勃った」と、大喜びな村上はそのままフィニッシュ。

「んっ! んぶっ」
美能子の口のなかへ、ドプドプッと勢いよく精液が注ぎ込まれます。

会話から何回もフェラさせているようですね。
そして村上なら美能子の口に放った精液は全部きちんと飲み込むように要求するのでしょうねえ。

一区切りが付いたので帰ろうとする美能子でしたが、ナニがまだ勃ったままの村上は素直に見送るわけがありませんでした。

美能子 えろめも

ふぇら♡ 口内射精♡ 精飲♡ 乳首いじり


ついに美能子のセックスシーン

第二ラウンド開始であります!

村上の次の要求は、当然、美能子との合体
しかも全裸にソックスでセックスを要求。(笑)

村上の情婦(いろ)になるつもりはなく、これっきりにしてほしいと要求する美能子。ですが、どちらにしろ、この場では従うしかないようです。

ついに美能子ちゃんのヤラれシーンが拝めるわけです。

成人漫画なら即見られる当然の場面。一般漫画なら最終的に連載終了まで存在しないのもあたり前のシーン。メインヒロイン級で、これが拝める作品は本当に貴重。


後ろ向きになって村上のナニにアソコをあてがい、腰を沈めて自ら挿入しました。

「んく…ふぅ…ふ あっ… ああっ… んふぅ…」
ち◯こが膣壁を擦る快感に抗えず、いやらしい声が出てしまってますね。

さっきまでイヤイヤしゃぶっていた臭いチンポが、自分の股にズッポリと突き刺さっちゃいました。

美能子ちゃんが背面座位で汚らわしいジジイとしっかり結合。

屈辱的な行為をさせられる美能子ですが、心とは裏腹にJKの若い肉体の中は感じまくりです。顔をしかめて口が半開きのJK。

奥深くまで入ったのを確認した村上が車椅子右ヒジかけにあるスイッチを押しました。電動車椅子が上下に激しく振動するコントローラのようですね。

「くああっ!!」
いきなり激しく動き出した椅子の刺激によがり叫ぶ美能子。上下の振動で村上のナニが美能子の蜜壺をズボズボと激しく突きまくります。

「いや、ダメ… それ…止め…」
普段、強気な娘が弱気なセリフを吐くのは、たまりませんね。(笑)

強烈な刺激に耐えられない美能子は、村上のほうを振り向いてただ懇願するのみです。SEX覚えたての娘ですからね。まだ経験人数は一人。まあ、いま繋がっているジジイなんですけどね。

「嘘をつけ 気持ちいいクセに」
しかし村上は容赦なしに手元のコントローラでさらにスピードアップ!

「うああっ あっあっ くふぅう」
(こんなヤツにイカされたくない)

耐えようとする美能子ですが、カラダの受ける快感には逆らえません。

「ダメェこれ以上はげしくしちゃ…」
美能子の訴えなど無視の村上

耐えることなど不可能で、声を荒げるのみです。村上美能子の腕をしっかり持って、抜けないように押さえつけていますからねえ。
椅子の振動は村上のチンコを通して、ダイレクトに美能子ちゃんの膣穴に伝わるわけです。

ついに限界まできてしまい、激しく絶頂しちゃいました。
潮も吹いてます。

「…あ…」
涙目になりながらも、余韻に浸る美能子ちゃん

ハァハァと息を切らしてカラダを震わせながらも、アヘ顔気味の表情を晒してシーン終了。同時に村上の放った精液も膣内に受けとめてしまったのでしょう。

背面座位で突きまくられる美能子ちゃん。村上が手首を押え付けているので、上に体を逃がすことができませんね。

振動による刺激は全て、美能子ちゃんの膣や子宮口を直撃していると思われます。

横から見てもガッツリと挿っているのがわかります。悔しいでも感じちゃう状態の美能子ちゃんは、この後盛大に潮を吹くほどに絶頂させられてしまいました。

美能子 えろめも

性交♡ 背面座位 全裸ソックス 膣内射精♡ 潮吹き♡ 絶頂♡ アヘ顔

ぷち補足

好きな男とはいまだにキスさえしていないのに、ゲスなヤツに生ハメでイカされるJK組長です。
汚され具合がたまらないですわ。

美能子:村上会長とセックス。膣内射精されてしまう。


DMMブックス:

trash.シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

trash. 9 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
少女ケテを連れ去った殺し屋集団。奪還をはかる美能子ご一行。血しぶきの先に救&...