『夜縛◆夜明曲』18話 由愛VS会長の女神闘争決着

『夜縛◆夜明曲』(漫画:RAN) 4巻収録18話 ヒロインリョナ場面特化感想&妄想です。
あと、プロレス技はあまり詳しくないので、違っていたらごめんなさい。😅

18話

ケガサレ 由愛 ケガシ 可憐会長

いろいろな視点があると思いますが、やはりヒロイン由愛ちゃんがバトルにおいて痛めつけられてしまう姿を、素直な気持ちで鑑賞するのが良さそう。笑


劇中で最強キャラのポジションらしい“会長”生徒会公認『女神闘争』ミューズ・バウトを行うことになった由愛ちゃん

第一女神第四女神の対決になりますが、やはり実力差は歴然。応戦一方の由愛ちゃんがときどき反撃をするのですが、長くは続きません。

パイルドライバーで脳天から床に叩きつけられてしまった由愛ちゃん

改めて見ると、このコたちの着ている素材は超激薄ですよね。まるでボディペイントかと思えるレベルで、肌に生地がぴったりと張り付いています。

会長のパイルドライバーが決まって、マングリ返しの格好になっている由愛ちゃん超激薄素材で、股間のカタチもくっきり。

しかし、布一枚あるので全裸じゃないから問題無しだ!笑

会長の攻撃は止まりませんでした。すぐさま由愛ちゃんに逆エビ固めをして苦痛を与えます。

ソンビ化しているのでチカラは強くなっているはずの由愛ちゃんですから、会長の強さも相当なものですね。

こんどは向きを変えて、由愛ちゃんの首を締めにかかります。

会長のおっぱいが片方だけ晒されているのは、17話由愛ちゃん反撃時にコスチュームが外れたから。

ただし、おっぱいが出ても動じない会長でした。

首を締められて、くたっとなってしまう由愛ちゃん

だらしなく口が開いてヨダレが垂れちゃってます。髪を掴まれても、朦朧とした表情のまま。

前髪を後ろ方向に引っ張られるのはすごく痛いのですが、その痛みにも反応できないぐらいです。

ここで会長由愛ちゃんにトドメを刺しに来ました。

会長の必殺技「女神失墜」ミューズ・エンドを繰り出します。

相手をロメロ・スペシャルの状態でおっぴろげ状態にし、尿意を高めて失禁をいざなう辱め技と行ったところか?

相手は関節をキめられるとともに、観客の前で盛大にお漏らしを披露してしまう恥辱技でもあります。女神と呼ばれて皆に慕われていた対戦相手の地位を精神的にも地の底へ落とす会長のフィニッシュ技。

締め付けが下腹部に集中していくのを感じる由愛ちゃん。具体的には膀胱の位置なのでしょうが、なぜそこに収束するのかは不明。

会長の技術的何かでしょう。笑

しかし、チョロったところで耐え抜きました。決まったと確信していたらしい会長も驚いています。

ヒロイン補正がはたらいたか!?

ゾンビ衝動も起こったようですね。技を外した由愛ちゃん会長のおっぱいにかぶりつく荒々しい攻撃を開始。

由愛 えろめも

パイルドライバー マングリ返し 逆エビ固め エルボー ベアハッグ / 乳晒し ロメロ・スペシャル 尿漏れ

ぷち補足

このまま由愛ちゃんの暴走を続けるわけにはいかないと判断した晴臣が縄拘束で試合を中断。結果的に由愛ちゃん側が試合放棄なので、会長の勝利となりますね。

この個人戦は由愛ちゃんの敗北ですが、新たにチーム戦を提案してきた校長先生。完全な決着はチーム戦に持ち越されることに。

まあ、今回由愛ちゃんが敗北したことは変わりないので、その間に敗者として罰は受けるのですが。


DMMブックス:

夜縛◆夜明曲シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

夜縛◆夜明曲 4 (MFコミックス アライブシリーズ)
対校派の女子たちの退学を撤回させるため、七罪の頂点である生徒会長に女神闘争&...